カードローン

【2022年5月最新】学生におすすめのカードローン7社をランキング!メリットや特徴・カードローンの仕組みを解説

学生におすすめのカードローン7社をランキング!メリットや特徴・カードローンの仕組みを解説

高校卒業して進学すると親元を離れてアルバイトしながらも勉強に私生活とリア充するには、やはりお金が必要になってきます。

一人暮らしをしていると、生活費に消えていってしまうアルバイトの給料ですが、旅行やイベントなど今しかできないことをしておきたいのも学生の特権です!

遊ぶだけではなく学費も自分で工面している方も多く、生活費が足りなくなることもあり、なかなか周りに頼ることができない方もいますが、そんな時に助けとなるのがカードローンです。

20歳以上の学生でも申込みができるカードローンがあります

カードローンやクレジットカードは、社会人しか申込みできないイメージがありますが、実は20歳以上の学生でも申込みができるカードローンがあります。

カードローンには、消費者金融系と銀行系カードローン、学生ローンがあり、それぞれ特徴があります。

時間に余裕がある方であれば、銀行系カードローンで時間をかけてでも申込みしたいところですが、今すぐにでも必要な方や年収が少ない方であれば、アコムやアイフルなどの消費者金融系であればスピーディーに借り入れることができます。

消費者金融であれば、無利息期間などのサービスもある消費者金融もあるので、各社カードローンの特徴をしっかり理解したうえで申込みしましょう!

学生のカードローン利用はアルバイトで大丈夫

学生のカードローン利用はアルバイトで大丈夫

カードローンには、CMでよく見かける消費者金融系、銀行系、信販・クレジット系など大きく3つにわかれますが、学生であれば学校の近くなどでよく見かけるのが学生ローンです。

学生ローンは、学生のためにローンとなるためアルバイトの収入が少なくてもローンを組めるというメリットはあります!

学生ローンは、もちろん学生向けのローンとなるため社会人にでると新規で申込みできなかったり、のちのち利便性が悪くなったりすることなどのデメリットもあります。

社会人になってもカードローンを利用する予定があるかもしれないと思う方であれば、利便性でいえば、やはり大手の消費者金融系になります。

ただ、消費者金融に対して悪いイメージを持っている方であれば、安心感と低金利でいえば銀行系カードローンとなります。

カードローン会社によってメリット・デメリットがあるので、自分のあったカードローンを見つけることが大切です。

そもそも、学生なのにカードローンに申込みができるのか不安と感じる方も多いですが、学生ローン、消費者金融カードローン、銀行系カードローンどれであっても、アルバイトをして安定した収入があれば申込むことが可能です。

何歳から申込み可能?

カードローンは20歳から申込できます。

カードローンの申込みできるのは基本的に成人以上(20歳以上)となっており、未成年の方は残念ながら申込みすることは難しいと言えます。

各カードローンには申込みできる年齢が記載されており、ほとんどのカードローンで成年以上となっています。

もし車購入などを検討していてお金を借りたい場合は、マイカーローンなどであれば18歳以上の方から申込みできるローンはあります。

もちろん、マイカーローンなので使用用途は車購入のためだけとなります。

カードローンは使用用途が自由なので、旅行や買い物、学費、生活費などの様々なことに利用することができます。

2022年4月からは18歳以上からもカードローンの申込み可能に

2022年4月からは18歳以上からもカードローンの申込み可能に

2022年4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

今までは、未成年によるカードローンやクレジットカードは親の承諾が必須となっていましたが、成年年齢が18歳に引き下げられると同時に18歳以上からは親の承諾なしで契約が可能となります。

ただし、18歳、19歳の若年者が大きな債務を負わないようにすることも重要視されており、18歳、19歳への貸付けの際は、収入がわかる書類の提出することが必要になってくるかもしれません。

なお、カードローン会社ごとに申込みできる年齢が設定されるため、2022年4月以降もカードローン会社によって対応は異なります。

学生ローンの特徴

学生ローンの特徴は?

学生ローンの特徴

  • アルバイトの収入が少ない人でも申込み可能
  • 少額の融資から受けることが可能

学生がローンを考える時に、まっさきに思いつくのが学生ローンです。

学生のためのローンだけあって、そこまでアルバイトの収入がなくてもローンを組める可能性が高いことが多いです。

ただし、収入=返済能力と判断されるため、借入可能額は少額で設定さることが多いです。

もちろん、学生ローン以外でも収入が少なければ借入可能額は少なくなるうえに、収入が少ないと審査通過も厳しくなるため、アルバイトをそこまで入ってない方などであれば学生ローンはおすすめです。

ただし、学生ローンは学生のためのローンとなるため新規で申込みできるのは学生のみとなります。

このページで分かる事

学生でも申込みができるカードローンの中から、融資スピード・金利・返済方法の利便性を考慮して、学生におすすめのカードローンをランキングしています。
※ランキングは弊社独自で調査しています。

学生におすすめのカードローン7社のメリットや特徴を比較!

学生におすすめのカードローンの基本スペックや特徴をまとめて比較できます。気になる項目を比較して好みのカードローンを見つけてくださいね!

■学生におすすめのカードローン
※表は横にスライドできます。
プロミスSMBCモビットイー・キャンパスアイフルアコムレイクALSA楽天銀行スーパーローン
社名プロミスSMBCモビットイー・キャンパスアイフルアコムレイクALSA楽天銀行
スーパーローン
無利息期間最大30日間--最大30日間30日間最大180日間-
年利4.5~17.8%3.0~18.0%14.5~16.5%3.0~18.0%3.0~18.0%4.5~18.0%1.9~14.5%
限度額500万円800万円50万円800万円800万円500万円800万円
審査期間最短30分最短30分最短30分最短30分最短30分最短15秒最短当日
WEB完結
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

初めての方は30日間無利息1位 プロミス

プロミス
引用:プロミス公式サイト(https://cyber.promise.co.jp/)

プロミスの特徴

  • 最大30日間金利なし!
  • 2021年オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン第1位
  • 最短15秒事前審査、最短1時間融資!
  • 来店不要でWEB完結
  • 郵送物なしも可能
  • 土日祝日も24時間振込OK

プロミスは2年連続、オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローンで第1位を獲得しています!

オリコンの顧客満足度は実際に利用したユーザー対象に行われている調査で忖度なしの公平な立場で調査をしているため、顧客満足度が高いということは安心して借りれるという証でもあり、不安要素が多いカードローンにはありがたい指標となります。

初めての方は30日間利息0円

プロミスを初めて利用する方であれば、初回の利用日の翌日から最大30日間は無利息で借りることができます!

他のカードローン会社でも、契約日の翌日から無利息30日のところもありますが、プロミスは初回利用日の翌日からとなっています。

念のため契約をしたものの、利用することなく30日間を過ぎてしまった場合、いきなり利息がかかってきますが、プロミスの場合は初回利用日となっているため、契約後すぐに利用することがなくても大丈夫です!

30日間無利息にするには、契約する際にメールアドレスを登録の上、書面の受取方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するだけとなっています。

カードローンの場合、家に郵送物を受取りたくない方も多いため、Web明細での確認は願ったり叶ったりのサービスです!

プロミスはカードレスを選ぶことができ、実際に借入れする際もWebで行うため、郵送物は一切ないので実家暮らしや寮生活の学生にピッタリです。

最短15秒で借入可能か分かる

プロミス公式サイト

借入ができるか15秒で分かる

また、インターネットであれば24時間365日受付しているうえに、最短15秒審査の事前審査結果を受取ることができます。

ただし、最短15秒回答は申込み時間が9時~21時までに申込みし、融資借入額が50万円までとなっています。

もちろん、審査次第では最短15秒以上かかる場合もありますが、たった15秒で事前審査結果が届くのは嬉しい限りです。

なお、最短15秒の事前審査結果後、本審査の申込みが必要となります!

プロミスの基本情報

プロミスは来店不要でWEB完結!郵送物無しも可能

15秒で借入ができるか分かる!土日祝日も24時間振込OK。

最短15秒で借入可能か分かる

プロミス公式サイト

実質年率4.5%~17.8%(新規契約が対象)
融資限度額500万円
簡易審査簡易審査15秒
最短審査最短30分
WEB完結
提携ATM台数公式サイト記載なし(銀行・コンビニで融資・返済可能)

10秒で簡易審査の結果が分かる2位 SMBCモビット

SMBCモビット
引用:モビット公式サイト(https://pc.mobit.ne.jp/web)

SMBCモビットの特徴

  • SMBCグループ
  • 2年連続HDI 格付け調査最高ランクの三つ星
  • Tポイントが貯まってポイントで返済可能!

SMBCモビットは、なんといってもSMBCグループとなるので三井住友銀行と同じグループ会社となるため、安心して借りることができます。

しかもご本人確認などの電話なし・郵送物なしのWEBだけで完結することが可能です!(WEB完結申込を利用した場合)
※審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります。(お電話の際は、オペレーターの個人名にてご連絡いたします。)

郵送物なしなので家族にばれることなくこっそり借りることもできちゃいます。

WEB完結申込を利用するには三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っておく必要があります!

あとは、社会保険証もしくは組合保険証があればWEB完結申込を利用することができます。

アルバイトの場合だと社会保険に加入してない場合もありますが、社会保険証の代わりに直近1ヶ月の給料明細、身分証明書(入門証、通行証含む)、在籍証明書などを提出することができます。

審査次第では在籍確認される場合もありますが、会社名ではなく個人名で電話がかかってくるのでアルバイト先にばれる心配もありません。

もし、指定口座以外や国民健康保険であっても10秒で簡易審査してくれますよ!

Tポイントが貯まる・使える

Tポイントサービスを利用することで返済時にTポイントが貯まります。また、返済にTポイントを1ポイント=1円相当として利用することができます。

\10秒で簡易審査結果を表示 /

SMBCモビット公式サイト

SMBCモビットの基本情報

SMBCモビットは本人確認などの電話連絡なし、郵送物なしの「WEB完結申込」が魅力
※審査の際に確認が必要な場合は、お電話させていただくことがあります。(お電話の際は、オペレーターの個人名にてご連絡いたします。)

10秒で簡易審査結果表示!Tポイントが貯まる・使えるカードローンです。

\10秒で簡易審査結果を表示 /

SMBCモビット公式サイト

実質年率3.0~18.0%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査10秒
最短審査最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
WEB完結
提携ATM台数全国約130,000台(2021年3月現在)

老舗の学生ローン会社3位 イー・キャンパス

イー・キャンパス
画像:イー・キャンパス

イー・キャンパスの特徴

  • 学生のためのローン会社だから安心
  • 電話・Webで申込みOK
  • 少ない金額から融資可能
  • 卒業後も融資を受けれる!

イー・キャンパスは学生ローン会社で学生が多くいる高田馬場からスタートした老舗のローン会社です。

学生専用のローン会社となるため、学生のことをよく理解しているということになります。

通常、学生ローンは卒業後は学生ローンでの融資を受けることができないなんですが、イー・キャンパスは学生の時に利用していれば卒業後も融資を受けることができます。

新たに、ローン会社を探したり新規で申込む必要がないため、社会人になっても安心して利用することができます。

学生の時は、今日どうしても1万円が必要と少額でもいいから借りたいときもありますが、イー・キャンパスであれば1万円から融資可能で、最短当日融資も可能です。

もちろん、Webから申込み可能で来店不要なので全国どこからでも申込むことができます。

\ 学生ローン専門 /

イー・キャンパス公式サイト

イー・キャンパスの基本情報

学生のためのローン会社だから安心

学生ローンだけど卒業後も融資可能。最短当時融資だから困ったときの強い味方の学生ローンです。

\ 学生ローン専門 /

イー・キャンパス公式サイト

実質年率14.5%~16.5%
融資限度額50万円
簡易審査-
最短審査最短当日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで返済可能)

初めての方は30日間無利息4位 アイフル

アイフル
引用:アイフル公式サイト(https://www.aiful.co.jp/)

アイフルの特徴

  • 最大30日間金利なし!
  • 最短25分融資、簡易診断がたったの1秒!
  • 価格.comカードローンカテゴリ人気ランキング2020年下半期総合第1位
  • 24時間365日即時振込
  • 原則来店不要!スマホで完結

「そこに愛はあるんか?」で一度は耳にしたことがあるCMのアイフルですが、「愛がいちばん。アイフル」をコンセプトに生まれたCMです。

WEB申込みなら最短25分融資

WEBから申し込むことで最短25分で融資を受けることも可能と業界最速とも言えます!

今すぐ、どうしても現金が必要と言うときには、本当にスピーディーにお金を借りることができます。

しかも、はじめてのかたであれば最大30日間無利息となるので、当日融資を受けたとしても契約日の翌日から30日間無利息となるので、学生の方でも30日以内に返済できれば利息なしで返済することができます。

もし、30日以内に返済できなくても、実際に利息がかかってくるのは契約日の翌日の31日目から1日分としてカウントされるため、利息を抑えることができます。

カードローンを申込むときに、少しでも不安を解消するためにアイフルでは1秒診断が用意されており、年齢、雇用形態、年収、他社借入金額を入力すると1秒で融資可能かどうかを診断してくれます。

例えば、20歳以上、従業員(派遣・パート・アルバイト・嘱託)、年収50万円、他社借入可能0円で診断すると「ご融資可能と思われます。」表示されます。

もちろん、1秒診断でOKだったからと言って確実に審査に通るわけではありませんが、学生の方でもアルバイトなどで収入があれば審査に通る可能性があるということです!

\ 融資可能か1秒診断 /

アイフル公式サイト

誰にも知られずWEB完結
引用:アイフル公式サイト(https://www.aiful.co.jp/)

WEBからの申込みであれば24時間365日いつでも申込み可能で、カード受取方法を「カードレス」にし、口座振替登録をすると実家暮らしや寮に郵送物が届きません。

しかも、アイフルの公式サイトには「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡を行っておりません。」と記載があるため在籍確認は滅多なことがない限り行われません。

もちろん、審査の過程で確認が必要と判断された場合は電話があるかもしれません。

アイフルの基本情報

アイフルは原則来店不要!スマホで誰にも知られずWEB完結、郵送物一切なし!

1秒で簡易審査結果表示!最短25分融資30日間利息0円です。

\ 融資可能か1秒診断 /

アイフル公式サイト

実質年率3.0~18.0%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査1秒
最短審査最短30分
WEB完結
提携ATM台数全国70,000台

カードローンが初めての人におすすめ5位 アコム

アコム
引用:アコム公式サイト(https://www.acom.co.jp/)

アコムの特徴

  • 最大30日間金利なし!
  • 3秒で簡単診断
  • はじめての方におすすめ

「はじめてのアコム♪」とCMしてるぐらい、はじめてカードローンを作る方にピッタリです。

はじめてなら金利0円

アコムは、はじめての方だけ契約日の翌日から30日金利がかかりません!

例えば、9/1に契約し翌日に10万円の借入れをした場合、10/1までに全額返済できれば金利ゼロで借りた10万円分だけを返済すればOKということになります。

なお、返済する際にかかるアコムのATMを利用すれば手数料0円で返済することが可能ですが、提携ATMの場合は手数料が必要となります。

もし、30日間を過ぎた場合は、最大30日終了日の翌日から返済日までの日数分の金利が必要になりますが、30日間分の金利が免除されるため、やはり魅力的です。

ただし、最大30日間金利なしは、はじめてアコムを利用する方のみとなるので1度きりとなります。

アコムには、自動契約機(むじんくん)があり9時~21時まで開いているので、急に現金が必要になった場合でも自動契約機(むじんくん)で申込むことが可能できるうえに、嬉しいことに土日祝日も開いています!

もちろん、ネットであれば24時間受付しているので、手元に本人確認書類を用意しておき、アップロードすることで申込むことができます。

最短30分で審査結果がでるうえに、契約完了後、即日借り入れることもできちゃいます。

\ 借入可能か3秒診断 /

アコム公式サイト

借り入れ可能か3秒診断

もし、審査に不安を感じる方は、3秒診断が用意されており年齢、年収(総支給額)、他社へのカードローン借入状況を入力するだけで、すぐに回答してくれます。

例えば、20歳、年収50万円、他社への借入れを0と入力した場合の診断結果は、「お借入れできる可能性が高いです。」を表示されます。

実際、申込みしてみないと審査はわかりませんが、他社への借入れがない方であれば審査に通る可能性は高いと言えますよ!

契約完了後、アコムからカードが郵送されますが、受取りをアコムの店舗、自動契約機(むじんくん)で受取にすれば自宅に郵送されてこないので家族にばれることなく契約できますよ!

アコムの基本情報

アコムは、はじめてなら30日間金利無し!

3秒で簡易審査結果表示!最高800万円まで借入可能

\ 借入可能か3秒診断 /

アコム公式サイト

実質年率3.0~18.0%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査3秒
最短審査最短30分
WEB完結
提携ATM台数全国約50,000台(2021年3月現在)

はじめてならWeb申込みでなんと60日間利息0円6位 レイクALSA

レイクALSA
引用:レイクALSA公式サイト(https://lakealsa.com/)

レイクALSAの特徴

  • はじめてなら60日間無利息か、5万円まで180日間の無利息を選べる!
  • 驚異の早さ!最短15秒審査!
  • 最短60分融資
  • 申込み手続きはスマホで完了!自宅への郵送物もなし
  • 振込みもカードレスでWeb完結
申込み後、最短15秒で審査結果を表示

レイクALSAの審査の早さはピカイチで最短15秒審査となっており、最短で60分融資も可能となっています。

最短60分融資は申込みをWEBで行い日曜以外は21時、日曜は18時までに契約手続きが完了している場合ですが、それでも最短15秒審査で契約後、最短60分で融資してもらえるのであれば、本当に困ったときには助けとなります。

\ 最短15秒で審査結果を表示 /

レイクALSA公式サイト

はじめてなら利息0円!しかも選べる

さらに、レイクALSAは無利息期間を選ぶことができます。

はじめての方でWEBから申込みした方限定で最大60日間無利息、もしくははじめての方で借入額のうち5万円まで最大180日間無利息の2つから選ぶことができます!

どちらも契約額は1~200万円までとなりますが、借入額が少ないけど返済が遅くなる方であれば、最大180日間を選らんだ方が利息を抑えることができますが、もし金額は多いけど、すぐに返済することができるのであれば最大60日間無利息を選ぶ方が賢明です。

特に学生の場合は、アルバイト収入に対して融資を受けれる融資限度額が設定されるため、そもそも大きな金額の融資を得ることができないことがほとんどです。

レイクALSAの公式サイトには、どちらの無利息が特になるか記載されているので、参考にして決めると分かりやすいですよ!

レイクALSAの無利息期間は、初回契約日の翌日からとなるので、すぐに融資を受けない場合は、無利息期間も短くなってしまいますが他のカードローンの場合は、30日間となるのでレイクALSAは無利息期間は長いので安心することができます。

無利息を選んだ場合の実質年率に注意が必要

レイクALSAの実質年率は4.5%~18.0%となりますが、無利息期間経過後の実質年率は、どちらを選んでも12.0%~18.0%となります。

そのため、無利息期間中にお金を借りた場合は、可能な限り返済することで利息を抑えることができますよ!

レイクALSAの基本情報

レイクALSAは、はじめてなら無利息期間が60日間!本人確認などの電話確認無し、郵送物なしの「WEB完結申込」も魅力

Web申込み後に15秒で審査結果表示!24時間365日受付け!

\ 最短15秒で審査結果を表示 /

レイクALSA公式サイト

実質年率4.5%~18.0%
融資限度額500万円
簡易審査あり
最短審査最短15秒
WEB完結
提携ATM台数公式サイト記載なし(銀行・コンビニで融資・返済可能)

入会で1,000ポイントが貰える!7位 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
引用:楽天銀行カードローン公式サイト(https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/lp/)

楽天スーパーローンの特徴

  • アルバイトの方も申込みOK
  • スマホで申込み完結
  • ネット銀行ならでは金利 年1.9%~14.5%
  • 入会で楽天ポイントが1,000ポイント進呈
  • 楽天銀行口座なら、24時間365日即時で振込可能
  • 口座がなくてもOK(契約後の開設も不要)
  • 楽天会員ランクによって審査優遇あり※1

楽天銀行はネット銀行口座数No.1(2021年6月楽天銀行調べ)とネットに強い銀行です。

スマホを使ってWEBからの申込みで、申込書類への記入が必要なく完結します!

楽天銀行スーパーローンの特徴

楽天銀行の口座を持ってなくても楽天スーパーローンに申込むことができ、申込み後に口座の開設も不要です。

銀行のカードローンの場合は、申込み時に口座がなくてもOKなところがほとんどですが、申込み後に口座の開設が必要なところも多くある中、口座がなくても利用できるのは便利です。

口座開設が必要なカードローンの場合は、毎月一定金額が自動で引落しとなるため、返済計画を立てやすくなりますが、楽天銀行スーパーローンは指定した銀行口座からの自動引き落としすることができます!

もちろん、楽天銀行を持っている方であれば、楽天銀行口座を指定すると楽天銀行から自動引き落としとなるうえに、借入をする際に24時間365日即時(メンテナンス時間以外)に楽天銀行へ振込してくれるため、夜中でも急遽現金が必要になった時でも借入することができます。

楽天市場を利用している方であれば、楽天会員ランクを知っている方も多いですが、楽天銀行も楽天グループとなるため、楽天会員ランクに応じて審査を優遇があります。

パート・アルバイトの方も申込みできる

楽天スーパーローンは毎月の安定した収入があれば、アルバイトの方も申込みできるので学生の方も安心して申込むことができます。

金利はネット銀行ならでは低金利で年1.9%~14.5%で、限度額は使い道自由で最高800万円までになっています。

楽天銀行スーパーローンの基本情報

楽天銀行スーパーローンはスマホで申込み完結!

アルバイトの方も申込みできる!入会で楽天ポイントが1,000ポイントプレゼントされるカードローンです。

実質年率1.9%~14.5%
融資限度額800万円
簡易審査-
最短審査最短当日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

※1:楽天会員全員が必ず審査優遇を受けれるとは限りません。

一番のおすすめは消費者金融系のカードローン

一番のおすすめは消費者金融系のカードローン

学生ローン、銀行系カードローン、消費者金融カードローンがある中、学生に実際に利用し安いと言えば、やはり消費者金融系のカードローンです。

多くの消費者金融はスピーディーに審査・融資してくれるため、急いでるときやどうしても明日にでも現金が必要な時など、もしもの時に非常に助かるカードローンです。

銀行系は最短翌営業日ところ、消費者金融の場合は申込み時間帯にもよりますが最短30分審査も可能で、契約完了すれば即日融資可能なところがほとんどです。

また、無利息期間などあるため、はじめてのカードローンであれば利用しやすいところでもあります。

ただし、銀行系に比べると実質年率がやや高めに設定されているところがほとんどです。

いますぐ必要であれば無利息期間のある消費者金融がおすすめです。

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンの特徴

消費者金融カードローンの特徴

  • 無利息サービスがある消費者金融がある
  • 審査が早い!
  • WEB完結するから親にばれない!

消費者金融と聞くと、闇金、サラ金と悪いイメージを持っている方も多いですが、今は銀行系のグループ傘下となっている消費者金融も多く、法整備も進んだお陰で悪徳業者は減ってきています。

といえ、悪徳業者がなくなったわけではないので、間違えて怪しい業者で借りてしまうと大変なことになってしまいます。

特に社会に出てない学生であれば、なおさら甘い誘惑でつい借りてしまうということもあるため、名の知れてない業者で借りることはやめましょう。

特にCMなどをしている大手の消費者金融であればスマホから申し込むことができる上に、家に郵送物がくることもないので親元で暮らしている学生の方でも親にばれることなく借りることができます。

もちろん、学生の方でもアルバイトをしていて安定した収入があれば、消費者金融カードローンに申込むことが可能です。

消費者金融の魅力でもあるスピード審査や無利息サービスなどもあるため、はじめてのカードローンであれば消費者金融がおすすめです。

消費者金融であれば融資・返済もしやすくコンビニATMなどから融資・返済することもできるので、利便性では消費者金融系が業界トップと言えます。

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンの特徴

  • 低金利で借りれる
  • 安心感がある
  • ネット銀行カードローンがある

銀行系カードローンは、なんと言っても低金利ということです。

銀行のカードローンだと敷居が高いから学生は申込みできないイメージがありますが、学生の方でもアルバイトして安定した収入があれば申込む可能です。

ただし、すべての銀行系カードローンが申込みできるわけではなく、銀行によっては安定した収入があっても学生がNGの銀行もあるため、公式サイトをよくチェックしてから申込みしてください。

学生でも申込みができる銀行系カードローンは学生ローンや消費者金融とは違い、審査が厳しいと言われているうえに最短審査でも翌営業日となるため、今すぐ現金が必要という方には向いていません。

それでも、長期的に見ると低金利であることには間違いありませんので、審査が通るのであれば銀行系カードローンはやはり申込みする価値はあります。

銀行を行っているカードローンであれば、どこか安心感があるうえにキャッシュカードがカードローンのカードとなっている銀行もあるため、周りからばれることも少なく自分の口座からお金を引き出していると思われることが多いです。

周りの人にばれる心配は?

WEBで完結して、郵送物もないから心配いりません

はじめてのカードローンは、何もかもが分からないことばかりで勝手にイメージしてしまい一歩前に進めない方も多いかと思います。

カードローンを利用することで周りから変な目で見られるじゃないかと不安になってしまいますが、ほとんどの消費者金融では申込みするときに、来店不要のWEB完結できるため周りに申込みしたことがばれることはありません。

消費者金融カードローンで学生が申込みできるのはアルバイトなどの安定した収入がある方となっています。

そのため、消費者金融カードローンを申しむ際には、勤務先をとしてアルバイトの情報を入力することになりますが、消費者金融次第ではアルバイト先に在籍確認が行われる可能性があります。

ただ、消費者金融会社名で電話がかかってくることはなく、個人名で電話がかかってくるので、アルバイト先にばれることはありません。

申込み後、利用明細書などが郵送されることもないので実家暮らしの方でも安心して申込みすることができます。

ただし、カードローンを申込んだあとに届くカードは郵送される消費者金融もあるので、受取り方法に無人契約機などで受け取れる消費者金融を選ぶようにしましょう!

実際の申込み方法

実際の申込み方法

消費者金融カードローンではスマホから申込みすることが可能で来店不要で、スマホもしくはパソコンから申込みできWEB完結します!

行く必要がないため、時間や手間がないため申込みやすくなっていますが、やはりはじめてのカードローンの場合は、人に聞きながら申込みしたいと思う方は、各消費者金融には無人契約機・無人店舗などがあります。

もちろん、誰とも話すことなく無人契約機・無人店舗で申込むことができますが、聞きながら申込みを進めることも可能で電話が設置されているのでオペレーターと話しながら申込むことができます。

無人契約機・無人店舗で申込む際は、必要書類を手元に用意していく必要があるため、本人確認書類や収入証明書などを用意しておきましょう!

スマホ・パソコンから申し込む際にも、スマホのカメラ機能を利用して本人確認書類などをアップロードが必要となります。

また、審査や申込み内容次第では収入証明書が必要で、ほかにも希望借入金額が50万円以上、他の消費者金融と借入総額が合わせて100万円以上となると収入証明書が必要となります。

必要な身分証明書・書類

必要な身分証明書・書類

カードローンを申込む際は来店不要のWEB完結もしくは無人契約機・無人店舗で申込みが可能です。

そのため、本人確認書類をスマホやパソコンなどでアップロードする必要があるため、必要な物を手元に用意しておきましょう!

本人確認書類として認められているのは以下となります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバー(個人番号)カード(通知カードは不可)
  • 在留カード/特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード

本人確認書類と実際の住んでいる住所が違う場合は、さらに公共料金の領収書、住民票の写し、国税・地方税の領収書、社会保険料の領収書などをあわせて用意する必要があります。

希望借入金額と他社のカードローン利用残高が合計で100万円以上になる場合は、収入証明書

なお、ほとんどのカードローン会社で希望借入金額が50万円以上で申込みをすると、収入証明書などが必要となってきます。

また、希望借入金額と他社のカードローン利用残高が合計で100万円以上になる場合は、収入証明書などが必要となってきます。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書など

収入証明書は最新のものが必要となってくるため、50万円以上で借入する予定のある方は、公式サイトで必要な書類を事前に確認しておくことをおすすめします。

収入証明が必要ない場合は、年収は自己申告で大丈夫です。

担保・保証人は必要?

カードローンもローンの一種なので、もしかして担保や保証人が必要なのでは?と思う方もいらっしゃいますが、消費者金融系であれば担保・保証人なしで申込み可能です!

カードローンもローンの一種なので、もしかして担保や保証人が必要なのでは?と思う方もいらっしゃいますが、消費者金融系であれば担保・保証人なしで申込み可能です!

親や友達に保証人のお願いなどをしなくて済むので安心です。

いくら借りることができる?

貸金業法である「総量規制」を絶対に守る必要があり、年収の1/3を超えて貸し付けることできないようになっています。

消費者金融カードローンを申込む時に、希望借入金額を入力することができますが法律で年収の1/3までと定められています。

消費者金融は貸金業者になるため貸金業法である「総量規制」を絶対に守る必要があり、年収の1/3を超えて貸し付けることできないようになっています。

そのため、アルバイト収入が月5万円だとした場合、年収は60万円となり消費者金融が貸付けできるのは1/3となる20万円までとなります。

もちろん、複数社で借り入れていた場合は、他の借入金額を合わせた年収の1/3となるため、年収60万円の方がA社で借入限度額が10万円だった場合、B社では10万円までの借入限度額枠しかありません。

はじめてカードローンを申込む方であれば他社の借入はゼロなので年収の上限は1/3までと覚えておけば問題ありません。

ただし、審査の結果、年収の1/3以下の借入限度額が設定されることも、もちろんあります。

学生だからこそ注意すべきところ

学生だからこそ注意すべきところ

20歳以上の学生でアルバイトで安定した収入があればカードローンでお金を借りることができます。

学生の間はお金を用意できれば儲かるなど甘い話や勧誘も多く、つい信じてしまい無理してカードローンを申込んでまでお金を用意してしまう方もいます。

カードローンは借金なので一歩間違えると借金地獄へから抜け出せなくなり、返済のために他のカードローンを申込み返済しても年収の1/3までしか借りることができないので、最終的には審査に落ちてしまい、どうしようもなくなります。

カードローンを申込む時は本当に必要な借金なのか、じっくりと考えてから申し込むようにしましょう!

もちろん、アルバイトで稼いだ給料で、きちんと返済さえできればカードローンはピンチの時に助けてくれる救世主となることに間違いありません!

支払いできなかったらどうなるの?

返済日までに返済ができないと利息とは別に遅延損害金を支払うことになります。

カードローンには返済日が決まっており、返済日までに返済ができないと利息とは別に遅延損害金を支払うことになります。

遅延損害金さえ支払えば問題ないかというとそうではなく、一定期間支払いが滞ると延滞情報が信用情報機関に記載されます。

信用情報機関はローンやクレジットカードなどを申込みすると確認される機関で延滞情報が載っていると、新たにローンを組めなかったりクレジットカードの審査に落ちる可能性が高くなってきます。

クレジットカード会社はクレジットカードの申込みが行われると審査の際に、クレヒス=クレジットカードヒストリー=信用情報の確認が行われ延滞情報がないかなどを見て審査をします。

ブラックリスト

一般的にブラックリストと呼ばれていますが、ローン、カードローン、スマホの機種代、携帯電話料金、クレジットカードの返済などが一定期間滞ったり、破産や債務整理をすると「事故情報、異動情報、延滞場、ネガティブ情報」として個人情報機関に登録されます。

支払予定日より数ヶ月支払いが遅れた場合でも、信用情報には5年間登録されると言われているため、学生の間に支払い延滞や未払いなどをすると後々に影響が出てきます。

信用情報から延滞情報が消えるのは完済してから約5年後となるため、完済したらすぐに消えるわけではないため特に注意が必要です。

支払いが出来ないからと言って、カードローン会社からの電話を無視したりせずに、支払いできない理由を話しをして返済日などの消費者金融に相談をすることをおすすめします。

金融機関への就活する場合は注意が必要

金融機関への就活する場合は注意が必要

学生の方は就活して希望の会社に入社できるように準備万端に整えるかと思いますが、実は信用情報が就活に影響するかもしれません。

信用情報にアクセスできる銀行、クレジットカード会社などの貸金業者に登録している会社となります。

会社側から見た場合、お金にルーズな人と、きちんとしている人であれば、やはりきちんとしている人を採用したいところです。

だからと言って、会社がクレジットカードやローンを申込んでもない人の信用情報を好きなタイミングで見れるかと言われると、見ることはできません。

本人の了承を得ることで信用情報への照合が可能

クレジットカードなどを申込む時に規約を読むようになっていますが、それにはカード会社が信用情報への確認をすることを許可することが明記されています。

つまり、本人の許可なく銀行やカード会社が信用情報を確認することはできませんが、本人の了承を得ることで信用情報への照合が可能となります。

就活の際に信用情報の提出・開示を会社側から求められる場合もあるため、やはり信用情報に傷がない方がいいです!

きちんと返済できる範囲でのカードローンは困ったときには本当に助け舟となってくれますが、返済が遅延することで信用情報に傷がついてしまうと今後を左右する就活に影響しかねないので、無理のない範囲で借りるようにしましょう。

実質年率・金利・利息って何?

実質年率・金利・利息って何?

カードローンを調べていると、いろいろな言葉が出てきます。

その中でも、「実質年率」「金利」「利息」などの言葉ですが、なんとなく分かるけど、実際何がどう違うのか把握しておくとカードローンを選ぶときにも理解しやすくなります。

用語意味
利息お金を貸した側が、借りたお金に追加して受け取ることができるお金
金利お金を借りた側が、借りたお金に追加して支払う金額(利息)の割合
実質年率借りた金額の利息に諸経費を追加して計算した実質上の金利

毎月の返済額には元金に利息と一緒に返済することになりますが、カードローンの利息の計算には実質年率で計算され、手数料などが追加された分として利息を支払うことになります。

そのため、カードローンの公式サイトには金利ではなく実質年率が記載されています。

実質年率の幅があるからわかりづらい!

実質年率の幅があるからわかりづらい!

カードローンの実質年率には最小と最大のパーセンテージが記載されており、幅が広く実際の実質年率はどのぐらいなのかわかりづらい!と思う方もいるかと思います。

例えば、実質年率は3.0%~18.0%となっているカードローン会社があった場合、実際に借りた金額によって実質年率が設定されますが、3.0%~18.0%の間を自由に設定できるわけではありません。

法律の中の一つに利息制限法があり、借入金額ごとに上限金利が定められており、カードローン会社は利息制限法の上限金利以上の設定をすることができません。

ただし、上限を超えなければ各カードローン会社ごとに決めることは可能です。

借入金額上限金利
10万円未満20%
100万円未満18%
100万円以上15%

大きな金額を借りると低い金利となり、小額を借りると金利は高く設定されると覚えておきましょう!

各カードローン会社の公式サイトを見ると、ほとんどの公式サイトで返済シュミレーションで利息をシュミレーションすることができます。

借りたい金額と返済する月や回数、借入年率を設定して実行をすると、毎月の支払いがいくらになるのか利息をいくら払わなければいけないかを可視化できるので、不安な方は一度シュミレーションを実行して、毎月の返済に問題ないかを確認しておくと安心です。

学生のカードローン利用のよくある質問

学生がカードローンを利用する場合は、保証人は必要ですか?

学生の方でも、アルバイトなどで毎月収入があれば、カードローンの利用に保証人は必要ありません。

成人年齢引き下げで18歳でもカードローンを利用できますか?

多くのカードローンでは20歳からというところが多くなっていますが、プロミスは18歳から利用できます。高校生の申込みはできませんが、収入があれば18歳の方もカードローンの申込みができます。

はじめての申込みでいくらまで借りれますか?

カードローン会社によって異なりますが、はじめての場合は収入証明書の必要のない30万円~50万円いないであることが多くなっています。

カードローンの申込みで必要な書類は何ですか?

カードローンの申込みでは、本人確認書類が必要になります。運転免許証やパスポートなど公的な書類になります。一般的に学生証はカードローンの申込み書類としての利用はできません。学生証を併用で提出が必要な場合もあります。

学生カードローンのおすすめまとめ

学生の方でも旅行や生活費、学費にと使用用途を問わないカードローンは、もしもの時に助けてくれます。

特に消費者金融であれば無金利期間が設けてあったりスピード審査があるため、今すぐに現金が必要と言うときにも対応することができます。

ただし、カードローンは借金です。

返済が一定期間遅れたり、返済しなかったりすると、後々大ダメージとなって自分に戻ってきます。

無事、審査に通ったとしても返済できない金額を借りないように心掛け、返済日を守ってうまく活用して学生生活を満喫しましょう!

-カードローン