カードローン

【2022年7月最新】人気の銀行カードローンおすすめ12社をランキング比較!カードローンのメリットや特徴を解説

銀行カードローンおすすめ12社をランキング比較!カードローンのメリットや特徴を解説

低金利といえば銀行カードローンです。

銀行は都市銀行にあたるメガバング、地方銀行、信託銀行、ネット銀行と全国津々浦々、どこにでも必ずあり身近な存在です。

銀行に対しての信頼度や安心感は生活に密接しているからこそ生まれるものです。銀行に対して悪いイメージを持っている方は、ほとんどいないと言えるほどです。

カードローンは言わば借金です。お金を借りることへの不安は誰しもが持っていますが、銀行であればその不安も消し去ってくれるような気がします。

2022年2月末現在で、都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、その他銀行(ネット銀行など)と合計すると122の金融機関が存在します。

銀行の数だけ銀行カードローンがあると思うと、どれを選んだらいいのか悩んでしまうので、おすすめ銀行カードローンの特徴をしっかり把握して申込みしましょう!

銀行の取扱うローンの種類

銀行カードローンは、カードローンの中でも低金利

銀行といえば、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、フリーローンなど様々なローンが用意されています。

住宅ローン、自動車ローン、教育ローンは使用目的以外に利用することができません。

そのため、ただ生活費が困っている、旅行に行くためにお金が必要、趣味の買い物をしたいなどの理由でローンを申込む事ができません。

例えば、自動車ローンであれば車代以外に利用することはできません。

銀行カードローンに似ているのが、フリーローンでカードローンと同じく使用目的が自由となっていますが、借り入れる時に使用目的を聞かれることもあります。

また、フリーローンは一度だけの融資となるため、追加で借り入れたり再度借入することができません。つまり一度きりのローンとなるため、追加やまた借りたいなと思ったら、再度、申込み&審査が必要になります。

それに比べると銀行カードローンであれば、1度審査に通過していれば、誰にも使用用途を聞かれず、自由に何度でも借入できます!

さらに銀行カードローンは、カードローンの中でも低金利です。また、お金を貸してくれているのが銀行と言うことで安心感や信頼感を得ることができますよ。

主婦におすすめのカードローンについての記事もあります。是非、主婦におすすめのカードローン6社を比較!カードローンのメリットや審査基準を解説をお読みください!

もっと詳しく
主婦におすすめのカードローン6社をランキング比較!カードローンのメリットや審査基準を解説
【2022年7月最新】専業主婦におすすめの人気カードローン6社をランキング比較!カードローンのメリットや審査基準を解説

専業主婦におすすめのカードローン6社のメリットや特徴を比較。

続きを見る

このページで分かる事

銀行カードローンの中から、融資スピード・金利・返済方法の利便性を考慮して、おすすめの銀行カードローンをランキングしています。
※ランキングは弊社独自で調査しています。

おすすめ銀行カードローン12社のメリットや特徴を比較!

おすすめ銀行カードローンの基本スペックや特徴をまとめて比較できます。気になる項目を比較して好みのカードローンを見つけてくださいね!

■おすすめの銀行カードローン12社比較
楽天銀行スーパーローン三菱UFJ銀行カードローン バンクイック三井住友銀行カードローンみずほ銀行カードローンイオン銀行カードローン新生銀行スマートカードローン プラス横浜銀行カードローンちばぎんカードローンりそな銀行カードローンオリックス銀行カードローンPayPay銀行セブン銀行カードローン
カードローン名楽天銀行
スーパーローン
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
三井住友銀行カードローンみずほ銀行カードローンイオン銀行
カードローン
新生銀行スマートカードローン プラス横浜銀行カードローンちばぎんカードローンりそなカードローンオリックス銀行カードローンPayPay銀行
カードローン
セブン銀行
カードローン
キャンペーン楽天ポイント
1,000ポイント

プレゼント
金利半額キャンペーン
年0.95%~7.25%
(2022年7月1日まで)
Tポイントを最大2,000ポイントプレゼント--
無利息期間---初回30日間-
年利金利半額キャンペーン
年0.95%~7.25%
(2022年7月1日まで)
通常:1.9%~14.5%
1.8%~14.6%1.5%~14.5%2.0%~14.0%3.8%~13.8%4.5%~14.8%1.5%~14.6%1.4%~14.8%3.5%~13.5%1.7%~17.8%1.59%~18.0%12.5%~15.0%
限度額800万円500万円800万円800万円800万円500万円1,000万円800万円800万円800万円1,000万円300万
(はじめての場合は50万円)
簡易診断-あり簡易審査10秒なし簡易審査5秒あり簡易審査3秒簡易審査10秒簡易審査10秒かんたんお試し診断簡易診断1秒簡易診断5秒
審査期間最短当日最短翌営業日最短翌営業日最短翌営業日以降-最短当日最短翌日最短翌営業日1週間以内数日仮審査最短60分最短2日
WEB完結
公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

入会で1,000ポイント貰える!1位 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン
画像:楽天銀行カードローン(https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/lp/)

楽天スーパーローンの特徴

  • 60歳以下の専業主婦申込み可能
  • 口座がなくてもOK(契約後の開設も不要)
  • 楽天会員ランクによって審査優遇あり※1
  • 入会で楽天ポイントが1,000ポイント貰える

楽天銀行はネット銀行口座数No.1(2021年6月楽天銀行調べ)とネットに強い銀行です。

スマホを使ってWEBからの申込み可能だから、申込書類への記入もないので簡単に申込むことができますよ!

楽天銀行スーパーローンの特徴

楽天銀行の口座を持ってなくても楽天スーパーローンに申込むことができ、申込み後に口座の開設も不要です。

銀行のカードローンの場合は、申込み時に口座がなくてもOKなところがほとんどですが、申込み後に口座の開設が必要なところも多くある中、口座がなくても利用できるのは便利です。

口座開設が必要なカードローンの場合は、毎月一定金額が自動で引落しとなるため、返済計画を立てやすくなります。

もちろん、楽天銀行スーパーローンも自動引き落とし可能で、楽天銀行の口座がない方は指定した銀行口座を設定することができます。

夜中に急に現金が、どうしても必要になった場合、楽天銀行スーパーローンであれば借入を24時間365日即時(メンテナンス時間以外)に楽天銀行へ振込してくれるため、楽天銀行口座を持っている方は設定しておくことをおすすめします。

楽天市場を利用している方であれば、楽天会員ランクを知っている方も多いですが、楽天銀行も楽天グループとなるため、楽天会員ランクに応じて審査を優遇があります。※1

もちろん、楽天会員ランクが上位であっても確実に審査に通るわけではありません。

楽天銀行スーパーローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

楽天銀行スーパーローンの通常年利は、利用限度額に応じて楽天銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■楽天銀行スーパーローンの借入利率(年利)2021年12月28日現在
利用限度額借入利率(年利)キャンペーン適用期間中の金利
借入利率(年利)
800万円1.9%~4.5%0.95%~2.25%
600万円以上800万円未満2.0%~7.8%1.0%~3.9%
500万円以上600万円未満3.5%~7.8%1.75%~3.9%
350万円以上500万円未満3.9%~8.9%1.95%~4.45%
300万円以上350万円未満3.9%~12.5%1.95%~6.25%
200万円以上300万円未満5.9%~14.5%2.95%~7.25%
100万円以上200万円未満8.6%~14.5%4.3%~7.25%
10万円以上100万円未満14.5%7.25%

楽天銀行スーパーローンの返済日と返済方法

楽天銀行スーパーローンは、申込み時に指定した銀行口座から毎月自動引き落とし返済してきます。

また、引落し口座は楽天銀行以外の口座も設定可能です。

銀行カードローンは返済日が決まっている銀行が多い中、楽天銀行カードローンは4つから選ぶことができます。

楽天銀行スーパーローン返済日

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日※1

127日は楽天銀行口座を返済口座として登録した場合のみ選択可能

楽天銀行スーパーローンは、毎月指定口座からの引落しにより返済していきますが、余裕がある時は以下の方法で随時返済することができます。

  • 提携ATMからの返済
  • インターネットからの返済
  • 振込での返済

楽天銀行スーパーローンの基本情報

楽天銀行スーパーローンはスマホで申込み完結!

専業主婦・主夫、パート・アルバイトも申込みできる!入会で楽天ポイントが1,000ポイントプレゼントされるカードローンです。

金利半額キャンペーン中です!
年0.95%~7.25%(2022年7月1日まで)

楽天銀行スーパーローン今だけ金利半額キャンペーン中
画像:楽天銀行カードローン(https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/lp/)
実質年率1.9%~14.5%
金利半額キャンペーン中です!
年0.95%~7.25%(2022年7月1日まで)
融資限度額800万円
簡易審査-
最短審査最短当日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

※1:楽天会員全員が必ず審査優遇を受けれるとは限りません。

低金利 年1.8~14.6% 郵送物無しの契約可能2位 三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック
引用:三菱UFJ銀行カードローン バンクイック公式サイト(https://www.bk.mufg.jp/banquic/lp09/index.html)

バンクイックの特徴

  • 金利 年1.8%~14.6%の低金利
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくてもOK
  • 4つの項目で借入可能かすぐに診断
  • WEBで24時間申込み受付け
  • ATMでいつでも借り入れ・返済可能
  • 返済期日・返済額が選べる!
  • 郵送物無しの契約可能
  • 最短翌営業日
  • 毎回の最小返済額1,000円から可能

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、三菱UFJ銀行の口座がなくても申込むことができ、WEBからであれば24時間365日好きな時に申込むことができます。

バンクイックは働き盛りの30代・40代を中心に幅広い年代で利用されており、男性7割、女性3割の男女比で利用されている(2018年1月31日現在)と公式サイトに記載されており、男性の方が多く利用されていることが分かります。

借り入れ可能可能かを4つの項目を入力するだけですぐに診断することもできます。

バンクイックは消費者金融系のカードローンに比べると低金利で安心感があります。借り入れや返済は三菱UFJ銀行のATMや、全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットのATMが利用でき手数料は完全無料です。

返済の期日や、毎月の返済金額を選ぶことができ、返済額は1,000円から設定することができます。

\ 借入可能かすぐに分かる診断 /

バンクイック公式サイト

WEBからなら24時間受付

三菱UFJ銀行の口座があれば、入力項目が少なく、バンクイックのカードが届く前から融資を受けることが可能になるので、もし口座を作る場合は三菱UFJ銀行の口座をアプリで簡単に口座開設も可能です。

実際のバンクイックカード受取には郵送もしくはテレビ窓口のどちらかでの受取が必要となります。

自宅や会社に郵送物が届くのが困る場合は、テレビ窓口であれば郵送物なしで受け取ることが可能です。

テレビ窓口とは三菱UFJ銀行のATMコーナーに設置されており、個室ブース型で周りに声が聞こえたりすることもありません。

テレビ窓口はカードローンのカード受取専用窓口ではなく、口座開設や住所や電話番号変更などの各種手続きも行えるため、周りの目を気にすることなく利用することが可能です。

テレビ窓口は平日・土曜・祝日でも18時までやっているので受け取る際は、運転免許証を持っていくことでカードを郵送ではなく受け取ることができます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの年利は、利用限度額に応じて三菱UFJ銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの借入利率(年利)2022年3月17日調べ
利用限度額借入利率(年利)
400万円超500万円以下1.8%~6.1%
300万円超400万円以下6.1%~7.6%
200万円超300万円以下7.6%~10.6%
100万円超200万円以下10.6%~13.6%
10万円以上100万円以下13.6%~14.6%

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの返済日と返済方法

銀行カードローンは返済日が銀行ごとに決まっていることが多い中、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの返済日は2種類ありどちらかを選ぶことができます。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは返済日と返済方法を選ぶことができます。

  • 35日ごとの返済
    初回返済日は借入日の翌日から35日以内
    2回目以降は直近の返済翌日から35日以内
  • 毎月指定日返済:希望の返済日を指定

「毎月指定日返済」は1日~31日から希望の返済日を選ぶことができるので給料日後などに指定することができます。

もし、転職等で給料日が変更になった場合は返済日を変更することができます。

なお、自動引き落としは三菱UFJ銀行口座のみ、振込みも三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)のみとなるため、三菱UFJ銀行口座を持ってない場合は提携ATMからの返済のみとなります。

  • 三菱UFJ銀行口座から引落し(35日ごとの返済は選べない)
  • 三菱UFJ銀行ATM・提携ATMからの返済
  • 三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)からの返済

バンクイックの基本情報

バンクイックは上限金利14.6%の低金利。WEBから24時間受付。毎月1,000円からの返済可能です。

4つの項目を入力するだけで借入可能かを診断!メガバンクの三菱UFJ銀行が提供するカードローンだから安心です。

\ 借入可能かすぐに分かる診断 /

バンクイック公式サイト

実質年率1.8%~14.6%
融資限度額500万円
簡易審査あり
最短審査最短翌営業日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(三菱UFJ銀行・全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットのATM)

上限金利14.5% 毎月2,000円から返済可能3位 三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン
引用:三井住友銀行 カードローン公式サイト(https://www7.smbc.co.jp/indexD.html)

三井住友銀行カードローンの特徴

  • 上限金利が14.5%と低い
  • 三井住友銀行ATM・提携コンビニATMで手数料0円で利用可能
  • 毎月の返済額は2,000円から可能
  • 三井住友銀行の口座がなくてもOK
  • 審査回答・融資まで最短翌営業日
  • スマホから24時間、土日も申込みOK
  • プロミスの自動契約機でもカード受取が可能
借り入れ可能か10秒で診断

三井住友銀行カードローンは年齢、年収、他社カードローンお借入金額を入力することで10秒で借入れ可能かどうかの簡易診断をすることができます。

例えば、20代、年収50万、他社カードローンお借入金額を10万円で入力してみたところ、「お申込可能と考えられます」と表示されます。

もちろん、申込可能と表示されても確実に審査に通ることが約束されてはいませんが、申込む前にある程度、目安を付けることができます。

三井住友銀行の口座が無くても申込みできます

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行の普通預金口座を持ってない方でも、もちろん申込むことができます。

普通預金口座を持っていると、入力項目が少なくて済むことと、今持っているキャッシュカードで借入れすることが可能となります。

普通預金口座を持ってない場合、通常であればカードローンのカードが郵送で送られてきますが、自宅や会社へ郵送されたくない場合は、プロミスの自動契約機でカードを受取ることも可能です。

近くにプロミスの自動契約機がなく郵送されたくないという方であれば、三井住友銀行は来店不要でアプリ上で口座開設も可能なので口座開設後にカードローンを申込むのも手です。

申込み自体は24時間365日、いつでもWEBから申し込むことが可能なので、好きな時間に申込むことができます。

嬉しいことに三井住友銀行の住宅ローンを借入中であれば、実質年率が1.5%~8.0%になるところも魅力の一つです!

三井住友銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

三井住友銀行カードローンの年利は利用限度額に応じて三井住友銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■三井住友銀行カードローンの借入利率(年利)2022年3月17日調べ
利用限度額借入利率(年利)
700万円超800万円以下1.5%~4.5%
600万円超700万円以下4.5%~5.0%
500万円超600万円以下5.0%~6.0%
400万円超500万円以下6.0%~7.0%
300万円超400万円以下7.0%~8.0%
200万円超300万円以下8.0%~10.0%
100万円超200万円以下10.0%~12.0%
100万円以下12.0%~14.5%

三井住友銀行カードローンの返済日と返済方法

銀行カードローンは返済日が決まっている銀行が多い中、三井住友銀行カードローンは4つから選ぶことができます。

返済日は申込み時に設定しますが、設定後は返済日の変更は行うことができないので注意して設定するようにしましょう。

三井住友銀行カードローンの返済日

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 月末

返済日までに3つの返済方法から選ぶことができます。

  • 三井住友銀行口座から引落し
  • 三井住友銀行ATM・提携ATMからの返済
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)からの返済

三井住友銀行カードローンの基本情報

三井住友銀行カードローンは、消費者金融系のカードローンに比べ上限金利が低い。

10秒で借入れ可能か診断!スマホから24時間、土日も申込みできる。

実質年率1.5%~14.5%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査10秒
最短審査最短翌営業日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(三井住友銀行ATM・コンビニATM・ゆうちょATMが利用可能)

上限金利14% 申込みは24時間WEB完結!4位 みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
引用:みずほ銀行カードローン公式サイト(https://www.mizuhobank.co.jp/special/loan_card_13.html)

みずほ銀行カードローンの特徴

  • WEBで申込み完結!来店・郵送不要!
  • 24時間365日申込みOK
  • 金利 年2.0%~14.0%の安心金利
  • 申込時にみずほ銀行に口座がなくてもOK
  • 審査は最短翌営業日
  • 口座から自動引き落としだから計画的に返済が可能
  • 返済は月2,000円から設定可能
  • カードローン利用でみずほ銀行ATM時間外手数料が0円

みずほ銀行といえば、3大メガバンクの一角ともいえるみずほフィナンシャルグループの都市銀行となります。

申込みは24時間受付でWEBで完結します。来店や郵送不要です。

上限金利も14.0%と低く設定されています。

みずほ銀行カードローンの利息シミュレーション
引用:みずほ銀行カードローン公式サイト( https://www.mizuhobank.co.jp/special/loan_card_13.html )

3大メガバンクであるみずほ銀行のカードローンは、申込み時にみずほ銀行の口座がなくても申込むことができ、口座がない場合は、カードローン申し込みと同時に口座開設も可能です。

すでにみずほ銀行の口座を持っている場合は、持っているキャッシュカードでカードローンを利用することができるため、カードが増える心配もありません。

口座を持ってない方も申込み時に同時口座開設を選択することで、キャッシュカードでカードローンを利用することが可能ですが、もしキャッシュカードとカードローンを分けたいとなった場合は、同時口座開設をしなければOKです。

ただし、必ずみずほ銀行の口座は必要となるため、別途口座開設の手続きが必要となります。

みずほ銀行カードローンの返済は自動口座引落しとなるので返済を忘れることもなくなりますよ。

また、カードローンの返済も最小返済額は2,000円からと無理なく返済することも可能です。

嬉しいことに、みずほ銀行の住宅ローンを利用している場合は、基準金利より年0.5%引き下げられます!

みずほ銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

みずほ銀行カードローンの年利は利用限度額に応じてみずほ銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■みずほ銀行カードローンの借入利率(年利)2022年2月24日現在
利用限度額借入利率(年利)
800万円2.0%
600万円以上800万円未満4.5%
500万円以上600万円未満5.0%
400万円以上500万円未満6.0%
300万円以上400万円未満7.0%
200万円以上300万円未満9.0%
100万円以上200万円未満12.0%
10万円以上100万円未満14.0%

みずほ銀行カードローンの返済日と返済方法

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行口座が必須となり毎月10日にみずほ銀行口座から引落しとなります。

毎月10日に自動引き落としとなりますが、毎月10日以外にも余裕がある時は繰上げ返済をすることができます。

  • みずほ銀行ATM・提携ATMからの返済
  • みずほダイレクト(インターネットバンキング)からの返済

みずほ銀行カードローンの基本情報

みずほ銀行カードローンは来店不要・郵送物なしの「WEB完結申込」が魅力

上限金利が14.0%!月々2,000円からの返済の使い道自由なカードローンです。

実質年率2.0%~14.0%
融資限度額800万円
簡易審査-
最短審査最短翌営業日以降
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のみずほ銀行ATMやコンビニATMで返済可能)

イオン口座がなくても大丈夫!5位 イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
画像:イオン銀行カードローン(https://www.aeonbank.co.jp/loan/)

イオン銀行カードローンの特徴

  • 口座がなくてもOK
  • 最小返済額は1,000円でゆっくり返済可能
  • イオン銀行だから買い物ついでに!
イオン銀行カードローンのここがおすすめ
画像:イオン銀行カードローン(https://www.aeonbank.co.jp/loan/)

イオン銀行は、イオングループの銀行なのでイオンモールなどに併設されている銀行なので買い物ついでに立ち寄りやいため、特に主婦の方は口座を持っている方も多いかと思います。

イオン銀行は買い物ついでに寄りやすいため、銀行で申込みが必要なのかなと感じてしまいますが、もちろんWEB完結となるため、スマホから申し込むことが可能です。

イオン銀行カードローンは、ローンカードが手元に届く前に、初回限りとはなりますがイオン銀行の口座に融資金額を振込んでくれます。
画像:イオン銀行カードローン(https://www.aeonbank.co.jp/loan/)

また、イオン銀行カードローンは、イオン銀行口座を持っていたら、手元にカードローンのカードが届く前に、新規申込み時の1回だけとなりますが、イオン銀行に振込んでくれます!

つまり、急いでる方も融資をすぐに受けることができます。

\ 完全WEB完結!年中無休で審査受付 /

イオン銀行カードローン公式サイト

イオン銀行を持ってない方は、カードローンのカードが届くまで約5日程かかりますが、手元に届いたらイオン銀行ATMや提携ATMから借り入れることができます。

嬉しいことに、ATM手数料は無料で利用できるのは強い味方です。

カードローン用のカードが届くので家族にばれてしまうと思われがちですが、カードは佐川急便の「受取人確認サポート」で送られてきます。

受取人確認サポートは、本人しか受け取りができないもので受取の際に運転免許証などで確認が必要となるため、家族の方に届くことはないので安心です。

イオン銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

イオン銀行カードローンの年利は利用限度額に応じて、イオン銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■イオン銀行カードローンの借入利率(年利)2022年3月17日調べ
利用限度額借入利率(年利)
800万円3.8%
600万円~790万円3.8%~5.8%
500万円~590万円3.8%~7.8%
400万円~490万円3.8%~8.8%
300万円~390万円4.8%~8.8%
200万円~290万円5.8%~11.8%
100万円~190万円8.8%~13.8%
10万円~90万円11.8%~13.8%

イオン銀行カードローンの返済日と返済方法

イオン銀行カードローンの返済日は毎月20日となっています。

イオン銀行口座を持っているとカードローンのカードを持ってなくてもすぐに融資を受けることができるので、イオン銀行口座を作っておきたいところですが、特別急いでない方であればイオン銀行口座がなくても申込みできる上に、毎月の引落しに他行の金融機関口座を指定することも可能です。

  • イオン銀行ATM・提携ATMからの返済
  • イオン銀行口座からの引落し
  • ほか金融機関口座からの引落し
  • インターネットバンキングからの返済(イオン銀行口座持っている方のみ)

\ 完全WEB完結!年中無休で審査受付 /

イオン銀行カードローン公式サイト

イオン銀行カードローンの基本情報

買い物ついでに利用できる!

イオン銀行口座があれば振込融資可能!1,000円単位から気軽に借りられるカードローンです。

実質年率3.8%~13.8%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査5秒
最短審査-
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

新生銀行の口座なくてもOK!6位 新生銀行スマートカードローン プラス

新生銀行スマートカードローン プラス
画像:新生銀行(https://www.shinseibank.com/powerflex/splus/)

新生銀行カードローンの特徴

  • はじめての契約で「Tポイント」を最大2,000ポイントプレゼント
  • 申込み後の口座開設不要
  • 24時間365日借入・返済可能※1
  • 新生ステップアッププログラムの「新生ゴールド」になれる(条件あり)(2022年4月末まで)

※1:システムメンテナンス等によりご利用いただけない時間帯もあります。

新生銀行のカードローンである新生銀行スマートカードローン プラスは、パート・アルバイトをはじめ、配偶者に安定した収入があれば専業主婦・主夫の方も申込み可能なカードローンです。

銀行系カードローンの場合は、申込み時に銀行口座を持ってなくても、同時開設もしくは後日口座の開設が必須なところがほとんどですが、新生銀行は口座を持ってなくても申込・利用することが可能です。

ただ、新生銀行スマートカードローン プラスを申込む方であれば、新生銀行の口座を持っていると24時間365日いつでも、お金を借りることが可能また返済もできます!

また、新生銀行には新生ステップアッププログラムと呼ばれるステージ制があり、新生総合口座パワーフレックス=総合口座をカードローンの引落し口座として登録し、20日時点の借入残高が1円以上あれば、「新生ゴールド」になることができます。(2022年4月末まで)

新生ゴールドのステージになると、セブン銀行ATMなどでの出金手数料が無料になるうえに、他行あてネット振込手数料が月5回まで無料になります。(2022年4月末まで)

通常の銀行口座として持っていれば振込手数料などを抑えることもできるので、持っていても損することはありませんよ!

なお、口座開設しても新生銀行スマートカードローン プラスのカードは別に発行されるので、カードは2枚となります。

\ Tポイントを最大2,000ポイントプレゼント /

新生銀行スマートカードローン プラス公式サイト

はじめての契約でTポイントプレゼント

新生銀行のカードローンをはじめての契約でTポイントプレゼント
画像:新生銀行(https://www.shinseibank.com/powerflex/splus/)

新生銀行スマートカードローン プラスを初めて契約する方に「Tポイント」を最大2,000ポイントプレゼント中です。

ポイント付与の条件

①Tポイントを1,000ポイントの条件(下記条件を満たす方)

  • 新生銀行スマートカードローン プラスに初めて契約した方
  • ご契約月の翌月末までに、Tポイントをもらおう!プログラムにエントリーした方

②さらにTポイントを1,000ポイントプレゼント(下記条件をすべて満たす方)

  • 「収入を証明する書類」をご提出いただいた方
  • 「収入を証明する書類」をご提出いただいた月から翌月末までにTポイントをもらおう!プログラムにエントリーした方
  • 「収入を証明する書類」をご提出いただいた月の翌月末時点で残高が100,000円以上ある方

2022年5月1日からは新生シルバーに

新生銀行スマートカードローン プラスを利用している方は、新しく加わった「新生シルバー」となります。
画像:新生銀行(https://www.shinseibank.com/powerflex/relationship/renewal/)

*1セブン銀行ATM・イーネットATM・ローソン銀行ATM・イオン銀行ATM・PatSat(パッとサッと)・VIEW ALTTE(ビューアルッテ)をご利用の場合は、無料です。ゆうちょ銀行ATM(ファミリーマートに設置のATMも含む)・全都市銀行ATM・三菱UFJ信託銀行ATM・三井住友信託銀行ATM・商工中金ATMをご利用の場合、1回あたり110円(税込)です。

新生銀行スマートカードローン プラスは、新生総合口座パワーフレックスをカードローンの引落し口座として登録して、毎月20日時点の借入残高が1円以上あれば新生ゴールドとなり、セブン銀行ATMなどでの出金手数料無料や他行あてネット振込手数料が月5回無料で利用することができました。

2022年5月1日からリニューアルし、年間の利用状況でステージ判断がされ年1回となります。

また、新しくステージが増え3段階から5段階へと変更となっています。

新生銀行スマートカードローン プラスを利用している方は、年間に6回以上の新生銀行からの口座自動引き落としされると新しく加わった「新生シルバー」となります。

新生シルバーになるとセブン銀行ATMなどの出金手数料無料やネット振込手数料が月3回無料で利用することができます。

新生ゴールドよりランクが下がってしまうため改悪ではありますが、セブン銀行ATMなどの出金手数料無料はそのままなので充分魅力的です!

以前は、毎月ステージ判断が行われていましたが、今度から年1回の判断されるため、ステージが毎月変動することが無くなるので間違えづらくなります。

\ Tポイントを最大2,000ポイントプレゼント /

新生銀行スマートカードローン プラス公式サイト

新生銀行スマートカードローン プラスの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

新生銀行スマートカードローン プラスの年利は利用限度額に応じて新生銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■新生銀行スマートカードローン プラスの借入利率(年利)2015年11月9日現在
利用限度額借入利率(年利)
400万円~500万円4.5%
300万円~399万円7.0%
200万円~299万円9.0%
100万円~199万円12.0%
1万円~99万円14.8%

新生銀行スマートカードローン プラスの返済日と返済方法

新生銀行スマートカードローン プラスの返済日は毎月27日となっています。

他の金融機関口座からの自動引落しも設定可能で、引落し日を14日もしくは27日のどちらかを選ぶことができます。

  • 提携ATMからの返済
  • 新生総合口座パワーフレックスからの自動引き落とし
  • ほか金融機関口座からの引落し(14日もしくは27日を選べる)
  • インターネットバンキングからの返済
  • 指定口座への振込返済

新生銀行カードローンの基本情報

新生銀行の口座があると24時間365日借入&返済OK!

新生ステップアッププログラムでセブン銀行ATMなどの出金手数料が無料になるカードローンです。

実質年率4.5%~14.8%
融資限度額最大500万円
簡易審査あり
最短審査最短当日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

\ Tポイントを最大2,000ポイントプレゼント /

新生銀行スマートカードローン プラス公式サイト

来店不要!申込み時に口座なくてもOK!7位 横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン
画像:横浜銀行(https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/)

横浜銀行カードローンの特徴

  • 最大借入金額が1,000万円!
  • 申込時に口座がなくてもOK
  • 24時間WEBで申込み可能
  • 審査結果が最短翌日
  • 契約と同時に融資可能

通称「はまぎん」こと、横浜銀行のカードローンは神奈川県内、東京都内、群馬県前橋・高崎市・桐生市に住んでる方、お勤めの方が申込みできます。

対象地域に住んでいるもしくは勤務されている方には、横浜銀行の口座を持っている方も多いかもしれませんが、引っ越したばかりでまだ口座は持ってないという方も、気にすることなく申込むことができます。

横浜銀行カードローンは、申込み時に横浜銀行の口座はなくても申込みできる
画像:横浜銀行(https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/)

横浜銀行カードローンは、申込み時に横浜銀行の口座はなくても申込みできるので、審査通過後の実際の契約時までに横浜銀行口座開設アプリから口座開設をすれば問題ありません!

横浜銀行カードローン自体も、来店不要WEBで24時間申込み可能です。

さらに、ローンカードが手元に届く前に、返済口座に振込んでくれるので、急いでる方もスピード融資を受けることができます。

実は、横浜銀行カードローンは最大借入金額が1,000万円と他のカードローンと比べると大きな金額まで融資可能となっています。

もちろん、最大となるため実際の利用限度額は、年収や他社への借入状況など申込み時の情報と個人信用情報を元に利用限度額が決まります。

クレジットカードなどのキャッシングや他のカードローンを利用している方も、横浜銀行カードローンでまとめることで、バラバラ返済していたものをまとめることで場合によっては利息を抑えることも可能です。

横浜銀行の公式アプリ「はまぎんアプリ」をスマホにダウンロードすることで、原則24時間365日借入や返済を行うことができます!

\ 横浜銀行の口座が無くても申込みOK /

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

横浜銀行カードローンの年利は利用限度額に応じて横浜銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■横浜銀行カードローンの借入利率(年利)2022年1月1日現在
利用限度額借入利率(年利)
1,000万円1.5%
900万円超1,000万円未満2.5%
800万円超900万円以下3.0%
700万円超800万円以下3.5%
600万円超700万円以下4.0%
500万円超600万円以下4.5%
400万円超500万円以下4.8%
300万円超400万円以下6.8%
200万円超300万円以下8.8%
100万円超200万円以下11.8%
100万円以下14.6%

横浜銀行カードローンの返済日と返済方法

横浜銀行カードローンは、カードローン申込み後、契約までに横浜銀行口座を開設する必要があり、毎月10日に横浜銀行口座から引落しとなります。

毎月10日に自動引き落としとなりますが、毎月10日以外にも余裕がある時は繰上げ返済をすることができます。

  • 横浜銀行ATM・提携ATMからの返済
  • <はまぎん>マイダイレクト(インターネットバンキング)またははまぎんアプリからの返済

横浜銀行カードローンの基本情報

最短翌日審査結果が分かる!

24時間口座がなくても申込みOK!はまぎんアプリで簡単借入&返済が可能なカードローンです。

実質年率1.5%~14.6%
融資限度額最大1,000万円
簡易審査簡易審査3秒
最短審査最短翌日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

\ 横浜銀行の口座が無くても申込みOK /

横浜銀行カードローン

来店・郵送不要でWEBで手続き完結 10秒クイック診断8位 千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローン
引用:ちばぎんカードローン公式サイト(https://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/card/)

ちばぎんカードローンの特徴

  • 来店・郵送不要でWEBで手続き完結!
  • 4つの項目入力で借入可能か10秒クイック診断
  • パート・アルバイトの方も申込み可能
  • 毎月2,000円からの自動返済
  • 安心の金利 年1.4%~14.8%
  • 担保・保証人不要
  • 申込時に千葉銀行の口座がなくてもOK
  • 審査は最短翌営業日
  • 契約と同時に融資可能

千葉県の方であれば、どなたでも知っている千葉銀行のカードローンです。

金利は安心の低金利で年1.4%~14.8%です。借入可能かを4つの項目を入力するだけで10秒でクイック診断ができます。いざという時の備えのために審査をしてみるのもおすすめです。

申込みは、来店不要でWEB上で完結することができます。郵送物も不要です。

返済は毎月2,000円から設定できる定額返済で、毎月1日に口座から自動返済されるので返済忘れがありません。

ちばぎんカードローンは、申込時に口座がなくても申込むことができ、最短翌営業日には審査結果がでるので、審査結果後、契約が完了すると同時に融資を受けることが可能です。

ただし、口座がない方は、残念ながら契約と同時に融資を受けることができないため、先に口座開設を行っておいた方が、スムーズに手続きを進めることができます。

ちばぎんカードローンは、指定口座から自動返済されるため必ず千葉銀行の口座が必要となってきます。

千葉銀行の口座開設には、店頭もしくはインターネットでの口座開設が可能ですが、インターネット支店の口座開設は千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県(一部対象外エリアあり)の地域の方となっているため、関東圏外の方は、残念ながらちばぎんカードローンへの申し込みは難しくなっています。

千葉県在住の方であれば、千葉銀行は千葉県内No.1の店舗・ATMネットワークとなるので地域密着型となるので安心です。

なお、すでに千葉銀行の口座を持っていて、他県に引っ越した場合であれば、お借入や返済は全国の提携金融機関・提携コンビニ銀行などで行うことができるので、問題なく申請できますよ!

ちばぎんカードローン10秒クイック診断
画像:ちばぎんカードローン(https://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/card/lp2/lp15.html)

\ 10秒クイック診断 /

ちばぎんカードローン公式サイト

ちばぎんカードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

ちばぎんカードローンの年利は利用限度額に応じて千葉銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■ちばぎんカードローンの借入利率(年利)2022年3月17日調べ
利用限度額借入利率(年利)
660万円以上800万円以下1.4%~3.5%
510万円以上650万円以下4.0%
410万円以上500万円以下4.3%
350万円以上400万円以下5.5%
300万円以上340万円以下6.0%~12.0%
100万円以上290万円以下9.0%~12.0%
100万円未満14.8%

ちばぎんカードローンの返済日と返済方法

ちばぎんカードローンは、カードローン申込み後、契約までに千葉銀行口座を開設する必要があり、毎月1日に千葉銀行口座から引落しとなります。

毎月1日に自動引き落としとなりますが、毎月1日以外にも余裕がある時は繰上げ返済をすることができます。

  • 千葉銀行ATM・提携ATMからの返済
  • ちばぎんアプリからの返済
  • インターネットバンキング・テレフォンバンキングからの返済

ちばぎんカードローンの基本情報

ちばぎんカードローンは来店不要・郵送物なしの「WEB完結申込」が魅力

10秒で借入可能かクイック診断!担保・保証人不要!パート・アルバイトの方も申込みできるカードローンです。

\ 10秒クイック診断 /

ちばぎんカードローン公式サイト

実質年率1.4%~14.8%
融資限度額800万円
簡易審査簡易審査10秒
最短審査最短翌営業日
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国の提携金融機関や提携コンビニATMで借入れ・返済可能)

上限利率が13.5%!給料振込か住宅ローン利用で年0.5%引き下げ9位 りそなカードローン

りそなカードローン
画像:りそな銀行(https://www.resonabank.co.jp/kojin/cardloan/landing_e.html)

りそなカードローンの特徴

  • 24時間365日申込みOK
  • 上限利率が13.5%の低金利
  • 給料振込か住宅ローン利用で年0.5%引き下げ
  • カードローンの利用残高でポイントが貯まる!
  • りそなグループアプリで簡単借入&返済
  • オートチャージ(自動融資)で未払いを防ぐ!

給料振込や住宅ローンをりそな銀行を利用されている方であれば、カードローンもりそなカードローンがおすすめです。

りそなカードローンは給料振込か住宅ローンを利用中であれば金利年0.5%引き下げてくれる金利特典があります。(住宅ローン条件あり)

元々、りそなカードローンの上限利率は13.5%と他の銀行カードローンに比べても低く設定されているにも関わらず、条件によってはさらに0.5%引き下げとなるので、上限利率が13.0%となります。

住宅ローンは諸条件がありますが、給料振込は単純に給料振込がりそな銀行というだけでOKなので利用しやすい金利特典となっています。

りそなカードローンはなんと、ポイントを貯めていくことができます

クレジットカードなどは利用すればポイントが貯まっていきますが、カードローンは利用してもポイントが貯まらないカードローンばかりです。

りそなカードローンはなんと、ポイントを貯めていくことができます!月中平均残高が10万円以上あれば月間20ポイントを貯めることができます。

また、給料振込されていると月間10ポイント貯めることもできます。つまり、りそな銀行で給料振込でりそなカードローンが平均10万円以上残高があれば、月間30ポイントを貯めることができます。

りそなクラブポイントは、ANAマイル、JALマイル、WAONポイント、dポイント、nanacoポイントなどに交換することができます
画像:りそなクラブ(https://www.resonabank.co.jp/club/)

貯まるポイントは、りそなクラブポイントと呼ばれていて、ANAマイル、JALマイル、WAONポイント、dポイント、nanacoポイントなどに交換することができます。

りそなカードローンは申込み時にりそな銀行口座がなくても申込み可能ですが、審査通過後の契約時にはりそな銀行・埼玉りそな銀行口座が必要となります。

4つの質問に答えるだけで10秒で借入診断をしてくれるので不安な方は、年齢、年収、希望金額、他社借入金額を入力するだけで簡易診断してくれますよ!

また、りそなグループアプリが便利で口座の残高、借入残高、繰上げ返済などアプリ内から簡単に行うことができます。

りそなカードローンは他とは違い、オートチャージ機能があります。

りそな銀行口座から公共料金などの引落しをしていた場合、口座残高が足りないと通常は未払いとなってしまいますが、オートチャージ(自動融資)を設定していると、引落し予定の金額より残高が少ないと自動で融資され、予定日通り引落しがされます。

公共料金など生活に密接にかかわりのある支払いの未払いを未然に防ぐことができます!

\ 給与振り込みか住宅ローン利用で金利0.5%引き下げ /

りそなカードローン公式サイト

りそなカードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

りそなカードローンの年利は利用限度額に応じてりそな銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■りそなカードローンの借入利率(年利)2021年6月1日現在
利用限度額借入利率(年利)金利特典あり(年利)
800万円型3.5%3.0%
700万円型4.0%3.5%
600万円型4.5%4.0%
500万円型4.9%4.4%
400万円型5.5%5.0%
300万円型7.0%6.5%
200万円型10.0%9.5%
150万円型10.0%9.5%
100万円型13.5%13.0%
70万円型13.5%13.0%
50万円型13.5%13.0%
30万円型13.5%13.0%
10万円型13.5%13.0%

りそなカードローンの返済日と返済方法

りそなカードローンは、りそな銀行口座が必須となり毎月5日にりそな銀行口座から引落しとなります。

毎月5日に自動引き落としとなりますが、毎月5日以外にも余裕がある時は繰上げ返済をすることができます。

  • りそなグループアプリからの返済
  • りそな銀行ATM・提携ATMからの返済
  • マイゲート(インターネットバンキング)からの返済

りそなカードローンの基本情報

上限利率が13.5%で金利特典で年0.5%引き下げ

カードローン残高10万円以上でポイントが貯まる!申込み時にりそな銀行の口座なくてもOK!24時間365日申込み可能なカードローンです。

実質年率3.5%~13.5%
融資限度額最大800万円
簡易審査簡易審査10秒
最短審査1週間以内
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

\ 給与振り込みか住宅ローン利用で金利0.5%引き下げ /

りそなカードローン公式サイト

ガン保障特約付きプランも選択可能!10位 オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
画像:オリックス銀行(https://www.orixbank.co.jp/pr/card/001/)

オリックス銀行カードローンの特徴

  • 保険料ゼロ!ガン保障特約付きプラン「Bright」も選択可能!
  • 申込み後も口座開設不要!
  • 来店不要!24時間WEB申込み可能

住宅ローンなどを組んだことがある方なら耳にしたことがあるのが「団信」です。団信は団体信用生命保険のことで、住宅ローンの債務者が返済期間中に亡くなった場合などに団体信用生命保険で住宅ローンの残高が完済されるシステムです。

オリックス銀行カードローンには団信に似ているガン保障特約付きプランの「Bright」があります
画像:オリックス銀行(https://www.orixbank.co.jp/pr/card/001/)

オリックス銀行カードローンには団信に似ているガン保障特約付きプランの「Bright」が選択できます。ガン保障特約付きプランの保険は消費者信用団体生命保険で、高度障害と亡くなった場合にカードローン残高を保障してくれます。

ガン保障特約付きなので、ガンと診断された場合も同じくカードローン残高の借入残高が保障金額として充当されるため、ガン診断日より前に借り入れた残高は返済不要となります。

ちなみに、ガン診断確定後に借入れすることも可能ですが、診断後の借り入れた分は今まで通り返済が必要になります。

保障はガン診断確定された時点の借入残高が保険金として充当されます。

有り難いことに、ガン保障特約付きを選んでも、保険料・金利の上乗せなど一切ないため安心して申込むことができます。

消費者信用団体生命保険の保険料はオリックス銀行が負担してくれています。

通常、保険に加入する際は、健康診断などを行う必要がありますが、Brightは健康診断書などの書類提出はなく申込む際に必要事項を確認するだけとなっています。

カードローン残高があると、もしガンになったときに、治療も始まってうまく仕事にもいけるかわからない中、家族への負担や心配も「Bright」で減らすことができますよ!

\ がん特約保障特約付きプラン選択可能 /

オリックス銀行カードローン公式サイト

オリックス銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

オリックス銀行カードローンの年利は利用限度額に応じてオリックス銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

オリックス銀行カードローンの最大借入利率は他より高めに設定されているため注意が必要です。

■オリックス銀行カードローンの借入利率(年利)2022年3月23日調べ
利用限度額借入利率(年利)
700万円超800万円以下1.7%~4.8%
600万円超700万円以下3.5%~5.8%
500万円超600万円以下3.5%~5.8%
400万円超500万円以下4.5%~8.8%
300万円超400万円以下4.5%~8.8%
200万円超300万円以下5.0%~12.8%
150万円超200万円以下5.0%~12.8%
100万円超150万円以下6.0%~14.8%
100万円6.0%~14.8%
100万円未満12.0%~17.8%

オリックス銀行カードローンの返済日と返済方法

銀行カードローンは返済日が決まっている銀行が多い中、オリックス銀行カードローンは2つから選ぶことができます。

返済日は申込み時に設定しますが返済日の変更することも可能です。

オリックス銀行カードローンの返済日

  • 10日
  • 月末

返済日までに3つの返済方法から選ぶことができます。

  • 指定銀行口座から引落し
  • 提携ATMからの返済
  • 返済専用口座への振込による返済

オリックス銀行カードローンの基本情報

ガン保険特約付きプラン「Bright」も選べる

Brightを選んでも保険料、金利上乗せなし!もしもの時にカードローン残高が0円になる家族も安心できるカードローンです。

実質年率1.7%~17.8%
融資限度額最大800万円
簡易審査あり
最短審査数日
WEB完結
提携ATM台数全国100,000台以上(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

\ がん特約保障特約付きプラン選択可能 /

オリックス銀行カードローン公式サイト

初回借入日から最大30日間無利息!11位 PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローン
画像:PayPay銀行(https://login.japannetbank.co.jp/)

PayPay銀行カードローンの特徴

  • 日本初のネット銀行のジャパンネット銀行からさらに進化
  • 最大30日間利息なし!
  • 申込時に口座がなくてもOK
PayPay銀行カードローンは、初回借入日から最大30日間は無利息

2021年4月5日よりジャパンネット銀行からPayPay銀行に社名変更し、真新しいネット銀行のように感じますが、ジャパンネット銀行は日本初のインターネット銀行として誕生したネット銀行の老舗と言えます。

PayPay銀行カードローンの最大の魅力は銀行カードローンにも関わらず、初回借入日から最大30日間は無利息となり利息なしで借入れすることができます。

銀行カードローンでの無利息サービスは、ほとんどないためPayPay銀行カードローンの最大の魅力とも言えます。

しかも、無利息スタートが契約日ではなく、初回借入日からとなるのも大きなメリットです。

もしもの時のために契約したものの、実際は借入した日が3ヶ月後であっても初回借入日から30日となるため慌てて借り入れる必要がありません。

また申込時にはPayPay銀行の口座を持ってない方は、カードローンと同時に口座開設の申込みすることができるので、口座を持ってない方でも申込むことができます。

なお、PayPay銀行カードローンは、専業主婦の方も申込みすることが可能で「配偶者に安定した収入」があれば申込むことができます。

申し込みはもちろん、ネットで完結する上に、審査結果も電話ではなくメールでくるので安心です。

\ 最大30日間利息なし /

PayPay銀行カードローン公式サイト

PayPay銀行のカードローンは、最短60分で仮審査の結果がメールで届く

PayPay銀行のカードローンは、最短60分で仮審査の結果がメールで届くので、スピーディーで嬉しい限りです。

ただ、仮審査に通過した後に、本審査となるので仮審査に通過しても本審査で通過しない場合もあります。

PayPay銀行カードローンは、PayPay銀行のキャッシュカードで借入れすることになるため、口座を持ってない方は同時に口座開設も行い発行されたキャッシュカードで借入れすることになります。

実際にお金を借りる時は、発行されたキャッシュカードで セブン銀行ATM、イオン銀行ATM、ローソン銀行ATM などで借入れするか、スマホアプリやPCから口座に振込みも可能です。

\ 最大30日間利息なし /

PayPay銀行カードローン公式サイト

PayPay銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

PayPay銀行カードローンの年利は利用限度額に応じてPayPay銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

ただし、PayPay銀行カードローンは他の銀行カードローンに比べると最大借入利率が高めに設定されているため注意が必要です。

ただ、PayPay銀行カードローンは最大30日間は無利息なので、すぐに返せる当てがあれば最短60分で仮審査でスピーディーに結果がわかるので、急いでる方にはおすすめです。

■PayPay銀行カードローンの借入利率(年利)2019年6月14日現在
利用限度額借入利率(年利)
1,000万円1.59%
900万円以上1,000万円未満3.0%
800万円以上900万円未満3.5%
700万円以上800万円未満4.0%
600万円以上700万円未満5.0%
500万円以上600万円未満5.5%
400万円以上500万円未満6.0%
300万円以上400万円未満6.5%
250万円以上300万円未満8.0%
200万円以上250万円未満10.0%
150万円以上200万円未満12.0%
100万円以上150万円未満15.0%
100万円未満18.0%

PayPay銀行カードローンの返済日と返済方法

PayPay銀行カードローンは、銀行カードローンの中でも比較的、自由度が高いカードローンで毎月の返済日を1~28日、月末のいずれかを選ぶことができます。

そのため、ご自身の給料日後の日付も選びやすくなっているため、返済漏れを防ぐことができます。なお、返済日も変更することができるので、転職して給料日が変わった場合など変更することができます。

PayPay銀行カードローンは、PayPay銀行から毎月自動で引落しとなりますが、繰上げ返済することも可能です。

  • 提携ATMからの返済
  • PayPay銀行公式アプリ「ローンアプリ」からの返済
返済日のスキップ機能あり

PayPay銀行カードローンは、他と違い条件次第では毎月の返済日である約定返済日を1ヶ月分スキップすることができます。

初めてPayPay銀行カードローンを利用した場合、借入日を入れて20日以内にくる約定返済日をスキップすることができます。

例えば、3/5に借入したのに約定返済日を毎月15日にした場合、初回約定返済日が3/15になってしまいます。

スキップ機能を利用すると初回の約定返済日を4/15にすることができます。

他にも条件次第では、スキップ機能を利用することができます。

PayPay銀行カードローンの基本情報

最短60分で仮審査の結果が分かる!

初回借入日から最大30日間無利息!初回借入日だから慌てて借りる必要もない安心のカードローンです。

実質年率1.59%~18.0%
融資限度額最大1,000万円
簡易審査簡易審査1秒
最短審査仮審査最短60分
WEB完結
提携ATM台数記載なし(全国のコンビニや金融機関のATMで借入れ・返済可能)

Myセブン銀行公式アプリで借入&返済もOK!12位 セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン
画像:セブン銀行(https://www.sevenbank.co.jp/)

セブン銀行カードローンの特徴

  • 24時間365日借入&返済できる!
  • ATM手数料無料
  • スマホだけで借入も返済もできる。
カードローンを利用するにはセブン銀行口座が必要ですが、最短10分で口座開設ができます。

セブン銀行カードローンは、セブン銀行口座を持っている方で満20歳以上満70歳未満の方が申込みできます。

カードローンを利用するにはセブン銀行口座が必要になってきますが、セブン銀行口座は平日9時~19時までに申込むと最短10分で口座開設されるので、カードローンの申込みもすぐに行うことができます。

最短2日後に審査結果がメールで届きますが、セブン銀行の公式アプリである「Myセブン銀行」から申込みしていたら、キャッシュカードが手元に届く前からアプリから借入することが可能です!

\ セブンイレブンで24時間365日利用可能 /

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンは、はじめての契約の場合は、利用限度額が50万円

しかもセブン銀行カードローンは、はじめての契約の場合は、利用限度額が50万円と決まっているため収入が少ない方も安心して申込むことができます。

実際の利用限度額は審査結果しだいとなります。

さらに、審査の際に行われる電話確認ですが、公式サイトには「原則としてご連絡することはありませんが、場合によってはご連絡することがあります。」と記載があります。

セブン銀行カードローンは原則として電話確認無し

つまり、電話確認される可能性がないかもしれません。特に専業主婦・主夫の方は配偶者の方にばれたくない方もいるので申込みしやすいといえます。

もちろん、絶対に電話がないわけではありません。

全国のセブンイレブンで24時間365日借入&返済が可能なので、セブンイレブンで買い物ついでにお金を借りたり返済することができます。

\ セブンイレブンで24時間365日利用可能 /

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンの借入利率

銀行カードローンの魅力は、なんと言っても年利の低さにあります。

セブン銀行カードローンの年利は利用限度額に応じてセブン銀行が審査の際に借入利率を決定していますが、利用限度額に対して借入利率の幅は設定されているので、希望利用限度額の借入利率がどのくらいになるのかイメージしやすくなりますよ!

■セブン銀行カードローンの借入利率(年利)2019年6月14日現在
利用限度額借入利率(年利)
300万円12.0%
250万円12.0%
200万円13.0%
150万円13.0%
100万円14.0%
70万円14.5%
50万円未満15.0%
30万円未満15.0%
10万円未満15.0%

セブン銀行カードローンの返済日と返済方法

セブンカードローンは、セブン銀行口座が必須となり毎月27日にセブン銀行口座から引落しとなります。

毎月27日に自動引き落としとなりますが、毎月27日以外にも余裕がある時は繰上げ返済をすることができます。

  • セブン銀行ATMからの返済
  • ダイレクトバンキングからの返済

セブン銀行カードローンの基本情報

公式アプリで申込み&借入&返済ができる!

24時間365日ATM手数料無料!スマホ一つで気軽に利用できるカードローンです。

実質年率12.0%~15.0%
融資限度額最大300万円
簡易審査簡易審査5秒
最短審査最短2日
WEB完結
提携ATM台数全国26,190台(2022年3月現在)

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンのメリット・デメリット

銀行カードローンにはメリット・デメリットがあります。

メリットを重要視する方もいれば、デメリットが致命的な場合もあります。

銀行カードローンのメリット・デメリットを理解したうえで自分にあったカードローンを選びましょう!

銀行カードローンのメリットは?

銀行カードローンのメリットとして大きく3つあります。

銀行カードローンのメリット

  • 最大金利が低い
  • 安心感・信頼感がある
  • 銀行カードローンの数がたくさんある

最大金利が低い

低金利で借りたい方は銀行カードローンがおすすめ

銀行カードローンのメリットの1つが低金利ですが、カードローンの実質年率は最小と最大のパーセンテージで記載されていますが幅広い実質年率のため、実際の実質年率が分かりづらいなと思っている方も多いはずです。

カードローン会社は、実質年率を決める際に利息制限法が定める借入金額ごとの上限金利の範囲内であれば自由に決めることができます。

利息制限法では、借入金額が10万円未満であれば、上限金利は20%となっています。つまり、少額の借入れほど金利は高く設定することができます。

消費者金融の実質年率を見ていると18%などが設定されていますが、銀行カードローンの場合は上限金利が14~15%ぐらいで設定されているところがほとんどです。

はじめてカードローンを利用する場合は、上限金利が適用されることが多いためカードローンを見る時は最小ではなく最大の金利を見ておくと利息がどのぐらいになるのか想像しやすくなります。

銀行カードローンであれば、上限金利を低く設定されているため、低金利で借りたい方は銀行カードローンがおすすめです。

安心感・信頼感がある

銀行カードローンは銀行から借りているという安心感は絶大

銀行カードローンのメリットの1つが安心感・信頼感です。

やはり、お金を借りる=消費者金融=借金=闇金・サラ金=取り立てという悪いイメージを持っている方も少なからずいます。

今は、総量規制が定められているため、消費者金融も安心して利用することができますが、一度ついたイメージを払拭するのにはどうしても時間がかかってしまいます。

銀行カードローンは銀行から借りているという安心感は絶大です。

銀行の数だけカードローンがある

都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、その他の銀行(ネット銀行)など合計で122以上もの金融機関があります。

すべての銀行がカードローンを行っているわけではありませんが、多くの銀行でカードローンを行っているため、すでに持っている銀行のカードローンにするのか、新たに銀行口座を開設してカードローンを申込むのかなど、自分にあったカードローンを選ぶことができます。

銀行カードローンの場合、カードローンの銀行口座の開設が必要な場合もあるため、新たに口座開設をしたくない方であればすでに持っている銀行口座のカードローンなどを候補にするなども検討材料となります。

また、新しく参入したネット銀行であれば、郵送物なしでのところもあるので家族にばれたくないなどの場合などにはネット銀行のカードローンもおすすめです。

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンはメリットだけならいいのですが、残念ながらデメリットもあります。

銀行カードローンのデメリット

  • 即日融資ができない
  • 返済日が決まっている

即日融資ができない

銀行カードローンのデメリットの1つとして即日融資ができないことがあります。

銀行カードローンは以前は、即日融資が可能となっていましたが、反社会的勢力への現金貸出を防ぐため、2018年より融資の審査をする際に警察庁データベースへの照会が必須となりました。

警察庁データベースへの照会が必須となり、2018年以降の銀行カードローンは即日融資が不可能となりました。

今すぐお金が必要と言う方には銀行カードローンは不向きとなります。

即日融資が必要な場合は、スピード審査の消費者金融がおすすめです。

返済日が決まっている

銀行カードローンのデメリットの1つが返済方法が決まっていることです。

銀行カードローンの返済日は、銀行が決めた返済日となることがほとんどとなるため、返済日が給料日前だったりすると返済に困ることが出てきます。

ただし、銀行カードローンでも返済日を選べる場合もあるので、申込む前に必ず返済日などのチェックを忘れずに行いましょう。

もし、申込み後に気が付いた場合は、返済日を待たずに繰上げ返済などして、うまく調整してやりくりを行うことをおすすめします。

銀行カードローンの利用でよくある質問

年収の1/3近くの金額をクレジットカードのキャッシングで利用していますが、銀行カードローンの利用はできますか?

はい、銀行カードローンは利用できます。銀行カードローンは年収の1/3の規制である総量規制の対象外になります。ただ、銀行による審査次第になります。

住宅ローンや、マイカーローンを利用していますが、銀行カードローンは利用できますか?

はい、銀行カードローンを利用することができます。

銀行カードローンの融資は生活費に利用できるのでしょうか?

はい、生活費に利用することができます。銀行カードローンの融資は利用目的を限定されていません。借入の限度額までは利用目的を気にせず利用することができます。

銀行カードローンは誰にも会わずに契約できますか?

はい、WEB上で完結するシステムを設けている銀行カードローンであれば、だれにも会わずに契約可能です。

収入証明書の提出は必要ですか?

銀行カードローンの取り扱い会社によって異なりますが、多くの場合は50万円以下の利用の場合は収入証明書の提出は不要です。各銀行カードローンの申込書類欄にてご確認ください。

おすすめの銀行カードローンまとめ

銀行カードローンは総量規制対象外となるため、消費者金融より多く借りることができるのでは?と思われがちですが、現在は消費者金融と変わらず年収の3分の1ぐらいまでしか借りることができないようになっているため、安心して申込むことができます。

カードローンの金利を見る際に、つい小さい数字を見てしまいがちですが、実際は最大借入利率に注目すべきです。

借入利率は、利息制限法を順守したうえで利用限度額に応じて各銀行が設定することが可能ですが、最小の借入利率は借入金額が最大800万など大きな金額となっています。

初めてのカードローンで、いきなり大きな利用限度額が設定されることは、ほとんどないため、最大借入利率になることがほとんどです。そのため最大借入利率の低いカードローンがおすすめです。

最大借入利率が低いと言えば銀行カードローンです。デメリットもありますが、カードローンを長期的に利用する予定があれば銀行カードローンがおすすめです!

-カードローン