お風呂でできるリンパマッサージのやり方|もらえるモール

お風呂でできるリンパマッサージのやり方

by 楽天ビューティマガジン編集部

リンパマッサージとは、老廃物の排出に関わるリンパをマッサージによって刺激することで、不要なもののデトックスを図るもの。お風呂で行うとさらに良いとされています。お風呂でのリンパマッサージについてチェックしましょう。

お風呂でリンパマッサージをやるメリット

お風呂の時間帯は一日の中でも体温が上がりやすい時間帯です。シャワーだけでなく、湯船につかることによって発汗作用が得られ、新陳代謝も高まります。このように、からだの状態がデトックスにぴったりな状態でリンパマッサージを行うと、より効果を得やすくなります。

お風呂用具がマッサージ用具に大変身

お風呂で活躍するものと言えば、石けんやブラシ、そしてシャワーなど。こういったお風呂用品は、マッサージにうまく使うことができます。

例えば、石けんであればマッサージオイルの代わりとして潤滑剤として使用できますし、ブラシやシャワーは皮膚に適度な刺激を与えてくれます。お風呂であれば、わざわざリンパマッサージ用の道具を準備する必要がないのです。

習慣化しやすい

多くの人が、お風呂は毎日の習慣として根付いているでしょう。毎日入るお風呂なので、そのお風呂の中でリンパマッサージを行うと、習慣化しやすいです。なかなか続けることができないという方は、大きなメリットになりますね。

お風呂でできるリンパマッサージのやり方

お風呂でリンパマッサージをする際の注意点

顔はむくみがあらわれやすい部分。1回5分でしっかりむくみの原因を取り除いてあげましょう。

1:4本の指を使って、おでこの中心から耳の横、あごから頬にかけてさすります。各5回ずつさすりましょう。目がむくみやすい方は目頭からこめかみに向けて5回優しくさすりましょう。
2:次に、耳の下から首にかけて4本の指で縦にさすります。これも左右5回を目安に行いましょう。
3:最後にデコルテ部分。鎖骨のくぼんだ部分を、外側から内側にかけて、4本の指で5回優しくこすりましょう。

太もものリンパマッサージの方法

太ももはセルライトの付きやすい部分、リンパマッサージを行って、セルライトの原因を取り除きましょう。

1:太ももの内側と外側をそれぞれ左右各10回、下から上に向けて両方の手のひら全体でさすりあげていきます。
2:ぞうきんを絞るように、太ももの内側を刺激します。下から上にかけて左右各10回行いましょう。
3:最後に手のひらをパーの状態から少し手のひらをくぼませた形にして、太もも全体を軽くたたいていきます。左右各10回行いましょう。

お風呂でリンパマッサージをする際の注意点

せっかくマッサージを行っても水分が不足していては、老廃物もうまく流れてくれません。特にお風呂は汗をかいて水分不足に陥りがちなので、リンパマッサージの前後にはコップ1杯の水を飲んでしっかり水分の補給をしましょう。

リンパマッサージは毎日行うことが大切。特にめんどくさがりの方や3日坊主の方は、お風呂の時間にリンパマッサージを取り入れて毎日の習慣にしてしまいましょう。

マッサージができるサロンを探す

オススメ記事をもっと見る

PR

  • MIZUNO
  • ANA
  • Toshiba
  • マツモトキヨシ
  • イオンバイク
  • ビックカメラ
ページトップ