クレジットカード ゴールドカード

【2022年5月最新】ゴールドカードおすすめ8枚のランキング比較!メリット・特典を詳しく解説

ゴールドカードおすすめ8枚のランキング比較!メリット・特典を詳しく解説

クレジットカードにはランクがあります。一般・ゴールド・プラチナ・ブラックの4段階あり、ブラックカードは幻のカードとも言われている通り自分から申し込むことができないインビテーション制(招待制)のクレジットカードです。

ランクが上がれば上がるほど、充実したサービスが付帯しておりクレジットカードの本来の機能である決済機能だけではなく、様々な優待・サービスを利用することが可能になります。

クレジットカードのランクが上がると付帯サービスが充実してくると、それに比例して年会費高くなるため、審査も厳しくなってくるのが一般的です。

ゴールドカードを作りたい!となってもゴールドカードも様々な種類があり悩んでしまいます。

ただ、ステータスのあるカードが欲しいという理由だけであれば、高い年会費を支払っても意味がありません。

自分に必要な付帯サービスは何か?年会費を支払うの程の優待を活用できているのか?など様々なことを考えながら素敵な1枚を見つけてください。

このページで分かる事

ゴールドカードの中から、還元ポイント・付帯サービス・決済方法の利便性を考慮して、おすすめのゴールドカードをランキングしています。
※ランキングは弊社独自で調査しています。

ゴールドカードのおすすめ8枚のメリットを比較

還元ポイント・付帯サービス・サービスの利便性を考慮した「ゴールドカードおすすめ8枚」の基本スペックを一覧で確認できます。自分のライフスタイルに近い特徴をもったクレジットカードの目安に!

カード名楽天ゴールドカード楽天ゴールドカード三菱UFJカード ゴールドプレステージ三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三井住友カード ゴールド(NL)三井住友カード
ゴールド(NL)
アメックス・ゴールドアメックス・ゴールド楽天プレミアムカード楽天プレミアムカードdカード GOLDdカード GOLDダイナースクラブカードダイナースクラブカードJCBゴールドJCBゴールド
キャンペーン10,000ポイント最大12,000円相当分最大8,000円相当合計40,000ポイント11,000ポイント最大22,000ポイント最大10万円キャッシュバック 最大20,000円分
年会費2,200円(税込)初年度年会費無料
次年度以降11,000円(税込)
初年度年会費無料
次年度以降5,500円(税込)
31,900円(税込)11,000円(税込)11,000円(税込)24,200円(税込)初年度年会費無料
次年度以降11,000円(税込)
ポイント還元率1.0%0.5%~1.5%1.0%~5.0%0.3%~1.0%1.0%1.0%~4.0%0.4%0.5%
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
JCB
AMERICAN EXPRESS
VISA
Mastercard
AMERICAN EXPRESSVISA
Mastercard
JCB
AMERICAN EXPRESS
VISA
Mastercard
Diners Club
Mastercard
JCB
旅行保険海外旅行傷害保険 最大2,000万円海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外旅行渡航遅延保険 最高2万円
海外旅行傷害保険 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 最高2,000万円
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外航空便遅延費用 最高3万円
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険 最高4万円
公式サイト

申込み

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

公式サイト

コスパ重視のゴールドカード!1位 楽天ゴールドカード

メリットの多い楽天ゴールドカードは年会費2,200円(税込)画像:楽天ゴールドカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/)

楽天ゴールドカードの特徴

  • ゴールドカードの年会費が2,200円(税込)
  • 誕生月は楽天市場と楽天ブックスでポイントアップ
  • 国内空港ラウンジと海外2カ所のラウンジを年2回無料!
  • ETCカードの年会費無料
  • 楽天Edyにチャージでプラス0.5%ポイント還元
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円
楽天ゴールドカードの年会費は2200円(税込)

ゴールドカードが欲しいけど年会費が高くて持てない、もっとシンプルなサービスだけのゴールドカードが欲しいという方にはコスパ最強の楽天ゴールドカードがおすすめです。

楽天ゴールドカードは年会費たったの2,200円(税込)でゴールドカードを持つことができます!

年会費2,200円(税込)ですので、無理して持つことなく気軽に持つことができますね。

楽天プレミアムカードと比べる付帯サービスはシンプルとなってきますが、高い年会費を支払っても海外にもいかないし、付帯サービスをあまり利用しないのであれば無駄に年会費を支払うことになってしまいます。

誕生月はポイントがプラス1倍

楽天ゴールドカードは、年2回、国内主要空港ラウンジとハワイと韓国の空港ラウンジを無料、ETCカードを年会費無料、お誕生月はポイント+1倍になったりとシンプルで利用しやす付帯サービスになっています。

楽天カードは会員数2,000万人を突破し日本一保有者の多いクレジットカードということもあり、周りの友達も持っている方も多いクレジットカードかもしれません。

周りに多く持っているからこそ、楽天ゴールドカードを出した時には一目置かれる存在になれますよ。

楽天市場SPU(https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/)

楽天ゴールドカードは楽天市場などで買い物をしている方には必需品とも言えるクレジットカードで、楽天サービスを利用すればするほど楽天市場でのポイントが倍率がアップするSPUプログラムが採用されており最大15倍になります。

楽天市場で楽天ゴールドカードで買い物をすると通常の3倍なので、楽天市場で買い物をすればポイントがザクザク貯まるうえに、貯まった楽天ポイントで街中で利用することができます。

楽天はQRコード・バーコード決済である楽天Payが導入されており、貯まった楽天ポイントをそのまま楽天Payで利用することができます。

しかもすごいことに、貯まっている楽天ポイントをSuicaにチャージすることもできちゃいます!

楽天Payにチャージでポイント2重どり
画像:楽天Pay(https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/pointprogram/)

また、楽天Payに楽天ゴールドカードでチャージして利用することでポイントの2重どりができますよ!

\5月23日(月)10時まで10,000ポイントプレゼント中/

楽天ゴールドカード申込みはこちら

こんな方におすすめ!

  • 楽天市場をはじめとする楽天サービスの利用が多い方
  • 付帯サービスをあまり利用しない方
  • 年会費が抑えたゴールドカードが欲しい方
  • 楽天Pay・楽天Edy・Suicaを使っている方

楽天ゴールドカードの審査申込み資格と詳細

楽天ゴールドカードの申込みは印鑑や免許証不要
気軽に申込みができる楽天ゴールドカード 画像:楽天ゴールドカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-gold-card/)

楽天ゴールドカードの審査申込み基準

楽天ゴールドカードの審査申込み基準は、「20歳以上」となっています。

楽天ゴールドカードの審査申込み基準には、年齢のみの審査申込み基準となっていますが、「楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行」とあるため、楽天カードよりは審査は厳しいとは言えます。

ただし、楽天プレミアムカードの場合は、「安定収入のある方」が記載されていますが、楽天ゴールドカードにはないため専業主婦・主夫の方、パート・アルバイトの方ももちろん申込することが可能です。

国内主要空港ラウンジと一部の海外空港ラウンジを2回無料で利用できる

楽天ゴールドカードは国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジと韓国の仁川空港のラウンジを年2回無料で利用することができます。

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

利用するときは、空港ラウンジの受付で楽天ゴールドカードと搭乗券を提示するだけです。

もちろん、家族会員も年2回無料で利用することができるので、各自楽天ゴールドカードを持ってくることで無料で利用することができます。

なお、韓国の仁川空港のラウンジは、年2回制限の対象外となるため無制限で利用することができます。

楽天市場・楽天ブックスでいつでもポイント3倍以上

楽天市場アプリを使えばさらにポイントアップ

楽天ゴールドカードの最大の魅力と言えるのがポイントの還元率です。基本還元率は1.0%で楽天市場での買い物をすると最大15倍となり楽天ポイントがザクザク貯まります。

楽天市場・楽天ブックスで楽天ゴールドカード支払いにするだけでポイントが最低でも3倍になります。楽天市場アプリを使うと3.5倍以上になりますよ!

また、旅行の予約が超お得な楽天トラベルでもポイント2倍です。さらに街の楽天ゴールドカード優待店でもポイント1.5倍以上となっています。

\5月23日(月)10時まで10,000ポイントプレゼント中/

楽天ゴールドカード申込みはこちら

誕生月はさらに+1倍

誕生月はポイントがプラス1倍

楽天ゴールドカードには「お誕生月サービス」があり、楽天カードからの誕生日プレゼントとして、誕生月は楽天市場、楽天ブックスで楽天ゴールドカードで支払いをするとさらに+1倍となります!

つまり、誕生月に買い物をすると通常のポイント4倍となります!

楽天ゴールドカードに、ついてもっと詳しく知りたい方はぜひ楽天ゴールドカードのメリットがよくわかる!年会費・審査やキャンペーン内容を詳しく解説も読んでみてくださいね!

もっと詳しく
楽天ゴールドカード
【2022年最新】楽天ゴールドカードのメリットがよくわかる!年会費・審査やキャンペーン内容を詳しく解説

楽天ゴールドカードは年会費たったの2,200円(税込)で国内主要空港ラウンジを年間2回無料で利用できるうえ誕生月は楽天市場で最低4倍のポイントが獲得できる

続きを見る

楽天ゴールドカードの基本情報

楽天ゴールドカードは楽天市場と誕生月で最低でも4倍のポイントが貯まるクレジットカード

年2回、国内主要空港ラウンジを無料で利用できる!コスパ最強のゴールドカードです。

年会費2,200円(税込)
発行スピード1週間程度
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
申込み資格20歳以上
※楽天ゴールドカード独自の審査基準により発行
ポイント還元率1.0%
ポイント名称楽天ポイント
追加カード家族カード
ETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
電子マネー楽天Edy
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル

安心の銀行系クレカ!最短翌営業日カード発行2位 三菱UFJカード ゴールドプレステージ

画像引用:三菱UFJカード ゴールドプレステージ(https://www.cr.mufg.jp/landing/mucard_goldprestige)

特徴

  • ゴールドカードなのに最短翌営業日カード発行
  • 初年度年会費無料
  • 年会費優遇で8,000円(税込)に!
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 家族カードの年会費無料
  • 対象レストランのコースが2名以上で1名分無料
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円
  • ショッピング保険が年間300万円
  • 国内・海外渡航便遅延保険が最高2万円

三菱UFJカードは、三菱UFJ銀行グループとなるため銀行系のクレジットカードになり、銀行系クレジットカードの場合はカード発行までに時間がかかりそうなイメージがありますが、三菱UFJカード ゴールドプレステージは最短翌営業日カード発行となります。

最短翌営業日カード発行できる国際ブランドはMastercardとVisaのみとなっていますが、世界シェアNo.1のVisaとNo.2のMastercardとなるので全く問題ありません!

最短翌営業日にはなりませんが、国際ブランドのAmerican Expressのみ海外ポイント2倍のポイント優遇があります。

急いでない方であればアメックス、急いでる方であればMastercard、Visaのどちらかを選ぶなど選びやすくなっています。

三菱UFJカード ゴールドプレステージは初年度年会費無料で翌年以降は11,000円(税込)となっています。

ゴールドカードとしての年会費としては平均的な年会費ですが、なんと年会費優遇があり登録型のリボ払いサービスである「楽Pay(らくペイ)」を登録し、年に1回でもリボ払い手数料の支払いをすれば翌年の年会費が3,000円優遇され年会費が8,000円(税込)となります。

さらに家族カード年会費無料で発行することができ、本会員、家族会員1名で三菱UFJカード ゴールドプレステージを持った場合、1枚あたり4,000円と破格のゴールドカードが誕生します。

もちろん、2人目以降も年会費無料で発行することができるので、家族でクレジットカードを探している方にもおすすめです。

三菱UFJカード ゴールドプレステージは、月間の利用額に応じてポイントアップする「グローバルPLUS」と呼ばれるポイントプログラムがあり最大1.5倍となります。

三菱UFJカード ゴールドプレステージは初年度年会費無料で年会費優遇で年会費を8,000円(税込)に抑えることができるにも関わらず、海外旅行傷害保険最高5,000万円が自動付帯となっています。

海外旅行や出張に行く方のサブカードとしてもおすすめの1枚となっています。

こんな方におすすめ!

  • 銀行系クレジットカードが欲しい方
  • 海外旅行や出張の予定がある方
  • 家族でクレジットカードを探している方
  • しっかりした保険付帯のクレジットカードが欲しい方

三菱UFJカード ゴールドプレステージの審査申込み資格と詳細

審査申込み基準

三菱UFJカード ゴールドプレステージの審査申込み基準は「原則として20才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)」となっています。

三菱UFJカード ゴールドプレステージは学生の方は申込みできないようになっていますが、「配偶者に安定した収入」と記載があるため、専業主婦・主夫の方でも申込み可能です!

どうしても最短翌営業日にカード発行するには、国際ブランドをMastercardもしくはVisaを選び、平日の月~木曜日の9時までに申込みが完了していることが条件となります。

もちろん、9時までに申込みをしたから確実に最短翌営業日に発行されるわけではありませんが、急いでるときには国際ブランドや曜日、時間には注意が必要です。

付帯サービス

三菱UFJカード ゴールドと、三菱UFJカード ゴールドプレステージ
三菱UFJカード ゴールドと、三菱UFJカード ゴールドプレステージ 画像:三菱UFJカード ゴールド(https://www.cr.mufg.jp/apply/card/mufgcard_gold/index.html)

三菱UFJカードには、2つのゴールドカードがあり三菱UFJカード ゴールドと三菱UFJカード ゴールドプレステージです。

付帯サービスの内容を比べると、断然、三菱UFJカード ゴールドプレステージがしっかりした付帯サービスとなっています。

付帯サービスがしっかりしている分、年会費は高くなってしまいますが、納得の付帯サービスとなっています。

ただ、魅力満載な付帯サービスですが、利用しないのであれば宝の持ち腐れとなってしまうので、そんな方は三菱UFJカード ゴールドであればコスパを抑えたゴールドカードとなっています。

ゴールド・グルメセレクション by 招待日和でコース1名分無料
招待日和 tcc GINZAの洋食
画像:招待日和 tcc GINZAの洋食(https://www.syotaibiyori.com/)

三菱UFJカード ゴールドプレステージは、国内の厳選されたレストランの所定のコースを2名以上の利用で1名分が無料になります。

対象レストランも、和食、イタリアン、フレンチ、中華と多彩なお店があり、格式高いお店からカジュアルなお店と幅広く用意されています。

普段は利用しなくても家族誕生日などのお祝いの時などや仕事の接待などでも利用でき、やはりゴールドカードを持っているからこその付帯サービスです。

国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円!

三菱UFJカード ゴールドプレステージは国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円付帯しています。

特に、海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、三菱UFJカード ゴールドプレステージでの支払う有無関係なく海外で何かあったときは補償してくれます。

嬉しいことに家族会員もほぼ同じ補償内容となっているため、家族旅行にも安心していくことができます。

さらに、国内・海外とも家族特約が付いており、本会員のお子さんなどがケガや病気をした場合も補償してくれます。

他のクレジットカードの場合、国内旅行傷害保険には家族特約が付いてないのがほとんどですが、三菱UFJカード ゴールドプレステージには家族特約が付帯しています。

国内旅行傷害保険は利用付帯となっていますが旅行代金を支払うだけで補償対象となります。

本会員・家族会員とも、国内・海外旅行時の航空便遅延費用補償も付帯しているので、もし飛行機が遅延したりスーツケースが紛失しても補償してくれます。

旅行傷害保険の詳細

■三菱UFJカード ゴールドプレステージの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員・家族会員本会員の家族特約
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用200万円200万円
疾病治療費用200万円200万円
賠償責任3,000万円3,000万円
携行品損害(自己負担額3,000円)1旅行につき50万円
保険期間中100万円
1旅行につき50万円
保険期間中100万円
救援者費用等200万円200万円
海外航空機遅延保険
(自動付帯)
乗継遅延費用保険2万円-
出航遅延費用など保険1万円-
寄託手荷物遅延費用保険1万円-
寄託手荷物紛失費用保険2万円-
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高1,000万円
入院日額5,000円日額5,000円
手術入院日額✕5倍、10倍入院日額✕5倍、10倍
通院日額2,000円日額2,000円
国内航空機遅延保険
(利用付帯)

乗継遅延費用保険2万円-
出航遅延費用など保険1万円-
寄託手荷物遅延費用保険1万円-
寄託手荷物紛失費用保険2万円-
国内主要空港ラウンジとハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

三菱UFJカード ゴールドプレステージは国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用することができます

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

嬉しいことに家族会員も同じようにラウンジを利用することができるので、家族旅行の時はそれぞれ三菱UFJカード ゴールドプレステージを持っている必要があるので忘れずにしましょう!

利用するときは、空港ラウンジの受付で三菱UFJカード ゴールドプレステージと搭乗券を提示するだけです。

年間300万円補償で安心ショッピング!

三菱UFJカード ゴールドプレステージにはショッピング保険が年間300万円付帯しています。

海外・国内問わず、三菱UFJカード ゴールドプレステージで買い物した商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故3,000円と負担額少なく、購入日から90日間が補償対象期間となっています。

初年度は国内利用でポイント1.5倍!さらにアメックスなら海外利用でポイント2倍

三菱UFJカード ゴールドプレステージは初年度年会費無料で利用できるゴールドカードですが、実は初年度だけさらにお得になっています!

三菱UFJカード ゴールドプレステージは国内での利用が初年度のみポイント1.5倍となります。

三菱UFJカード ゴールドプレステージの通常1,000ポイントにつき1ポイント付与され1ポイント=5円相当の価値があるため、還元率は0.5%となるので初年度の還元率は0.75%となります。

還元率0.75%と聞くとあまり還元率として良くないように聞こえてきますが、実は月間利用金額に応じてポイントがアップする「グローバルPLUS」とポイントプログラムが採用されています。

1ヶ月の利用が10万円以上であれば還元率がアップし、通常ポイントの1.5倍となるため還元率が0.75%となり、初年度であれば還元率が1.0%となります。

初年度の間に月間利用金額が10万円以上であれば200ポイントが付与されます。

三菱UFJカードで貯まるグローバルポイントは1ポイント=5円相当の価値があるため、1,000円相当の価値あるポイントを獲得することができますよ!

国際ブランドをアメックスを選んだ場合のみ、海外でのショッピング分はポイント2倍となります。

海外へよく行く方であれば、国際ブランドをアメックスにしておくとポイントをしっかり貯めることができます。

基本情報詳細

三菱UFJカード ゴールドプレステージは銀行系クレジットカードなので安心感がある!

最短翌営業日カード発行!初年度年会費無料で年会費優遇で8,000円(税込)にすることができるクレジットカードです。

年会費初年度年会費無料(次年度以降は11,000円(税込))
年会費優遇で8,000円(税込)
発行スピード最短翌営業日発行(Mastercard・VISAのみ)
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
AMERICAN EXPRESS
申込み資格原則として20才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)
ポイント還元率0.5%~1.0%
ポイント名称グローバルポイント
追加カード家族カード
ETCカード
プラスEXカード
銀聯カード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外旅行渡航遅延保険 最高2万円
ショッピング保険 年間300万円
スマホ決済Apple Pay
電子マネー-
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
マイル交換JALマイル

ゴールドカードなのに最短5分3位 三井住友カード ゴールドナンバーレス

ゴールドカードなのに最短5分で発行可能 画像:三井住友カード ゴールド(NL)(https://www.smbc-card.com/nyukai/card/gold-numberless.jsp)

三井住友カード ゴールド(NL)の特徴

  • 年間100万円利用でずっと年会費無料!
  • ゴールドカードなのに最短5分で審査完了!すぐに使える!
  • セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでタッチ決済・コンタクトレス利用で高還元率の5.0%!
  • 家族ポイントで還元率が最大10.0%に!
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円
  • 国内主要空港ラウンジが無料!
  • ショッピング補償が年間300万円まで補償
  • 選べる3店でいつでも還元率1.0%
  • Vポイントアプリで1ポイント=1円で利用できる

三井住友カード ゴールド(NL)は、なんと最短5分後からクレジットカードを利用可能なゴールドカードです。

通常、ゴールドカードとなると審査が厳しくなるため審査時間が必要になる場合もあり、すぐに審査結果が出ないことが多い中、三井住友カード ゴールド(NL)であれば最短5分となっています!

しかも、Apple Pay、Google Payの設定が完了すればいろんなお店で利用することもできちゃいます。

三井住友カード ゴールド(NL)のNLはNumber Lessの頭文字で、Number Less=ナンバーレスとなり券面にカード番号が記載されていません!

三井住友カードのセキュリティは、もともと高いことで有名ですが三井住友カード ゴールド(NL)によりさらに堅城鉄壁なクレジットカードになったと言えます。

セキュリティがアップした上に、なんとセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでタッチ決済を利用すると驚異の還元率最大5.0%となります!

もちろん、ゴールドカードらしく国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内主要空港ラウンジが無料、ショッピング補償が年間300万円までが付帯しています。

しっかりポイントを貯めることができ、付帯サービスも充実していながら、年間利用金額が100万円を1回でも達成すれば翌年以降ずっと年会費無料となります!

月々約83,333円と、そこまで難しい条件ではないので、ほとんどの方がクリアできる年会費優遇です!

\最大8,000円相当プレゼント中/

三井住友カード ゴールド(NL)公式サイト

こんな方におすすめ!

  • 今すぐクレジットカードを利用したい方
  • コンビニとマクドナルドの利用が多い方
  • 家族で三井住友カードを作る予定がある方
  • クレジットカードのセキュリティに不安がある方

三井住友カード ゴールド(NL)の審査申込み資格と詳細

画像:三井住友カード ゴールド(NL)(https://www.smbc-card.com/nyukai/card/gold-numberless.jsp)

三井住友カード ゴールド(NL)の審査申込み基準

三井住友カード ゴールド(NL)の審査申込み基準は「原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方※ゴールド独自の審査基準により発行させていただきます。となっています。

三井住友カード ゴールド(NL)は本人に安定継続収入がある方となっているため、学生や専業主婦の方は申込むことができません。

実際の申込み画面でも、職業を選ぶ欄には「会社員・会社役員の方、公務員の方、医師・弁護士・公認会計士・司法書士・税理士・一級建築士・大学教授の方、自営業・自由業の方(不動産収入のある方を含む)、年金受給されている方」の中から選ぶことになっています。

そのため、パート・アルバイトの方も残念ながら申込むことができません。

会社員の方であれば、もちろん申込むことが可能で、最短5分で審査が完了後、電話認証が完了すればすぐに利用することが可能になります!

三井住友カードの公式アプリ「Vpass」をダウンロードし登録することで、すぐにカード番号を確認することができる上に、Apple Pay、Google Payを設定することで街中のお店でも利用することができますよ!

学生、専業主婦・主夫、パート、アルバイトの方であれば三井住友カード(NL)であれば申込むことができますよ!

\最大8,000円相当プレゼント中/

三井住友カード ゴールド(NL)公式サイト

ゴールドカードの付帯サービス!

三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円利用するだけで、ずっと年会費無料にすることができるコスパ高のクレジットカードです。

ゴールドカードらしく付帯サービスもしっかりとしています。

国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円

三井住友カード ゴールド(NL)は、国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円が付帯しています。

2022年4月16日以降は利用付帯となるため、旅行代金を三井住友カード ゴールド(NL)で支払った場合、補償対象となります。

旅行傷害保険

■三井住友カード ゴールド(NL)の国内・海外旅行傷害保険(2022年4月15日まで)
保険の種類保険項目保険金額
海外旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))
傷害死亡・後遺障害合計最高2,000万円
自動付帯300万円
利用付帯1,700万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
損害賠償2,500万円
携行品損害(自己負担額3,000円)
1旅行中かつ1年間の限度額
20万円
救援者費用150万円
国内旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))
傷害死亡・後遺障害合計最高2,000万円
自動付帯300万円
利用付帯1,700万円
■三井住友カード ゴールド(NL)の国内・海外旅行傷害保険(2022年4月16日以降)
保険の種類保険項目保険金額
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用100万円
疾病治療費用100万円
損害賠償2,500万円
携行品損害(自己負担3,000円)
1旅行中かつ1年間の限度額
20万円
救援者費用150万円
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
ショッピング補償が年間300万円だから安心ショッピング!

三井住友カード ゴールド(NL)にはショッピング補償としてお買物安心保険が年間300万円付帯しています。

海外・国内問わず、三井住友カード ゴールド(NL)で買い物した商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故3,000円と負担額も少ない上に、購入日の翌日から200日間が補償対象期間となっており、他のクレジットカードでは90日がほとんどなので、かなり手厚い補償内容と言えます!

国内主要空港ラウンジとハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

三井住友カード ゴールド(NL)はゴールドカードなので、空港にあるラウンジを無料で利用することが可能です。

三井住友カード ゴールド(NL)は国内主要空港ラウンジだけではなく、ハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジも無料で利用することができます。

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

利用するときは、空港ラウンジの受付で三井住友カード ゴールド(NL)と搭乗券を提示するだけです。

普段からスマホ決済してない方はラウンジ利用時はプラスチックカードが必要となるので、忘れずに持っていくようにしてください。

コンビニ3社とマクドナルドで最大5.0%還元

タッチ決済の併用で最大5%還元
画像:三井住友カード(https://www.smbc-card.com/nyukai/numberless/index.html)

三井住友カード ゴールド(NL)は、毎日利用しているといっても過言ではないコンビニのセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンとマクドナルドの店頭で三井住友カード ゴールド(NL)を利用すると、なんとポイント最大5倍となり還元率が2.5%となります。

さらにタッチ決済で利用するとプラス2.5%が追加されて最大5.0%の還元になりますよ!

大手3社とマクドナルドでタッチ決済するだけで合計5.0%還元率となるため、すぐ近くにある大手3社以外のコンビニは利用せずに少し離れていてもセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのどこかで買い物するとお得になりますよ。

\最大8,000円相当プレゼント中/

三井住友カード ゴールド(NL)公式サイト

家族ポイント最大+5.0%で最大還元率が10.0%に!
家族の登録で最大10.0%
家族を登録すると最大+5.0%!画像:三井住友カード ゴールド(NL)(https://www.smbc-card.com/nyukai/card/gold-numberless.jsp)

クレジットカードは、通常、本会員カードとは別に家族カードを発行することが可能で、三井住友カード ゴールド(NL)も家族カードを発行することができます。

ただし、三井住友カードは家族カードを作成するより、家族それぞれが三井住友カードの本会員になると還元率がアップする「家族ポイント」と呼ばれるサービスがを開始しています。

家族ポイントとは、二等親内の家族が対象で本会員同士を登録することにより、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでの利用することに登録した人数に応じてポイントが増えちゃいます!

例えば、両親は三井住友カード ゴールド(NL)と子供が三井住友カード(NL)の本会員になり、家族ポイントに登録した場合+2.0%分が家族ポイントとして加算されます!

つまり、コンビニ大手3社、マクドナルドでタッチ決済をした場合、家族ポイント+2.0%となるため、還元率が7.0%になっちゃいます!

家族ポイントは最大+5.0%となるため、コンビニ大手3社とマクドナルドでタッチ決済をした場合、最大還元率は10.0%となります。

家族ポイントに登録できるのは、最大9人までの二等親内の家族となりますが、家族ポイントは最大+5.0%となります。

家族カードは家族ポイント登録の対象外となるため、家族カードを発行するよりは家族の方も三井住友カード ゴールド(NL)や三井住友カード(NL)を申込みした方が、ポイントをしっかり貯めることができますよ!

\最大8,000円相当プレゼント中/

三井住友カード ゴールド(NL)公式サイト

基本情報

三井住友カード ゴールド(NL)は券面にカード番号の記載がない安全なクレジットカード

驚異の最短5分発行!国内・海外旅行傷害保険が最高2,000万円が付いてくる話題のクレジットカードです。

年会費5,500円(税込)
※年間100万円利用で翌年以降ずっと年会費無料
発行スピード最短5分でカード番号発行
国際ブランドVISA
Mastercard
申込み資格満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
※ゴールド独自の審査基準により発行
ポイント還元率1.0%~5.0%
ポイント名称Vポイント
追加カード家族カード
ETCカード
銀聯カード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円
国内旅行傷害保険 最高2,000万円
ショッピング補償 年間300万円
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
電子マネーiD
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル

毎年継続すれば18,000円相当が毎年貰える!4位 アメックス・ゴールド

アメックス・ゴールドの券面
見た目もかっこいいアメックス・ゴールド 画像:americanexpress(https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/gold-card/)

アメックス・ゴールドの特徴

  • 家族カード1枚無料
  • 継続で毎年スターバックスのドリンクチケット3,000円分プレゼント
  • 継続で毎年ザ・ホテル・コレクションで使える15,000円クーポンプレゼント
  • アメックス独自の審査システム!
  • 高級レストランや老舗和食などのコース2名で1名無料
  • 国内主要空港ラウンジが同伴者1名まで無料
  • 海外の空港ラウンジが年2回まで無料
  • 海外手荷物宅配サービスが往復1個まで無料
  • 付帯保険が豊富!
アメックスは付帯するサービスが豊富

数あるクレジットカードの中で付帯している保険の豊富さがNo.1ともいえるのがアメックスです!

いろいろな保険が付帯しているため、アメックスはお財布に入れておきたい1枚です。

アメックスのゴールドカードといえば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、アメックス・ゴールド)です。

アメックスゴールドは家族カードが1枚無料

アメックス・ゴールドの年会費は31,900円(税込)と他のゴールドカードと比べると高めの年会費となりますが、家族カード1枚まで無料で発行することができます。

つまり、家族2名で持てば1人当たり15,950円(税込)でアメックス・ゴールドを手にすることができます。

さらに、アメックス・ゴールドを更新すると、スターバックスのドリンクチケット3,000円分とザ・ホテル・コレクション・国内クーポン15,000円分が毎年プレゼントされます。

国内旅行はタイミングなどで利用する機会はそれぞれですが、スターバックスのドリンクチケットはどなたでも利用できるので、すごく活用できるプレゼントとなっています。

なんと言ってもアメックスは他のクレジットカード会社と違い、独自の審査システムを採用しているため、過去ではなく現在の収入状況などを重点的にみてくれますよ!

\合計40,000ポイント獲得可能/

アメックス・ゴールド公式サイト

こんな方におすすめ!

  • 家族でクレジットカードを探している方
  • 外食をするのが好きな方
  • 旅行・出張が多い方
  • 豊富な付帯保険が欲しい方
  • 過去に問題があっても今は安定した収入がある方

アメックス・ゴールドの審査申込み資格と詳細

アメックスは海外資本だから独自審査が特徴 審査が不安な方におすすめ

アメックス・ゴールドの審査申込み基準

アメックス・ゴールドの審査申込み基準は「満20歳以上の安定した収入がある方」となっています。

アメックスのクレジットカードには審査申込み基準が公式サイトに一切書かれてないため、実は実態が分からないのが正解です。

ただし、申込み画面で年齢を入れる際に、注意書きとして「申込基準:20歳以上」と出てくるためです。

ただ、アメックスは独自の審査システムを導入しているため、審査に通りやすいと言われていますが、パートやアルバイトの方は申込むことができないのである程度の収入が必要になってきます。

アメックスの審査の凄いところは、最短60秒で審査状況を教えてくれますよ!

豊富な付帯サービス!

アメックス・ゴールドの付帯サービスはあまりにも豊富にあり過ぎて簡単にはまとめることができないぐらいに付帯サービスが充実しています。

確かにゴールドカードとしては年会費は高い方ですが、付帯サービスを見ると納得できる年会費となっています。

継続特典で毎年18,000円相当が貰える

アメックス・ゴールドの最大の魅力は更新するだけで継続特典として毎年18,000円相当がプレゼントされるところです!

年会費が31,900円(税込)なので継続特典の18,000円相当を差し引くと2年目の年会費は実質13,900円となり半額以下でアメックス・ゴールドを維持することができます。

家族カード1名までは無料なので、実質1名6,950円と驚きの年会費となります!

スターバックスのドリンクチケット3,000円分
画像:Starbucks eGift(https://gift.starbucks.co.jp/)

アメックス・ゴールドを更新すると毎年スターバックスのドリンクチケット500円分を6枚合計で3,000円分を貰うことができます。

アメックス・ゴールドの年会費請求月の約3ヶ月後、オンライン・サービスのメニューに表示される「スターバックス特典」のリンクをクリックし利用条件を同意後、約6週間後に登録Eメールアドレスにスターバックスドリンクチケットの受取り用リンクが届きます。

有効期限は受取り用リンクの配信日から4ヶ月後の末日となっており、ドリンクチケット1枚につきスターバックスのドリンクを1つ利用することができます。

ドリンクチケット500円を利用後、超える料金はスターバックスカードや現金、クレジットカードでの支払いが可能です。

スターバックスのドリンクチケット3,000円分は利用しやすいので、継続特典として魅力的です。

\合計40,000ポイント獲得可能/

アメックス・ゴールド公式サイト

15,000円分のザ・ホテル・コレクション・国内クーポン
画像:THE HOTEL COLLECTION(https://hotel-booking.americanexpress.com/)

アメックス・ゴールドは2連泊以上の予約から利用できるザ・ホテル・コレクションがあり、600を超えるホテルやリゾートで利用できる優待があります。

アメックス・ゴールドを更新すると毎年ザ・ホテル・コレクションで利用できる国内クーポン15,000円分がプレゼントされます。

利用できる対象ホテルは決まっていますが、帝国ホテル東京、ハイアットリージェンシー京都、ANAインターコンチネンタル東京など名だたるホテルで利用することができます。

アメックス・ゴールド更新月から約3ヶ月後に郵送でクーポンが届くので、あとはザ・ホテル・コレクションで対象のホテルを予約するだけです。

ホテル予約時に必ず「現地ホテルで支払う」ことと「施設へのご要望(任意)」のところに、クーポン表面に記載されているクーポンコードを入力するだけとなっています。

あとはチェックイン時にアメックス・ゴールド提示とクーポンを提出すると15,000円分のクーポンとして利用することができます。

アメックス・ゴールドはザ・ホテル・コレクションの通常特典として、100米ドル相当のホテルクレジット、お部屋のアップグレードも併用できるので、15,000円のクーポンと100米ドルのホテルクレジットを併用で、かなりお得に宿泊することができます。

ゴールド・ダイニング by 招待日和でコース1名分無料
画像:招待日和 RISTORANTE CANOFILO(カノフィーロ)(https://www.syotaibiyori.com/)

アメックス・ゴールドは、国内外約250店舗のレストランの所定のコースを2名以上の利用で1名分が無料になります。

対象レストランも、和食、イタリアン、フレンチ、中華と多彩なお店があり、格式高いお店からカジュアルなお店と幅広く用意されています。

アメックス会員のオンラインサービスにログイン後、「ゴールド・ダイニングby招待日和」のサイトからの予約することで1名分が無料となります。

国内旅行傷害保険が最高5,000万円・海外旅行傷害保険が最高1億円!

アメックス・ゴールドは国内旅行傷害保険が最高5,000万円、海外旅行傷害保険が最高1億円付帯しています。

国内・海外とも利用付帯となっており、旅行代金をアメックス・ゴールドで決済した場合に保険対象となります。

アメックス・ゴールドの海外旅行傷害保険には家族特約も付帯しているので、18歳未満の家族カードを発行できないお子さんなどと家族旅行に行くときも安心です。

なお、家族会員の海外旅行傷害保険は少し金額が下がり最高5,000万円となりますが、一番利用する傷害・疾病治療費用は本会員と同じく300万円となっているので、しっかりとした補償内容と言えます。

本会員のみとなりますが、海外旅行時の航空便遅延費用補償も付帯しているので、もし飛行機が遅延したりスーツケースが紛失しても補償してくれます。

国内旅行傷害保険は家族会員も同じく最高5,000万円となっていてます。

他のクレジットカードの場合、国内旅行傷害保険には家族特約が付いてないのがほとんどですが、アメックス・ゴールドは国内旅行傷害保険にも家族特約が付帯しています。

\合計40,000ポイント獲得可能/

アメックス・ゴールド公式サイト

アメックス・ゴールドの旅行傷害保険

■アメックス・ゴールドの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員家族会員本会員・家族会員の家族特約
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高5,000万円最高1,000万円
傷害治療費用300万円300万円200万円
疾病治療費用300万円300万円200万円
賠償責任4,000万円4,000万円4,000万円
携行品損害50万円50万円50万円
救援者費用等400万円400万円300万円
海外航空機遅延保険
(利用付帯)
乗継遅延/出航遅延/欠航/搭乗不能費用2万円--
受託手荷物遅延費用2万円--
受託手荷物紛失費用4万円--
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円最高5,000万円最高1,000万円
プライオリティ・パスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジが無料に!
ロゴ:PRIORITY PASS(https://www.prioritypass.com/ja)

アメックス・ゴールド会員は家族会員も含めてプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

プライオリティ・パスは3つの会員プランがあり、会員プランによってラウンジ利用時に有料となりますが、アメックス・ゴールドのプライオリティ・パスの会員プランはスタンダード会員となり、本来であれば年会費99米ドルが必要になるプランとなります。

通常のスタンダードプランの場合は利用するたびに32米ドルが必要になりますが、アメックス・ゴールド会員は年間2回までは世界1,300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

プライオリティ・パスは自動発行ではないため、必ずプライオリティ・パスの発行の申込みをオンラインサービスの「登録制パートナー特典一覧」から行うようにしてください。

申込み後、約4~6週間程度でプライオリティ・パスのカードが届きます。

実際、利用する際は空港ラウンジでプライオリティ・パスと搭乗券を提示することで2までは無料で利用することができ、この時はアメックス・ゴールドは出す必要はありません。

家族会員もプライオリティ・パスを発行できるので、家族旅行も安心です!

なお、3回目以降は1回利用ごとに32米ドルを支払うとラウンジを利用することができます。

国内主要空港ラウンジとハワイの空港ラウンジを同伴者も無料で利用できる

アメックス・ゴールドはプライオリティ・パスを発行できるので、国内の空港もプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジもあります。

しかしアメックス・ゴールドは国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港を回数制限なしで無料で利用することができます。

通常であれば、家族会員も同じ付帯内容で空港ラウンジが無料で利用できるまでですが、なんとアメックス・ゴールドは同伴者1名まで空港ラウンジを無料で利用することができます!

つまり、家族会員もいれば各同伴者1名まで無料で利用できるので合計で4名まで無料で利用することが可能です!

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

利用するときは、空港ラウンジの受付でアメックス・ゴールドと搭乗券を提示するだけです。

往復1個まで手荷物を無料で送れる!
往復で使える!

海外旅行に行くときに国内線乗り継ぎなどがあると大きな荷物があると出発前からクタクタに疲れてしまいます。

帰国時は長時間のフライトに行きより増えてしまう荷物を受取り、げんなりしていまう方もいるかと思いますが、アメックス・ゴールドは行きも帰りも手荷物を1個まで無料で手荷物宅配サービスを利用することができます。

長時間のフライトで疲れているときに大きな荷物を持ったまま国内の移動を考えると家に着くまでに本当に疲れ切ってしまいます。

アメックス・ゴールド会員であれば、成田国際空港、東京国際空港(第3ターミナル)、関西国際空港、中部国際空港であれば、行きも帰りも指定の場所に往復で1個まで無料で利用することができます。

もちろん、家族会員も利用可能なので、家族旅行であれば2個まで無料で利用することができます。

復路のみなど指定が多い中、行きも帰りも利用できるので少し荷物が多くなっても安心していくことができます。

充実の付帯保険

アメックス・ゴールドは付帯サービスが多くすべてを紹介することができないほどです。

他には以下の保険が付帯しています。

  • スマートフォン・プロテクション 年間最大5万円
    直近3回連続して電話料金をアメックス・ゴールドで支払っていたスマートフォンを破損による損害補償
  • ショッピング・プロテクション 年間最高500万円
    国内、海外問わずアメックス・ゴールドで支払った商品が破損・盗難などの損害補償
  • キャンセル・プロテクション 年間最大10万円
    旅行やコンサートなど行けなくなった場合のキャンセル費用などの損害補償
  • リターン・プロテクション
    アメックス・ゴールドで購入した商品が未使用でお店に返品できない場合、購入金額を補償
  • オンライン・プロテクション
    オンラインショッピングの不正利用されたときの利用金額の補償
専門知識のあるソムリエやバイヤーにワインの相談ができる!

ワイン好きに嬉しい特典としてゴールド・ワインクラブを利用することができます。

ゴールド・ワインクラブは入手困難な希少価値の高いワインや季節に合わせたおすすめのワインなどを電話で質問や予算に合わせてワイン選びを手伝ってくれます。

ワインの知識がなくても、プレゼント選びなどもワイン専門店のエノテカ・オンラインのソムリエやバイヤーに相談することができるので安心です。

実際に購入する際は、ギフトボックスを無料や11,000円(税込)以上で送料無料の特典を利用することができます。

3年以内に1度でもポイント交換するとポイントが無期限に!

アメックス・ゴールドは100円ににつき1ポイントを貯めることができます。(一部レートが違う加盟店あり)

アメックス・ゴールドの貯まるポイントは通常最大3年間の有効期限となっていますが、有効期限前に1度でもポイント交換をすると最大3年間だった有効期限が無期限になります!

そのため、ポイント失効期限前にポイント交換することをおすすめします。

一度交換してしまったら、その後は好きなだけポイントを貯めることが可能になります。

アメックス・ゴールドのポイントは交換するアイテムにより還元率は変動し0.3%となり、ANAマイルなどに交換するとマイル換算で0.5%の還元率となります。

メンバーシップ・リワード・プラスで1,000ポイント=1,000マイルに交換も可能

メンバーシップ・リワード・プラスに加入でポイント交換のレートがアップ

アメックスにはポイント交換のレートを上げる方法があります!

ポイントアップグレードプログラムの「メンバーシップ・リワード・プラス」に入ると、一度もポイント交換することなくポイントの有効期限がなくなり無期限でポイントを貯めることが可能になります。

年間参加費として3,300円(税込)が必要になりますが、ポイント有効期限がなくなるだけではなく、カード利用代金に充当することも可能で、メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合は、1ポイント=0.3円分しかならないところ、登録すると1ポイント=1円の価値となります。

年間参加費が必要になってきますが、交換する際には登録しておいたほうがレートがよくなりますよ!

アメックス・ゴールドで貯まるポイントはJALマイル、15の提携航空パートナーのマイルにも交換が可能となっています。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録していることで、JALマイルであればマイル換算で0.33%の還元率が0.4%にアップします。

ANAマイルにも交換は可能で、ANAマイルに交換する際は、さらにメンバーシップ・リワードANAコース(年間参加費5,500円(税込))が必要になりますが、マイル換算0.5%が倍の1.0%となり1,000ポイント=1,000マイルに交換可能になります。

年間ポイント上限は40,000ポイントまでとなっているので、年間参加費合計すると8,800円(税込)必要となりますが、交換する際に登録することも可能なので、ずっと年間参加費を支払う必要はありません。

なお、メンバーシップ・リワード・プラス、メンバーシップ・リワードANAコースとも2年目以降は自動更新となるため、必要ないようであれば登録解除を忘れないようにしましょう!

\合計40,000ポイント獲得可能/

アメックス・ゴールド公式サイト

アメックス・ゴールドの基本情報

誰しもがその輝きにあこがれるアメックス・ゴールド

更新すれば毎年18,000円相当のプレゼント!付帯サービスが充実過ぎるクレジットカードです。

年会費31,900円(税込)
発行スピード1~3週間程度
国際ブランドAmerican Express
申込み資格満20歳以上の安定した収入がある方
ポイント還元率0.3%~1.0%
ポイント名称メンバーシップ・リワード
追加カード家族カード
ETCカード
プラスEXカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング・プロテクション 年間500万円
スマートフォン・プロテクション
リターン・プロテクション
キャンセル・プロテクション
オンライン・プロテクション
スマホ決済Apple Pay
電子マネー-
タッチ決済American Expressコンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル
JALマイル
その他14の提携航空パートナーのマイル

海外空港ラウンジが無料になるプライオリティ・パス付帯!5位 楽天プレミアムカード

画像:楽天プレミアムカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/)

楽天プレミアムカードの特徴

  • 1,300ヵ所以上の空港ラウンジが無料になるプライオリティ・パス
  • 国内主要空港ラウンジが無料
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円が自動付帯
  • ショッピング補償が最高300万円
  • 楽天市場がいつでもポイント5倍
  • 誕生月サービスで楽天市場がさらに+1倍
  • 選べるコースの3つが魅力的
楽天プレミアムカード楽天市場で使うとポイント5倍

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円(税込)と楽天カードが年会費無料だけに高く感じてしまいますが、「プレミアム」とついていると名がついているだけに付帯サービスもプレミアムな内容になっているため、誰しもが納得できる年会費となっています。

特に飛行機をよく利用する方であれば利用したいのが空港ラウンジですが、毎回毎回、利用するたびに支払っていたら塵も積もれば山となるで費用も掛かってしまいます。

楽天プレミアムカード会員であれば、国内主要空港ラウンジ、ハワイ、韓国で無料で利用できるうえに、世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスを無料で発行することができます。

そのため、海外旅行や出張などが多い方には重宝する付帯サービスです。

また、国内・海外旅行傷害保険が自動付帯で最高5,000万円も付帯しているので、楽天プレミアムカードを持っているだけで、もしもの時は保険対象となります。

楽天市場での買い物も楽天プレミアムカードで支払うだけで通常のポイント5倍となったり選べるコースと誕生月サービスの併用でなんと最大7倍、還元率が7.0%となっちゃいます!

もちろん、他にも楽天サービスを利用していると楽天市場での買い物が最大15倍になりますよ。

貯まったポイントも楽天市場で利用できるのはもちろん、街中で楽天ポイントのまま1ポイント=1円として利用することができるのでポイントがザクザク貯まっても使い道に困ることは一切ありません。

\5月23日(月)10時まで11,000ポイントプレゼント/

楽天プレミアムカード申込み

こんな方におすすめ!

  • 楽天市場をはじめとする楽天サービスの利用が多い方
  • 国内・海外問わず飛行機をよく利用している方
  • 楽天Pay・楽天Edy・Suicaを使っている方

楽天プレミアムカードの審査申込み資格と詳細

楽天プレミアムカードの申込みは印鑑・免許証不要
画像:楽天プレミアムカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/)

楽天プレミアムカードの審査申込み基準

楽天プレミアムカードの審査申込み基準は、「原則として20歳以上の安定収入のある方」となっています。

楽天プレミアムカードは、「楽天プレミアムカード独自の審査基準により発行」と追記されている通り、通常の楽天カードより厳しくなることは間違いありません。

学生の方や主婦の方でもパートやアルバイトなど安定した収入があれば申込みは可能です。

楽天プレミアムカードの付帯サービス!

楽天カードには楽天ゴールドカードというゴールドカードがありますが、付帯サービスの内容などを加味すると楽天プレミアムカードの付帯サービスの方が優秀です。

付帯サービスが優秀な分、年会費は高くなってしまいますが、納得の付帯サービスとなっています。

ただ、魅力満載な付帯サービスですが、利用しないのであれば宝の持ち腐れとなってしまうので、そんな方は楽天ゴールドカードであればコスパ最強のゴールドカードとなっています。

楽天プレミアムカードの付帯サービスは年会費以上の内容となっているので、楽天プレミアムカードが欲しくなります。

国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円で自動付帯

楽天プレミアムカードは国内・海外旅行傷害保険が最高5,000万円(一部利用付帯)で、なんと自動付帯となります。

自動付帯とは楽天プレミアムカードを持っているだけで保険対象となります。

海外旅行傷害保険は利用付帯1,000万円、自動付帯4,000万円となっていますが、海外旅行傷害保険で一番利用される傷害・疾病治療費用などは自動付帯となるので、旅行代金を楽天プレミアムカードで支払ってなくてもしっかり補償されます。

\5月23日(月)10時まで11,000ポイントプレゼント/

楽天プレミアムカード申込み

楽天プレミアムカードの旅行傷害保険

■楽天プレミアムカードの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員・家族会員
海外旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))
傷害死亡・後遺障害合計最高5,000万円
自動付帯4,000万円
利用付帯1,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任3,000万円
携行品損害
(自己負担額3,000円)
合計50万円
自動付帯30万円
利用付帯20万円
救援者費用等200万円
国内旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
入院日額5,000円
手術入院日額✕倍率
(5倍または10倍)
通院日額3,000円

1万円以上の買い物は楽天プレミアムカードで!年間300万円補償で安心ショッピング!

楽天プレミアムカードには動産総合保険いわゆるショッピング補償が付帯しています。

楽天プレミアムカードの動産総合保険は年間300万円が付帯しています。

海外・国内問わず、楽天プレミアムカードで買い物した1万円以上の商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故3,000円と負担額も少ない上に、購入日から90日間が補償対象期間となっています。

プライオリティ・パスで世界1,300カ所以上の空港ラウンジが無料に!

最上クラスのプレステージ会員のプライオリティパス
画像:楽天プレミアムカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-premium-card/)

楽天プレミアムカードの最大の魅力はプライオリティ・パスを無料で発行することです。

プライオリティ・パスは3つの会員プランがあり、会員プランによってラウンジ利用時に有料となりますが、楽天プレミアムカードのプライオリティ・パスの会員プランは最上クラスのプレステージ会員となり、本来であれば年会費429米ドルが必要になるプランとなります。

プレステージであれば、回数制限なしで世界1,300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

楽天プレミアムカード到着後に、必ずプライオリティ・パスの発行の申込みを楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から行うようにしてください。

自動で発行はされないため、自分から手続きが必要となります。申込み後、約2週間程度でプライオリティ・パスのカードが届きます。

実際、利用する際は空港ラウンジでプライオリティ・パスと搭乗券を提示することで無料で利用することができ、この時は楽天プレミアムカードは出す必要はありません。

残念ながらプライオリティ・パスは本会員のみが発行可能で、家族会員は発行することができません。

国内主要空港ラウンジとハワイ・韓国の空港ラウンジを無料で利用できる

楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスを発行できるので、国内の空港もプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジもあります。

しかし楽天プレミアムカードは国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジと韓国の仁川空港のラウンジを無料で利用することができます。

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

利用するときは、空港ラウンジの受付で楽天プレミアムカードと搭乗券を提示するだけです。

もちろん、家族会員も無料で利用することができるので、各自楽天プレミアムカードを持ってくることで無料で利用することができます。

楽天市場・楽天ブックスでいつでもポイント5倍以上

楽天プレミアムカードは空港ラウンジが無料で使える他にも、魅力的なのがポイント還元率です!

楽天プレミアムカードの基本還元率は1.0%で楽天市場での買い物をすると最大15倍となり楽天ポイントがザクザク貯まります。

通常の楽天カードで楽天市場で買い物するとポイント3倍ですが、楽天プレミアムカードはさらに+2倍となるので確実にポイント5倍となります。

嬉しいことに、楽天市場のみではなく楽天ブックスも同じくポイント5倍となるので、本をよく購入する方にもおすすめです。

なお、楽天市場アプリを使うと5.5倍以上になりますよ!

\5月23日(月)10時まで11,000ポイントプレゼント/

楽天プレミアムカード申込み

3つの優待から選べるサービス

楽天プレミアムカードには、選べるサービスがあり、「楽天市場コース」「トラベルコース」「エンタメコース」の3つから自分のライフスタイルに合わせてコースを選ぶことができます。

選べるコースは、楽天プレミアムカード到着後、楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」にログインすると選ぶことができます。

入会月の翌月末日までに登録しないと「楽天市場コース」が自動的に登録されます。

コース変更も可能ですが、コース選択月を含む6ヶ月間はコースの変更ができないので注意が必要です。

例えば、1月20日にコースを選択した場合は、7月1日からコースの変更をすることが可能です。

楽天市場コースで火・木曜日がポイント6倍

選べるサービスの中で、楽天市場での買い物が多い方であれば「楽天市場コース」がおすすめです。

楽天市場コースは、毎週火曜日と木曜日がプレミアムカードデーとなっていて、楽天市場での買い物がさらに+1倍となるため、毎週火曜と木曜を楽天プレミアムカードで支払いをするとポイント6倍となります。

特別急いでない時や、楽天マラソンやクーポンなどの期限などで急いでない場合は、毎週火曜と木曜と覚えておくとポイント多く貯めることができます。

トラベルコースで楽天トラベル3倍、自宅と空港間の手荷物無料!

選べるサービスの中で、旅行好きの方は「トラベルコースが」がおすすめです。

トラベルコースは、楽天トラベルの決済を楽天プレミアムカードですると、楽天カードでポイント2倍のところ、トラベルコースとして+1倍となりポイント3倍となります。

特に重宝するのは、手荷物宅配サービスで年2回、指定の場所から対象の空港へ手荷物を無料で宅配してくれます。

対象の空港は、成田国際空港、羽田空港国際線、関西国際空港、中部国際空港となります。

年2回なので、1回の旅行で自宅から空港へ、空港から自宅へ利用した場合は、合計で2回となります。

往路だけと決まっているクレジットカードもあるため、往復利用できるのは利用しやすいですね!

利用するときはクーポンが必要になるので、海外旅行・出張が決まった際は早めに申込みをしてクーポンを貰っておく必要があります。

エンタメコースは楽天ブックス・Rakuten TVが+1倍

選べるサービスの中で、本やおうち時間を楽しみたい方には「エンタメコース」がおすすめです。

エンタメコースは、Rakuten TVと楽天ブックスがさらに+1倍となります。

誕生月はさらに+1倍

楽天プレミアムカードには「お誕生月サービス」があり、楽天カードからの誕生日プレゼントとして、誕生月は楽天市場、楽天ブックスで楽天プレミアムカードで支払いをするとさらに+1倍となります!

つまり、誕生月に買い物をすると通常のポイント6倍となります!

さらに、選べるサービスと併用することができるので、楽天市場コースを選んでる方であれば、誕生月の毎週火曜・木曜に楽天市場の支払いを楽天プレミアムカードでするとポイント7倍となります!

選べるサービスは6ヶ月後にはコースを変更することが可能なので、うまく変更しながら楽天市場の買い物を楽しみたいところです。

\5月23日(月)10時まで11,000ポイントプレゼント/

楽天プレミアムカード申込み

楽天プレミアムカードの基本情報

楽天プレミアムカードは楽天市場で最低でも5倍のポイントが貯まるクレジットカード

国内・海外旅行傷害保険が自動付帯なので旅行好きにおすすめクレジットカードです。

年会費11,000円(税込)
発行スピード1週間程度
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
AMERICAN EXPRESS
申込み資格原則として20歳以上の安定収入のある方
※楽天プレミアムカード独自の審査基準により発行
ポイント還元率1.0%
ポイント名称楽天ポイント
追加カード家族カード
ETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高5,000万円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
動産総合保険 最高300万円
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
電子マネー楽天Edy
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル

dカード GOLD保有者800万人突破!(2021年4月現在)6位 dカード GOLD

画像:dカード GOLD(https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html)

dカード GOLDの特徴

  • ドコモユーザーは利用料金の10%ポイント還元!
  • 最大10万円のケータイ補償
  • 家族カード1枚無料
  • dカード特約店で最大4.0%の還元率
  • 最短5分で審査結果がでる!
  • d払いとの組み合わせ還元率アップ
  • 海外旅行傷害保険が最高1億円
  • 国内旅行傷害保険が最高5,000万円
  • 国内航空便遅延費用が最高2万円
  • 国内空港ラウンジが無料
  • お買い物あんしん保険で最高300万円
dカード GOLD会員数は800万人を突破
画像:dカード GOLD(https://d-card.jp/)

800万人を突破し、すごい勢いで会員数を増やしているのがdカード GOLDです。

dカード GOLDの年会費は11,000円(税込)と高いにも関わらず、会員数がどんどん増えているのにはドコモユーザーからの熱い支持があるからこそです。

dカード GOLDはドコモユーザーが得するクレジットカードとなっており、ドコモ通信料金の1,000円(税別)につきポイント還元が10%となっています!

さらに、ドコモでんきを利用している方であれば、ドコモでんきGreenのでんき料金100円(税別)ごとに10%がポイント還元します。

普段の買い物でも、どこのお店で利用しても通常の還元率が1.0%なうえに、dカード特約店で利用すると最大4.0%の還元率となります。

特約店にはどなたでも利用しやすいマツモトキヨシ、メルカリ、スターバックスカードのへのチャージなどがありますよ!

さらに、dカード GOLDといえばd払いでd払いと組み合わせることで還元率が1.5%にアップします!

dカード GOLDを利用して貯まるdポイントは、dポイント加盟店でdカードもしくはdポイントカードを提示するとさらにポイントを貯めることができ、d払いのできるお店であればdポイントの3重取りとなります。

マツモトキヨシのようにオリジナルのポイントカードがあれば、さらにポイントを貯めることもできますよ!

画像:dカード GOLD(https://d-card.jp/)

d払いは街中以外でもネットでの支払いも可能で、+1.0%となり合計で2.0%の還元率となります。

もちろんゴールドカードなので付帯サービスも充実しており、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円付帯、国内・ハワイの主要空港ラウンジが無料、お買物あんしん保険が年間300万付帯しています。

さらに、年間利用金額に応じてドコモグループで利用できるクーポンがプレゼントされるので、利用しているサービスがあればお得に買い物することができますよ!

\最大22,000ポイントプレゼント中/

dカード GOLD公式サイト

こんな方におすすめ!

  • ドコモユーザーの方
  • d払いを利用している方
  • 街中でdポイントを貯めてる方
  • 急いで審査を結果を知りたい方

dカード GOLDは最短5分で審査完了!dカード GOLDの審査申込み資格

画像:dカード GOLD(https://d-card.jp/st/abouts/d-cardgoldapply.html)

dカード GOLDの審査申込み基準

dカード GOLDの審査申込み基準は、「満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること」です。

dカード GOLDは、年会費が11,000円(税込)するため、審査申込み基準にも収入について記載があり、本人名義の口座を支払い口座にする必要があります。

dカード GOLDの凄いところは、ゴールドカードにも関わらず、最短5分で審査が完了する場合もあるので、あっという間に審査結果がでますよ!

ドコモユーザーが得する!10%の高還元率!

ドコモユーザーであれば、dカード GOLDを持ってないと損しちゃいます!

家族カード1名分は無料で発行

dカード GOLDの年会費は11,000円(税込)ですが、家族カード1名分は無料で発行することができるので、本会員と家族会員1名の2名分を年会費11,000円(税込)だけとなります。

つまり一人当たりのコストが5,500円(税込)になり、特に家族でドコモユーザーであればどんどんポイントを貯めることができるので、おすすめです。

dカード GOLD限定の特典として毎月のドコモのケータイ料金と「ドコモでんき」の利用料金の10%がdポイントとして付与されます!

毎月の利用金額1,000円(税別)につき10%となるため、毎月のケータイ料金が8,000円(税別)であれば、毎月800ポイント年間で9,600ポイントとなります。

また、家族会員もドコモユーザーであれば家族会員もケータイ料金の10%となるため、年間で19,200ポイント貯まるので年会費をペイできちゃいます!

ドコモ・ahamoユーザーで対象の料金プランを契約しドコモでんきを契約されている場合はドコモでんきGreenのでんき料金、100円(税別)についき10ポイントが付与されます。

つまり、ドコモサービスを利用すればするほどdポイントがどんどん貯まっていきます。

なお、ケータイ料金の10%ポイント還元にはケータイ購入代金、ドコモ払い、コンテンツ使用料など対象外となる料金もあるので、毎月の支払っている金額ではありません。

ドコモケータイ料金10%還元対象となるのは、基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料、ドコモ光使用料、ドコモ月額課金サービス、ユニバーサルサービス料となっています。

なおケータイ料金すべて10%になると思って、ドコモ払いなどにしてしても対象となりません。

d払いで支払いが可能なお店はd払い、d払いが利用できないお店はdカード GOLDで支払うの一番ポイントしっかり貯めることができます!

\最大22,000ポイントプレゼント中/

dカード GOLD公式サイト

【裏技!?】ドコモケータイ料金は別のカードでポイント2重取り!

ドコモのケータイ料金が10%ポイント還元はdカード GOLDに対象となるドコモの携帯電話番号を登録するだけで対象となります。

つまり、ケータイ料金の支払いを口座引落しにしていた場合は、支払い方法など変更する必要がありません!

なので、もし他にクレジットカードを持っている場合は、ケータイ料金は別のクレジットカードで支払うことで、dカード GOLDで10%と別のクレジットカードのポイントの2重取りが可能になります!

ahamoユーザも還元率10%!

ドコモケータイ料金10%還元はドコモユーザーのみとなっていますが、ahamoユーザーにもdカード GOLDの10%還元が用意されています。

ahamoユーザーは、dカード GOLD利用金額の100円(税込)につい10ポイントの10%還元となり、毎月上限が300ポイントとなっています。

つまり、毎月3,000円(税込)分までが10%還元されることになります。

なお、ahamoユーザーもドコモでんき利用金10%は対象となります。

ドコモユーザーに比べると10%還元の恩恵は少なりますが、まったくないわけではないので、ahamoユーザーもdカード GOLDはおすすめです。

ゴールドカードの付帯サービス!

dカード GOLDの年会費11,000円(税込)としますが、家族カード1名無料なうえにドコモユーザーであれば、ケータイ・ドコモ光・ドコモでんき料金で10%ポイント還元となるため、ほとんどの方が年会費をペイできる方が多い魅力的な1枚です。

もちろん、しっかりしたゴールドカードのサービスが付帯しているので、ドコモユーザーであれば持っておきたいところです。

最大10万円分のケータイ補償が3年間!

dカード GOLDにはdカードケータイ補償が最大10万円付帯しています。

今使っているスマートフォンが購入してから3年以内に偶然の事故で紛失・盗難または修理ができないとなり、前回と全く同じスマートフォンをドコモショップでdカード GOLDで購入した場合、最大10万円補償してくれます。

補償は新しく購入したスマートフォンの端末代金もしくは分割などにした場合は、頭金と事務手数料となります。

もし、まったく同じ機種、カラーがない場合は、ドコモ指定の端末を購入すれば補償対象となります。

dカード GOLD利用代金から補償金額が差し引かれて補償されますが、利用代金が補償金額に満たない場合は、差額分が引落し口座へ振込されます。

スマートフォンが壊れたり紛失することは、できるだけ起きてほしくないですが、最大10万円補償となるのでもしもの時は安心です。

年間利用金額に応じた選べるクーポンプレゼント
dカード GOLDをたくさん使うとクーポンがもらえる

dカード GOLDの前年の年間利用合計金額が、100万円(税込)以上で11,000円相当、200万円(税込)以上で22,000円相当のクーポンを貰うことができます。

クーポンは、ドコモグループサービスである、ケータイ購入割引クーポン、dファッションクーポン、dショッピング、dミールキット、dブック、メルカリなどで利用できるクーポンを選ぶことができます。

年間100万円以上と聞くと、そんなに利用することはないと思われるかもしれませんが、月々に換算すると約83,333円となるため、難しい条件ではありません。

しかも、税込金額での累計金額となるので税込か税別なのかは大きな違いになってきます。

年間200万以上となると月に約166,666円となってくるので、クリアできる方は限られてくるかもしれませんが、22,000円相当のクーポンプレゼントは魅力的です。

特典達成できるとダイレクトメールが届くので、ダイレクトメールに記載されている専用ページから特典を申込みすることができます。

\最大22,000ポイントプレゼント中/

dカード GOLD公式サイト

海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円

dカード GOLDは海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円付帯しています。

特に、海外旅行傷害保険は自動付帯となっているので、dカード GOLDで旅行代金を支払ってなくても補償してくれます。(一部利用付帯あり)

さらに、家族会員もまった同じ補償内容となるので、家族旅行も安心していくことができます。

さらに、海外旅行傷害保険には家族特約が付いており、本会員のお子さんなどがケガや病気をした場合も補償してくれます。

本会員・家族会員とも、国内・海外旅行時の航空便遅延費用補償も付帯しているので、もし飛行機が遅延したりスーツケースが紛失しても補償してくれます。

dカード GOLDの旅行傷害保険

■dカード GOLDの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員・家族会員本会員の家族特約
海外旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))
傷害死亡合計最高1億円最高1,000万円
自動付帯5,000万円1,000万円
利用付帯5,000万円-
傷害後遺障害合計400万円~1億円40万円~1,000万円
自動付帯200万円~5,000万円40万円~1,000万円
利用付帯200万円~5,000万円-
傷害治療費用300万円50万円
疾病治療費用300万円50万円
賠償責任5,000万円1,000万円
携行品損害(自己負担額3,000円)最高50万円
盗難時30万円
15万円
救援者費用等500万円50万円
海外航空機遅延保険
(自動付帯)
いずれか高い金額
宿泊施設の客室料3万円
交通費or旅行サービス取消料1万円
食事代5,000円
手荷物遅延3万円
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡最高5,000万円-
傷害後遺障害200万円~5,000万円-
入院日額5,000円-
手術入院日額✕5倍、10倍-
通院日額3,000円-
国内航空機遅延保険
(利用付帯)

乗継遅延による宿泊・食事費用2万円-
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円-
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円-
出航遅延・欠航による食事費用1万円-
国内主要空港ラウンジとハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

dカード GOLDは国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料で利用することができます

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

嬉しいことに家族会員も同じようにラウンジを利用することができるので、家族旅行の時はそれぞれdカード GOLDを持っている必要があるので忘れずにしましょう!

利用するときは、空港ラウンジの受付でdカード GOLDと搭乗券を提示するだけです。

年間300万円補償で安心ショッピング!

dカード GOLDにはお買物あんしん保険が年間300万円付帯しています。

海外・国内問わず、dカード GOLDで買い物した商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故3,000円と負担額少なく、購入日から90日間が補償対象期間となっています。

d払いとdカード GOLDの組み合わせでポイントアップ

d払いとdカードの組み合わせでポイントアップ
画像:d払い(https://nttdocomo-ssw.com/)

dカード GOLDは、クレジット払いをすると還元率が1.0%でクレジットカードとしては還元率は悪い方ではありません!

でも、せっかく貯めるのであれば、もっと貯めたいですよね!dポイントを効率的に貯めるには、dカード GOLDとd払いの組み合わせです。

d払いはドコモのスマホ決済サービスで、支払い方法を「電話料金合算払い」「d払い残高からのお支払い」「クレジットカード」と選ぶことができます。

電話料金合算払いは、ドコモユーザーのみとなり、電話料金の引落しを銀行口座にしていた場合は、d払いでのポイント0.5%分しか貯めることができません。

2.5%が常に貯まる

d払いの紐付けをdカード GOLDにすることで、d払い利用時に0.5%、dカード GOLDの請求時に1.0%となり合計で1.5%の還元率となります。

さらに、d払いはインターネットでの支払いも可能なお店もあり、d払いはインターネットでは2倍となり1.0%と、dカード GOLD請求時の1.0%で合計2.0%の還元率となります。

d払いができるところであれば、dカード GOLDで設定したd払いがおすすめです!

さらにdポイントはdポイントカード提示でもポイントを貯めることができるので、お店によって異なりますが100円につき1ポイントが貯まるお店であれば還元率は最大で2.5%となりますよ!

もともと、d払いをしていた方は、d払いの支払い方法をdカード GOLDに変更するだけで、還元率が0.5%から最大2.5%になるため、dカード GOLDを持ってないというだけで最大2.0%分も損していることになります。

もし、d払いができないお店でiDが利用できる場合は、d払いにはd払い(iD)もあるので、d払いのアプリ上でiDの設定を忘れずにしておきましょう!

注意点

d払い(iD)が利用できるのはAndroidのスマートフォンのみとなっており、iPhoneの方は利用できません。

\最大22,000ポイントプレゼント中/

dカード GOLD公式サイト

dカード GOLDの基本情報

ドコモユーザーはケータイ利用料金の10%と高還元!

ケータイ補償が最大10万円!ゴールドカードにも関わらず最短5分でスピード発行できるクレジットカードです。

年会費11,000円(税込)
発行スピード最短5分審査完了
国際ブランドVISA
Mastercard
申込み資格満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
ポイント還元率1.0%~4.0%
ポイント名称dポイント
追加カード家族カード
ETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外航空便遅延費用 最高3万円
お買物あんしん保険 年間300万円
dカードケータイ補償 年間最大10万円 
スマホ決済Apple Pay
電子マネーiD
タッチ決済Visaタッチ決済
マイル交換JALマイル

クレジットカード界の重鎮7位 ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの特徴

  • 27歳以上から申込み可能
  • Mastercardのコンパニオンカードが無料で発行できる!
  • 利用可能枠に一律の制限なし
  • 高級レストランや老舗和食などのコース2名で1名無料
  • 国内・海外の空港ラウンジが無料!
  • 海外旅行帰国後、空港から自宅への手荷物宅配サービス年間2個まで無料
  • 国内・海外旅行傷害保険が最高1億円
  • ショッピング・リカバリーが年間500万円
  • ポイント有効期限なし
  • ビジネスアカウントカードの発行が可能
ダイナースクラブカードはゴールド・プラチナ並みのサービス

クレジットカード界の重鎮とも言えるのが、ダイナースクラブカードです。

Diners Clubは国際ブランドの一つであり、三井住友トラストクラブから発行されているのがダイナースクラブカードです。

クレジットカードには3~4つのクラスを設けているところがほとんどですが、ダイナースクラブは2段階となっており最上階クラスはダイナースクラブプレミアムカードとなっており、なんと自分から申込みできないインビテーション(招待状)制となっており、いわゆるブラックカードとなります。

そのため、ダイナースクラブカードはゴールド・プラチナカード級の付帯サービスとなっており年会費は24,200円(税込)となっています。

ゴールドカードのほとんどは20歳以上の安定収入のある方がほとんどですが、ダイナースクラブカードは他とは違い「年齢27歳以上の方」となっています。

画像:ダイナースクラブカード(https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html)

ただ、国際ブランドDiners Clubは残念なことに世界での決済力の弱さがデメリットでしたが、世界シェアNo.2であるMastercardが利用できるダイナースクラブコンパニオンカードを無料で発行されるため、決済力もカバーできるようになりました。

ダイナースクラブカードの最大の魅力はダイニングに力をいれているところで、エグゼクティブダイニングでは対象のレストランや和食のお店で指定のコースを予約すると2名分の1名が無料になります。

さらに、ダイナースクラブカードはプライオリティ・パスなどの他のカード発行することなく、国内・海外1,000ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用することができます。

ダイナースクラブのブラックカードと言われているダイナースクラブプレミアムカードは、ダイナースクラブカードを持った方にインビテーションが送られてくるので、目指したい方にはダイナースクラブカードは必須のクレジットカードとなります。

\最大10万円キャッシュバック/

ダイナースクラブカード公式サイト

こんな方におすすめ!

  • 27歳以上の方
  • 外食接待をするのが多い方
  • 旅行・出張が多い方
  • ダイナースクラブプレミアムカードを目指している方
  • マイルを貯めている方

ダイナースクラブカードの審査申込み資格と詳細

ダイナースクラブカードの審査申込み基準

ダイナースクラブカードの審査申込み基準は、「年齢27歳以上」となっています。

ダイナースクラブカードの審査申込み基準には年齢の記載しかされていませんが、実際はある程度の安定収入した方が対象となります。

実際の申込み画面の職業欄に学生や主婦、パート・アルバイトはなく、「会社員・会社役員(経営者含む)の方、公務員の方、団体職員の方、自営業・自由業の方、契約・派遣社員の方、医師の方、法曹、公認会計士・税理士の方、その他有国家資格者の方、年金受給されている方、不動産、利子配当による収入がある方」となっています。

ダイナースクラブカードは、どうしても敷居が高いイメージを持ってしまいがちですが、臆することなく申込んでみましょう!

Mastercardが使えるダイナースクラブコンパニオンカード!

ダイナースクラブカードは付帯サービスが優秀なので年会費が高くても納得できるクレジットカードとして定評があります。

ただし、決済力の弱さがあるため海外に多く行く方にはサブカードが必要になってくるため、他のクレジットカードへと流れてました。

決済力の弱さを克服したのがダイナースクラブコンパニオンカードです。ダイナースクラブコンパニオンカードは決済シェアNo.2のMastercardの国際ブランドとなります。

ダイナースクラブカードを発行している三井住友トラストクラブが発行している「TRUST CLUB プラチナ マスターカード」を無料で発行することができます。

しかも、TRUST CLUB プラチナ マスターカードの付帯サービスであるMastercard Taste of Premiumの特典も利用することができます。

それだけではなく、国内を含む世界100ヵ国100万ヵ所以上のホットスポットでグローバルWi-Fiサービスである「boingo」を無料で利用することができます。

エグゼクティブダイニングでコース1名分無料

画像:エグゼクティブ ダイニング 六本木 鯛良(https://www.diners.co.jp/ja/gourmet/executive.html)

ダイナースクラブカードの特徴でもある食のサービスで代表的なのが「エグゼクティブダイニング」です。

エグゼクティブダイニングは対象レストランの所定のコースを2名以上の利用で1名分が無料になります。

対象レストランも、和食、イタリアン、フレンチ、中華と多彩なお店があり、格式高いお店からカジュアルなお店と幅広く用意されています。

格式高いお店だと小さなお子さんはお断りのお店もありますが、検索する際に「小学生以下の子供と」いう検索方法があるので家族でも利用することができます。

もちろん、接待として格式高いお店を選びたい場合は、「接待」という検索方法があります。

エグゼクティブダイニングには2つのプランが用意されており、通常プランであれば2名以上利用で1名分コース料金無料、グループ特別プランであれば6名以上利用で2名分コース料金無料があります。

グループ特別プランはお店によって設定されてない場合もあります。

\最大10万円キャッシュバック/

ダイナースクラブカード公式サイト

プラチナ級の付帯サービス!

ダイナースクラブカードはゴールドカードのワンランク上であるプラチナカード級の付帯サービスとなっています。

確かに年会費は安くはありませんが、付帯サービスを見ると納得できる年会費となっています。

国内・海外旅行傷害保険が最高1億円が付帯

ダイナースクラブカードの国内・海外旅行傷害保険は最高1億円となっています。

海外旅行傷害保険は利用付帯5,000万円、自動付帯5,000万円となっていますが、海外旅行傷害保険で一番利用される傷害・疾病治療費用などは自動付帯となるので、旅行代金をダイナースクラブカードで支払ってなくてもしっかり補償されます。

国内旅行傷害保険は利用付帯となりますが、最高1億円も補償となり国内旅行代金をダイナースクラブカードで支払うだけで、しっかりした補償内容となります。

ダイナースクラブカードは家族カードを年会費5,500円(税込)で発行でき、嬉しいことに国内・海外旅行傷害保険は本会員とまったく同じ補償内容となっています。

ダイナースクラブカードの旅行傷害保険

■ダイナースクラブカードの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員・家族会員

海外旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))

傷害死亡・後遺障害合計最高1億円
自動付帯5,000万円
利用付帯5,000万円
傷害治療費用300万円
疾病治療費用300万円
賠償責任1億円
携行品損害
(自己負担額3,000円)
50万円
救援者費用等300万円
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高1億円
入院日額5,000円
手術入院中:5万円
入院中以外:2.5万円
通院日額3,000円
国内・海外合わせて1,000カ所の空港ラウンジが無料!

ダイナースクラブカードは、国内・海外あわせて1,000ヵ所以上ある空港ラウンジをダイナースクラブカードと搭乗券を提示するだけで無料で利用することができます。

国内の空港ラウンジは他のクレジットカード会社でもカードと搭乗券を提示するだけで利用できますが、海外の空港ラウンジはプライオリティ・パスなど別のサービスを利用することになりますが、ダイナースクラブカードはダイナースクラブのサービスとして利用することができます。

もちろん、家族会員も国内・海外の空港ラウンジを利用することができるので、家族旅行の時も家族会員になれない18歳未満のお子さんの分の追加料金だけでとなります。

国内の空港ラウンジは制限なく、対象の空港ラウンジを利用することができますが、海外の空港ラウンジは年間10回まで無料で利用することができます。

直行便であれば、行きは国内の空港ラウンジしか利用しないので海外の空港ラウンジは帰国の際の1回となるため、年間10回は充分な回数といえます。

乗り継ぎがあった場合は、往復で2回利用することになるので海外に5往復までは無料で利用することができます。

もちろん、本会員、家族会員ごとにカウントされるので、それぞれ年間10回まで無料となります。

11回目からは有料となり、1回につき3,500円(税込)が必要になります。

帰国時に空港からスーツケースを無料で送れる!

ダイナースクラブカードは、海外からの帰国した際に対象の空港から指定の場所まで年間2個まで手荷物を無料で宅配することができます。

長時間のフライトで疲れているときに大きな荷物を持ったまま国内の移動を考えると家に着くまでに本当に疲れ切ってしまいます。

ダイナースクラブカード会員であれば、成田空港(第1・第2ターミナル)、羽田空港第2・第3ターミナル、関西国際空港、中部国際空港から自宅や職場など指定の場所に年間2個まで無料で利用することができます。

お土産だけを送ることもできるので、すぐに会いに行けない場合などにも利用することができますよ。

なお、年間2個までとなっているため、1回の旅行で2個送ることもできますし、2回の旅行で1個ずつ送ることもできます。

利用するタイミングは自由に利用できるのも嬉しいポイントです。

年間500万円補償で安心ショッピング!

ダイナースクラブカードにはショッピング・リカバリーが年間500万円付帯しています。

海外・国内問わず、ダイナースクラブカードで買い物した商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故10,000円で、購入日から90日間が補償対象期間となっています。

有効期限がないから好きなだけポイントを貯めることができる

ダイナースクラブカードのポイントの最大の魅力は有効期限がないところです。通常、1~3年間が一般的なので有効期限がないのでポイントの失効などを気にすることなく好きなだけポイント貯めることができます。

1レシートごと100円につき1ポイントを貯めることができます。(一部100円につき1ポイントではない支払いあり)

ダイナースクラブカードの還元率は0.25%~0.4%となっており、還元率はあまりよくないのですが有効期限がないのでまとめて交換することができます。

ダイナースクラブカードの交換できるアイテムは他とは少し違い、自分ではなかなか購入しないようなアイテムがあるので、交換したアイテムを先に決めておくのもおすすめです。

ダイナースグローバルマイレージで1,000ポイント=1,000マイルに交換も可能

ダイナースクラブカードで貯まるリワードポイントはマイルに交換することもできます。

マイルに交換するには、年間参加料として6,600円(税込)が必要なダイナースグローバルマイレージに加入する必要があります。

ただし、ダイナースグローバルマイレージはマイル交換時にだけ加入していればOKなので、貯めたいポイントが貯まったタイミングで加入し必要なければすぐにやめればOKです。

ANAマイレージクラブであれば、1,000ポイント=1,000マイルに交換することができ、年間移行マイル数の上限が40,000マイルとなっています。

なので、40,000ポイントが貯まったらダイナースグローバルマイレージに参加しマイルへの交換が完了次第、停止すれば年間参加料は1回だけで済みます!

\最大10万円キャッシュバック/

ダイナースクラブカード公式サイト

ダイナースクラブカードの基本情報

ゴールドを超えたプラチナ級の付帯サービス!

27歳以上から申込み可能!コンパニオンカードで決済シェアNo.2のMastercardは無料発行!

年会費24,200円(税込)
発行スピード2~3週間程度
国際ブランドDiners Club
申込み資格年齢27歳以上の方
ポイント還元率0.4%
1.0%(マイル換算)
ポイント名称リワードポイント
追加カードダイナースクラブ コンパニオンカード
家族カード
ETCカード
ビジネス・アカウントカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高1億円
ショッピング・リカバリー 年間500万円
スマホ決済Apple Pay
電子マネー-
タッチ決済ダイナースクラブ コンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル
JALマイル
デルタ航空スカイマイル
大韓航空スカイパス
ユナイテッド航空マイレージプラス

初年度年会費無料のゴールドカード8位 JCBゴールド

画像:JCBゴールド(https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/gold/)

JCBゴールドの特徴

  • 初年度年会費無料
  • ゴールドカードなのに当日発行、最短翌日届く
  • JCBゴールド ザ・プレミアやJCBザ・クラスへの近道
  • 家族カード1枚無料
  • 国内旅行傷害保険が最高5,000万円
  • 海外旅行傷害保険が最高1億円
  • 国内・海外航空機遅延保険が付帯
  • ショッピングガード保険が年間最高500万円
  • 国内主要空港ラウンジと海外1カ所が無料
  • 世界1,100カ所以上利用できるラウンジ・キーに入会可能
  • Amazonでポイント3倍、スターバックスカードチャージでポイント10倍
  • 利用金額に応じて最大60%ポイントアップ
JCBゴールドは最短翌日発行できるゴールドカード

JCBゴールドは、JCBのゴールドカードになります。JCBは国際ブランドの1つで日本初の国際ブランドとなります。

ゴールドカードは一般カードより審査が厳しくなるため審査時間が必要になってきますが、JCBゴールドは最短即日発行で住んでいる場所によっては、最短翌日、ゴールドカードを受取ることができます

JCBゴールドの年会費は11,000円(税込)ですが、初年度年会費無料なうえに家族カード1枚は無料で持つことができます。

ゴールドカードらしく、海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円、ショッピングガード保険が年間最高500万円付帯しています。

もちろん、国内主要空港ラウンジとハワイのホノルルのラウンジを無料で利用できる上に、追加でラウンジ・キーを申込むことができ、世界1,100カ所以上の空港ラウンジを1回32米ドルで利用することができます。

JCBオリジナルシリーズパートナー=特約店で利用すると最大10倍のポイントを貯めることもできます!

特に、セブンイレブン、Amazon、スターバックスカードなどを利用している方であれば、JCBゴールドを持っておくとポイントがどんどん貯まります。

JCBゴールドはゴールドカードなので充分ステータス性のあるクレジットカードですが、さらに上、願わくばJCBの最高峰クレジットカードを目指す方にもおすすめのクレジットカードとなります。

JCBゴールド・ザ・プレミア
JCBゴールド・ザ・プレミアはワンランク上の招待制カード!年会費はJCBゴールドと同じ 画像:JCBゴールド(https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/gold/)

JCBゴールドを利用しきちんと支払い実績を積むことで、JCBが定める一定条件(2年連続 年間100万円以上利用)をクリアするとワンランク上のJCBゴールド ・ザ・プレミアのインビテーション(招待状)が届きます。

さらにJCBゴールド・ザ・プレミアを利用しているとJCBカード最高クラスであるJCB ザ・クラスへの招待が届く可能性があります。

JCB ザ・クラスは言わずと知れたJCBのブラックカードで、誰しもが憧れのカードとなるため、なかなか手に入れすことができない幻のクレジットカードとなっています。

JCBゴールド ザ・プレミアになると国内外1,300ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用出来たり、京都駅ビル内にある「JCB Lounge 京都」を利用できる上に、年間100万円(税込)以上の利用でJCBゴールド ザ・プレミアのサービス年会費5,500円(税込)が無料になります。

JCBゴールドは初年度年会費無料なので、1年試しに使ってみて付帯サービスが自分に合っているか見極めることができますよ!

\最大20,000円分プレゼント中/

JCBゴールド公式サイト

こんな方におすすめ!

  • 早く手元にクレジットカードが欲しい方
  • しっかりした保険付帯のクレジットカードが欲しい方
  • セブンイレブンやスターバックスをよく利用している方
  • さらに上のクラスを目指している方

JCBゴールドの審査申込み資格と詳細

JCBゴールドは最短翌日発行
画像:JCBゴールド(https://www.jcb.co.jp/promotion/ordercard/gold/)

JCBゴールドの審査申込み基準

JCBゴールドの審査申込み基準は「20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。※学生の方はお申し込みになれません。」となっています。

JCBゴールドは、本人に安定継続収入が必要になるため残念ながら学生、専業主婦・主夫の方は申込むことができませんが、社会人の方であれば申込み可能です。

ゴールドカードだからと身構える必要はありません。

しかも、JCBゴールドは最短翌日に受け取ることができるクレジットカードなので、急遽海外旅行や出張などが決まった方などの急いでる方にもおすすめです。

JCBゴールドのカードデザインは、ディズニー・デザインもありますが、最短翌日受取りの場合は、ゴールドのデザインのみとなっています。

なお、あくまでもすべて順調に審査が完了した場合となるため、即時発行の審査基準に満たさない場合は、最短即日で審査が完了しない場合もあります。

ゴールドカードの付帯サービス!

JCBゴールドの家族カードは1枚無料

JCBゴールドは年会費11,000円(税込)と安くはありませんが、家族カード1名分が無料で作ることができます。

つまり、家族カード1枚作ることで、1枚当たりの年会費が5,500円(税込)となる魅力的なゴールドカードになります。

しかも、家族カード会員もゴールドカードの付帯サービスを本会員と同じように利用できるので、家族がいる方にもおすすめです。

ゴールドカードらしく付帯サービスもしっかりとしています。

海外旅行傷害保険が最高1億円・国内旅行傷害保険が最高5,000万円
JCBゴールドの旅行保険

JCBゴールドは初年度年会費無料にもかかわらず、国内旅行傷害保険が最高5,000万円、海外旅行傷害保険が最高1億円も付帯しています。

しかもJCBゴールドの付帯保険は自動付帯(一部利用付帯)となるため、JCBゴールド会員というだけで、しっかりした保険に加入できていることになります。

さらに、家族会員も全く同じ付帯保険となるため、家族旅行でまとめて支払ったとしても家族会員も補償対象となります!

家族旅行など行くときはお子さんも一緒に行くときなど、まだ家族会員になれない18歳未満の場合でも、家族特約も付帯しているので家族旅行によく行く方にはおすすめの1枚です。

\最大20,000円分プレゼント中/

JCBゴールド公式サイト

JCBゴールドの旅行傷害保険

■JCBゴールドの国内・海外旅行傷害保険
保険保険の種類保険金額
本会員・家族会員家族特約
海外旅行傷害保険
(自動付帯(一部利用付帯))
傷害死亡・後遺障害合計最高1億円最高1,000万円
自動付帯5,000万円1,000万円
利用付帯5,000万円-
傷害治療費用300万円200万円
疾病治療費用300万円200万円
賠償責任1億円2,000万円
携行品損害1旅行中50万円程度
保険期間中100万円
救援者費用等400万円200万円
海外航空機遅延保険
(自動付帯)
乗継遅延費用保険金2万円-
出航遅延費用等保険金2万円-
寄託手荷物遅延費用保険金2万円-
寄託手荷物紛失費用保険金4万円-
国内旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円-
入院日額5,000円-
手術入院日額✕倍率
(10倍、20倍または40倍)
-
通院日額2,000円-
国内航空機遅延保険
(自動付帯)
乗継遅延費用保険金2万円-
出航遅延費用等保険金2万円-
寄託手荷物遅延費用保険金2万円-
寄託手荷物紛失費用保険金4万円-

JCBゴールドは、旅行傷害保険のみならず国内も海外も航空機遅延保険が自動付帯しています!

ゴールドカードの中でも、航空機遅延保険が付帯しているクレジットカードはほとんどないため、JCBゴールドは困ったときに本当に助けてくれるクレジットカードです。

ショッピングガード保険が国内外OK!年間500万円で安心ショッピング!

JCBゴールドにはショッピング補償としてショッピングガード保険が年間500万円付帯しています。

海外・国内問わずJCBゴールドで買い物した商品が偶然の事故などで破損や盗難にあった場合の損害を補償してくれます。

自己負担額は1事故3,000円と負担額も少ない上に、購入日から90日間が補償対象期間となっています。

国内主要空港ラウンジとハワイの空港ラウンジを無料で利用できる

JCBゴールドはゴールドカードなので、空港にあるラウンジを無料で利用することが可能です。

JCBゴールドは国内主要空港ラウンジだけではなく、ハワイのホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジも無料で利用することができます。

飛行機に乗るために早めに空港に着きすぎて時間を持て余すこともありますが、搭乗口前のソファは慌ただしくて落ち着かないけど、空港の中にあるラウンジであれば無料のソフトドリンクを飲みながら搭乗時間までゆっくりと過ごすことができます。

ラウンジによっては、アルコールも無料で頂けるラウンジもあるので、飛行機に乗る前から楽しむことができますよ!

利用するときは、ラウンジの受付でJCBゴールドと搭乗券を提示するだけです。

もちろん、家族会員も無料で利用することができるので、各自JCBゴールドを持ってくることで無料で利用することができます。

海外はラウンジ・キーでくつろげる
画像:Lounge KEY(https://www.loungekey.com/jcb-gold-basic)

JCBゴールドは海外の空港ラウンジも利用することができます。

国内主要空港ラウンジは、JCBゴールドと搭乗券を提示することで無料で利用できますが、海外での利用する際は、「ラウンジ・キー」を利用することができます。

ラウンジ・キーは別にカードが発行されるわけではなく、JCBゴールドをそのまま利用することができるので、利用できる空港ラウンジの受付でJCBゴールドと搭乗券を出してラウンジ・キーを利用したいことを伝えると32米ドルで利用することができます。

海外の空港ラウンジはソフトドリンクのみではなく、アルコールをはじめ軽食などの食事などをとることができるので出発前の待ち時間を優雅に過ごすことができます。

JCBオリジナルシリーズパートナーで最大5.0%

画像:JCBゴールド(https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold2.html)

JCBゴールドは、JCBのプロパーカードとなり、JCBオリジナルシリーズとなります。

JCBオリジナルシリーズには、いわゆる特約店であるJCBオリジナルシリーズパートナーが多くあり、 JCBオリジナルシリーズのクレジットカードで支払いをポイントが最大10倍となります。

JCBゴールドは毎月の利用合計金額1,000円(税込)につき1ポイントで1ポイント=5円相当の価値があるため、通常の還元率は0.5%となりますが、JCBオリジナルシリーズパートナーで利用すると還元率が最大5.0%となります!

JCBオリジナルシリーズパートナーには、Amazonやスターバックス、セブンイレブンなど利用しやすいお店がたくさんあるため、ポイントが貯めやすくなっています。

例えば、セブンイレブンの場合は、事前登録など一切なしでJCBゴールドで支払うだけでポイント3倍も貯めることができちゃいます。

\最大20,000円分プレゼント中/

JCBゴールド公式サイト

JCBゴールドの基本情報

JCBゴールドは最短翌日受け取ることができるクレジットカード

初年度年会費無料で家族カード1名無料だから家族でゴールドカードを持つかことができる上に付帯サービスがしっかりしたクレジットカードです。

年会費初年度年会費無料
次年度以降は11,000円(税込)
発行スピード最短翌日受取り
国際ブランドJCB
申込み資格20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
ポイント還元率0.5%
ポイント名称Oki Dokiポイント
追加カード家族カード
ETCカード
QUICPayカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高1億円
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険 最高4万円
ショッピングガード保険 年間最高500万円
スマホ決済Apple Pay
Google Pay
電子マネー-
タッチ決済JCBコンタクトレス決済(通常デザインのみ)
マイル交換JALマイル
ANAマイル
デルタ航空スカイマイル

ゴールドカードの上手な選び方!

ゴールドカードにもさまざまな付帯サービスや特典がありクレジットカードによって似てるようで、よくよく見ていくと各社違いがあります。

年会費無料のクレジットカードがあるにも関わらず、年会費を払ってまでも欲しいと感じることができるステータス性や付帯サービスが充実しています。

ただ、付帯サービスが充実している分、年会費も高くなる=審査も一般カードより厳しくなってきます。

付帯サービスをフル活用できるのであれば、高い年会費を支払っても特別優待を受けることへのメリットも多いですが、あまり活用しないのであれば、必要最低限の付帯サービスを見極めてコスト控えめのゴールドカードを選ぶのもおすすめです。

ゴールドカードを選ぶときにチェックすると選びやすくなりますよ!

ゴールドカードの選び方

  • 海外旅行・出張へよく行くか
  • 国内での飛行機に乗る頻度は多いか
  • 高級レストランへ食事に行くか
  • 申込み対象かどうか
  • 家族でクレジットカードを探しているか
  • 自分のライフスタイルに合っているか

ゴールドカードの付帯サービスを見ていると利用してみたい!と思うような魅力的なものばかりです。

ただ、手厚い海外旅行への保険や空港ラウンジなどが付帯していても、そもそも海外旅行などにいかないのであれば、必要ない付帯サービスとなってしまいます。

厳選されたレストランなどへ2名以上で1名無料など小さなお子さんがいる場合は、利用頻度もなく使わないことも多々あります。

まずは、今の自分のライフスタイル考えて、どんな付帯サービスがあれば利用するのかを考えてみるとコストを抑えたゴールドカードなどをチョイスするのもおすすめです。

実際に飛行機に乗る頻度が多い方などであれば、コストの抑えたゴールドカードでは付帯サービスが物足りない、接待などで外食する機会が多いなどの方であれば少し高い年会費でも付帯サービスが充実しているものを選ぶことをおすすめします。

また、家族でクレジットカードを探している方なのであれば、家族カード1名が無料になるゴールドカードもあるので1名で申込みするのか家族も含めて申込みするかでは大幅に選択するゴールドカードは変わってくるので家族カードの付帯サービスなども重視して選んでみてはいかがでしょうか?

ゴールドカードでよくある質問

ゴールドカードは審査が厳しそうだけど実際はどうですか?

ゴールドカードは一般カードに比べると審査は厳しくなります!だからと言って年収◯◯◯万円以上ないと申込みできない!と言うわけではありません。重要なのは「安定した収入」です。もちろんステータス性の高いクレジットカードになってくるとある程度の収入も必要になってきます。年会費が高ければ高いほどある程度の年収があれば好ましいです。

年収さえ高ければ審査は必ず通りますか?

審査は収入だけで行われているわけではありません。過去のクレジットヒストリーや勤続年数、他からの借入状況など収入以外も加味して審査されます。なので年収が高ければ絶対に通るというわけではありません。またクレジットカードによっては申込みできる年齢を設けているところもあるので審査申込み基準は必ずチェックしてから申込みしましょう!

年会費が高ければ高いほど付帯サービスは充実しているんですか?

年会費が高いと付帯サービスが充実しています。ただ、利用しない付帯サービスばかりの場合は高い年会費を支払うのはもったいないです。実際に必要な付帯サービスが何かを考えながらカードを選ぶとコスパを抑えたゴールドカードでも充分な場合もあります。ただ、接待することが多い、国内・海外関係なく飛行機に乗る頻度が多い方であれば付帯サービスが充実しているクレジットカードを選ぶことをおすすめします!

ゴールドカードのメリットは何ですか?

ゴールドカードのメリットは、やはり付帯サービスが充実していることです。またカードデザインがゴールドカラーになるクレジットカードがほとんどなので支払いをする時などお店によっては恥ずかしい思いをしなくて済みます。またゴールドカードになることで利用限度額が高くなります。一般カードの利用限度額は100万円までが一般的ですが、ゴールドカードになると200~300万円までの限度額になってきます。もちろん、実際の利用限度額は審査通過後に個別に設定されるので、ゴールドカードに通ったからといって必ず300万円の利用限度額になるわけではありません。
また、ダイナースクラブカードは利用可能枠に一律の制限を設けていません。ダイナースクラブカードやアメックスゴールドなどは事前に相談することで、高額決済が可能になる場合があります。

年会費無料のゴールドカードはありませんか?

年会費無料のゴールドカードはありません。ただし初年度年会費無料や条件をクリアできれば年会費無料になったり優遇される場合があります。また、そもそも年会費が抑えられたゴールドカードもありますよ!

ゴールドカードおすすめ8枚のメリットや特典のまとめ

ゴールドカードはステータスカードの第一歩です。

年齢を重ねてくることでステータス性のあるクレジットカードを1枚持ってみたくなることもあります。

お財布から出した時に周りから何も言われなくても、輝くゴールドカードが目に留まるので、その方への印象は変わってくるかもしれません。

魅力的な付帯サービスが充実しているゴールドカード、付帯サービスはシンプルだけどコストパフォーマンスが高いゴールドカードと様々なゴールドカードがあります。

初年度年会費無料などのゴールドカードもあるので、まずは1年利用してみて自分に合っているかどうかなどもチェックしてみるのもいいかもしれないですね!

-クレジットカード, ゴールドカード