クレジットカード

【2022年7月最新】楽天ANAマイレージクラブカードのメリットがよくわかる!年会費や審査・キャンペーンも詳しく解説

楽天ANAマイレージクラブカードの特徴

  • マイルもポイントも貯まる!
  • 楽天カード、楽天Edy、楽天ポイントカード、ANAマイレージクラブの4役が1枚に!
  • 初年度年会費無料
  • 年1回の利用で年会費無料
  • 日頃の買い物でマイルかポイントが貯まる!
  • 楽天ポイントからANAマイルに交換もできる
  • 楽天市場・楽天ブックスでいつでもポイント3倍
  • 楽天トラベルで最大ポイント2倍
  • 楽天ペイにチャージでプラス0.5%!1.5%ポイント還元(ポイント2重どり)
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードのメリット

楽天カードとANAマイレージクラブカードの一体型クレジットカードが楽天ANAマイレージクラブカードです。

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルコースか楽天ポイントコースのどちらかを選ぶことでマイルかポイントをメインで貯めることができます。

ANAマイルコースを選んでない場合でも、貯まった楽天ポイントをANAマイルに交換することは可能ですが、交換手続きが必要なうえに1回に交換できるポイント数や1ヶ月に交換できる上限が決まっているため手間がかかってしまいます。

ANAマイルコースを選ぶと自動的にANAマイルが貯まっていくため、手間や上限を気にすることなくマイルを貯めていくことができます。

もちろん、ANAマイルコースと楽天ポイントコースはいつでも変更可能です!

空港に付いたら直接保安検査場へ進むことができます
画像:ANA(https://www.ana.co.jp/ja/jp/domestic/prepare/checkin/skip/)

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイレージクラブカードでもあるのでANA国内線の「スキップサービス」を楽天ANAマイレージクラブカードで利用可能です。

スキップサービスがあればチェックインカウンターに行くことなく、直接保安検査場に行くことができるので長蛇の列に並ぶことなくサッとスマートに飛行機に搭乗することができます。

引用:楽天市場SPU(https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/)

楽天カードと言えば楽天市場ですが、楽天市場で買い物をする方には必須アイテムとも言えます!

楽天サービスを利用すればするほど楽天市場でのポイントが倍率がアップするSPUプログラムが採用されており最大15倍になります。

楽天市場で楽天ANAマイレージクラブカードで買い物をすると、楽天ポイントコースであればいつでもポイント3%、ANAマイルコースであればいつでもポイント2%、マイル0.5%を貯めることができるので、楽天ポイントもANAマイルもざくざく貯めていくことができます。

もちろん、貯まった楽天ポイントで街中で利用することができ、ANAマイルは特典航空券などに交換することができます。

楽天ペイでSuicaにチャージ
画像:楽天ペイのSuica(https://pay.rakuten.co.jp/topics/suica/)

楽天はQRコード・バーコード決済である楽天Payが導入されており、貯まった楽天ポイントをそのまま楽天Payとして利用することができますよ。

しかもすごいことに、貯まっている楽天ポイントをSuicaにチャージすることもできちゃいます!

海外旅行傷害保険も最高2,000万円が付帯しているので安心して旅行を楽しめますよ。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードの基本情報

年会費初年度年会費無料(次年度以降は550円(税込))
※年1回利用で年会費無料
発行スピード1週間程度
国際ブランドVISA
Mastercard
JCB
申込み資格18歳未満、高校生、海外在住の方以外
ポイント還元率(楽天ポイントコース)1.0%
マイル還元率(ANAマイルコース)0.5%
ポイント名称楽天ポイント
追加カード家族カード
ETCカード
付帯保険海外旅行傷害保険 最高2,000万円
スマホ決済楽天Pay
ApplePay
GooglePay
電子マネー楽天Edy
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
マイル交換ANAマイル

楽天ANAマイレージクラブカードのキャンペーン

キャンペーン内容

5,000ポイントプレゼント中!

  • 楽天ANAマイレージクラブカード新規入会特典2,000ポイント
  • 楽天ANAマイレージクラブカード初回利用特典3,000ポイント(期間限定ポイント)

楽天ANAマイレージクラブカードの新規入会&利用でもれなく7,000ポイントプレゼント中です。

新規入会特典として2,000ポイントが楽天ANAマイレージクラブカードの発行のみでプレゼントされます。さらに楽天ANAマイレージクラブカードを利用した際に3,000ポイントがプレゼントされます。

楽天ANAマイレージクラブカード利用特典の7,000ポイントは期間限定ポイントとなっているため期限内にポイント使うようにしましょう!

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードの審査申込み資格と詳細

楽天ANAマイレージクラブカードの審査申込みは印鑑・免許証不要
画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードの審査申込み基準

楽天ANAマイレージクラブカードの審査申込み基準は、「18歳未満、高校生、海外在住の方以外」となっています。

楽天ANAマイレージクラブカードは、18歳以上の方から申込みでき、学生・専業主婦・主夫、パート・アルバイトの方でも、もちろん申込み可能です。

審査状況を確認できる

楽天ANAマイレージクラブカードの審査、カード発行には申込みが完了後に届く「お申し込み受付のお知らせ」メールを受け取ってから、通常であれば約1週間~10日前後でカードが手元に届きます。

楽天ANAマイレージクラブカードは、専用ページでカード申込み受付状況を確認することができます。

申込み完了後に届く「お申込み受付のお知らせ」メールに記載されている「カード申し込み受付ID」と生年月日と申込みに記載した電話番号(下4桁)で確認することができます。

楽天ANAマイレージクラブカードの年会費

楽天ANAマイレージクラブカードは初年度年会費無料で次年度以降は550円(税込)となりますが、年1回の利用があれば年会費無料となるので、どなたでもクリアできる条件なので実質年会費無料のクレジットカードといえます。

毎月支払いが必要な携帯電話料金や公共料金などの支払いを楽天ANAマイレージクラブカードに設定することでクリアできます!

楽天ANAマイレージクラブカードの家族カード

楽天ANAマイレージクラブカードの家族カードは年会費無料で最大発行枚数は2枚まで発行可能です。

クレジットカードの利用限度額は、本会員カード+家族カードの合わせた利用限度額になります。

本会員カード会員と生計が同一である18歳以上の配偶者・両親・子供・内縁の方・同性パートナーの方であれば、家族カードを発行することができます。

同性パートナーを認めているクレジットカード会社は数社しかありません。

家族カードのポイント・マイルとデザイン

家族カードのポイントは契約者のポイントに合算
引用:楽天カード(https://support.rakuten-card.jp/faq/show/112)

楽天ANAマイレージクラブカードの、家族カード利用で獲得したANAマイルまたは楽天ポイントは、本カードである楽天ANAマイレージクラブカードの本会員のANAマイルもしくはポイントして合算されます。また家族カードに付帯の楽天Edy利用で獲得したANAマイルもしくはポイントも本会員のポイントに合算されます。

楽天ANAマイレージクラブカードは、「ANAマイルコース」「楽天ポイントコース」の2つのコースがありますが、家族カード会員は選ぶことはできず本会員が選択したコースによってマイルもしくはポイントが貯まっていきます。

家族カードも、もちろんANAマイレージクラブカードとなるため、家族会員の方がANA国内線に搭乗する際はスキップサービスを利用できるうえに、フライトマイルは家族会員のANAマイレージクラブ口座にマイルが付与されます。

なお、家族カードに付帯の楽天ポイントカードを提示して貯まる楽天ポイントについては家族カード会員の方の楽天IDにポイントが付与されます。

家族カードのデザインは、楽天ANAマイレージクラブカード本会員の方のデザインと同じものが発行されます。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

家族で楽天ポイントを共有できる!

家族カードで利用した分も本会員の楽天ポイントとして合算してポイントを貯めることができるので、家族でどんどんポイントを貯めることができます。

楽天ポイントの魅力的なところは街中のお店で楽天ポイントのまま支払いが可能ですが、家族会員の楽天ポイントは楽天ポイントカードを提示して貯まるポイントぐらいとなってしまうため、家族会員はあまり楽天ポイントを活用することができません。

でも、安心してください!本会員に付与された楽天ポイントを家族会員に移行することができる「家族でポイントおまとめサービス」があり、家族間で楽天ポイントを移行させることができます。

もちろん、家族会員が貯めたポイントを本会員に移行することも可能です。

移行できるポイントは通常ポイントのみとなり、期間限定ポイントは移行できませんが、毎月貯まっていくポイントを家族間で移行することで日頃の買い物に利用したり、ちょっとした豪華なランチに利用したりと活用の幅が広がります!

ANAマイルは共有できない

楽天ANAマイレージクラブカードで貯まる楽天ポイントは本会員と家族会員で共有することができますが、ANAマイルは本会員と家族会員で共有することができません。

ANAカードには「ANAカードファミリーマイル」と呼ばれる家族間でマイルを合算するサービスがありますが、ANAカード会員限定のサービスとなります。

ANAカードとは券面に「ANACARD」と記載されているクレジット機能付きカードとなり、残念ながら楽天ANAマイレージクラブカードはANAとの提携カードとなるため、ANAカードファミリーマイルは登録することができません。

楽天ANAマイレージクラブカードのETCカード

ETCカードの利用もポイントが貯まる

楽天ANAマイレージクラブカードを発行すると、高速道路のETCレーンで利用することができるETCカードを発行することができます。

新規発行手数料は無料ですが年会費550円(税込)となるので高速道路や都市高速をよく利用される方のみ発行をおすすめします。

なお、楽天会員ランクがダイヤモンドか、プラチナ会員以上であればETCカードが年会費無料になります。

嬉しいことに楽天ETCカードを利用した通行料金でも100円で1ポイントもしくは200円で1マイルが付与されます。

楽天ETCカードは楽天ANAマイレージクラブカード1枚につき1枚まで発行可能です。

楽天ANAマイレージクラブカードは2枚目の発行ができない

楽天カードは2枚目発行ができるようになったため、楽天カード1枚につき1枚までしかETCカードを発行することができなかったところ、楽天カードの2枚目発行によりETCカードも2枚もちが可能になりました。

ただ残念なことに楽天ANAマイレージクラブカードは楽天カードを2枚目を発行することができません。

そのため、ETCカードも2枚発行することができないので、どうしてもETCカードが2枚必要と言う方は年会費無料の楽天カードを2枚発行することをおすすめします。

年会費無料の楽天カードで貯まる楽天ポイントでも手間はかかりますが、ANAマイルに交換することは可能です!

2枚持ちができる楽天カードについて詳しくは是非、楽天カードのメリットがよくわかる!ポイントの貯まり方や審査・キャンペーンを解説をお読みください!

詳しく解説
【口コミ・評判】楽天カードのメリット!ポイント還元や審査・キャンペーンを徹底解説
【口コミ・評判】楽天カードのメリット!ポイント還元や審査・キャンペーンを徹底解説【2022年7月最新】

楽天カードのメリットや審査申込み基準・キャンペーンを詳しく解説。楽天カードは楽天市場で最低3倍のポイントが獲得できる年会費無料のクレジットカード。楽天ペイとの併用でポイントの2重どりも可能。海外旅行傷害保険が最高2000万円ついてくる。

続きを見る

楽天ANAマイレージクラブカードのデザイン

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードのカードデザインは、通常デザインのシルバーとピンクデザインの2つとなっています。

ピンクデザインは淡いピンクに濃いピンクで飛行機がデザインされており、飛行機が好きな方におすすめのデザインとなっています。

シルバーの楽天カードはよく見かけるので、他との差をつけてたいのであればピンクデザインが素敵です。

なお、楽天カードには女性向けのクレジットカードとして楽天PINKカードがありトッピングサービスを利用することができますが、楽天ANAマイレージクラブカードのピンクデザインではトッピングサービスは利用できません。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードの保険と安心制度

楽天ANAマイレージクラブカードには海外旅行傷害保険、カード盗難保険、商品未着あんしん制度、ネット不正あんしん制度がついています。

また、カード利用お知らせメールを設定することができ、楽天ゴールドカードを利用した最短翌日にカード利用の速報メールが届くので不正利用に素早く気づくことができます。

クレジットカードの利用に対する不安を解消してくれるサービスが充実している点も楽天カードが人気の理由の一つですね!

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険

楽天ANAマイレージクラブカードには最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯しています。

保険の対象は利用付帯となっていて、 海外旅行の出国前に「募集型企画旅行の料金」を楽天ANAマイレージクラブカードで支払った場合に保険の対象になります。

出国後に支払いした場合は、補償対象外となるため注意が必要ですが、ほとんどの方は出国前に旅行代金を支払っているので問題はありません。

なお、2020年10月1日より公共交通乗用具(タクシーや電車など)を楽天ANAマイレージクラブカードで支払ったとしても保険対象外となります。

旅行代理店などで予約する海外パックツアーや飛行機などの募集型企画旅行の料金などを楽天ANAマイレージクラブカードで支払いすることで最高2,000万円の補償対象となります。

なお、旅行期間が日本出国から3ヶ月後の午後12時までの期間であれば、補償対象となるので短期留学などの場合も、募集型企画旅行代金を支払っていれば補償対象となります!

楽天ANAマイレージクラブカードの旅行傷害保険

■楽天ANAマイレージクラブカードの海外旅行傷害保険(2022年5月31日まで)
保険保険の種類保険金額
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害(自己負担額3,000円)年間20万円
救援者費用年間200万円
■楽天ANAマイレージクラブカードの海外旅行傷害保険(2022年6月1日から)
保険保険の種類保険金額
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
賠償責任3,000万円
救援者費用年間200万円

嬉しいことに家族カードも本会員と同じ最高2,000万円の補償を受けることができます。楽天ANAマイレージクラブカードは家族カードも年会費無料なのに海外旅行傷害保険が対象となるので家族がいれば発行しておきたいところです。

海外旅行傷害保険は利用付帯で、家族旅行などまとめて支払った場合、支払いをしてない方は保険対象外になることがほとんどですが、楽天ANAマイレージクラブカードの場合は本会員もしくは家族会員のどちらかの楽天ANAマイレージクラブカードで、まとめて決済した場合でも、本会員・家族会員とも補償対象となります。

ただし、18歳未満のお子さんや家族カードを持ってない場合は、補償対象外となるため、任意の海外旅行傷害保険に加入することをおすすします。

実は、家族会員のみならず友人同士での旅行で2人とも楽天カードを保有しており、どちらかが旅行代金をまとめて決済した場合も補償対象となります。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

日本語海外アシスタンスサービス

楽天カード日本語海外アシスタンスサービス

楽天ANAマイレージクラブカードは24時間・年中無休で海外アシスタンスサービスを受けることができます。

海外アシスタンスサービスとは、海外旅行中の緊急医療をサポートしてくれる、もしもの時に、とても心強いサービスです。

海外旅行中などにケガ、病気になった場合などのアクシデントに海外アシスタンスサービスへ電話すると日本語で伝えることができます。

病院の紹介、医療施設への移送、現地への医師の緊急派遣や保険金請求手続きなどを日本語で案内してくれます。

突然の事で、パニック状態の時に日本語で案内されることで落ち着いて対応することができます。

帰国後に保険金請求となりますが、現地で取得すべき書類等も案内してくれるので保険金請求をしようと考えている場合は、一度、海外アシスタンスサービへ電話し確認しておくと帰国後にスムーズに請求することができます。

カード盗難保険

楽天ANAマイレージクラブカードには盗難保険が付帯しています。

万が一、カードが不正利用された場合は、紛失・盗難を届出した60日前にさかのぼり、それ以降の損害額を負担してくれます。

商品未着あんしん制度

商品未着あんしん制度説明図
画像:商品未着あんしん制度(https://www.rakuten-card.co.jp/)

楽天市場内で楽天ANAマイレージクラブカードを利用したお買い物で、配達予定日を過ぎても商品が届かず、利用店舗との連絡が困難となった場合に、お客様に代わり楽天カードから楽天市場へ調査依頼の協力をしてくれます。

利用店舗から商品のお届けができていないことを確認できた場合に、所定の調査のうえ利用代金の請求を取り消し(または返金)してくれます。

ネット不正あんしん制度

楽天カードの不正使用防止の取り組み
画像:楽天カード 不正検知システム(https://www.rakuten-card.co.jp/security/detection/)

楽天カードではカードの番号の悪用、紛失盗難カードや偽造カードの不正使用を未然に防止するために、不正検知システムを導入しています。

24時間365日の監視体制でモニタリングを行い、不正使用の早期発見に注力しています。

万が一、不正に利用されていることが判明した場合は、所定の手続きと調査のうえ、カード契約者に重大な過失がないと判断した場合は、被害額を負担させることはないので安心です。

楽天カードのカード利用お知らせメール

カード利用お知らせメールの内容

楽天ANAマイレージクラブカードは「カード利用お知らせメール」を設定する事ができます。

楽天ANAマイレージクラブカードを利用した最短翌日に、速報版としてカード利用のお知らせメールが届き、利用日・利用金額・利用者がメールで届くためすぐに不正利用に気づくことができます。

本人が利用した覚えがない場合は家族の方が利用してないかも確認の上で、楽天カードへの問い合わせをおすすめします。

支払いが確定すると、最短2日後に利用日・支払方法・利用先・利用金額・利用者が記載されたカード利用のお知らせがメールで届きます。

なお、家族カードを発行している場合は、利用者には「家族」と表示され、本会員が利用した場合は「本人」と表示されるようになっています。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

ハワイ好きなら持っておきたい楽天ANAマイレージクラブカード

楽天カードのハワイラウンジが無料

楽天ANAマイレージクラブカードはハワイ好きにもおすすめのクレジットカードです。

ハワイへ出発するときは、国内の空港ラウンジを年間2回まで無料で利用することができるので、のんびりゆったりとして出発することができます。

さらに、ハワイのホノルルにある楽天カード ハワイラウンジを無料で利用することができちゃいます!

もちろん、ハワイラウンジは日本語ができるスタッフが常駐しているので英語ができない方も安心して利用することができます。

カード会員1名につき同伴者5名まで無料で利用できるので楽天カードを持ってない方も一緒に利用することができます。

楽天カード ハワイラウンジではフリードリンク、Wi-Fi、マッサージチェア、荷物当日中一時預かり、傘貸出、ベビーカー貸出などをはじめ、楽天ゴールドカードの盗難・紛失をしたときの相談をすることもできます。

ハワイ旅行に行く予定があれば楽天カードが1枚あると便利です!

楽天ANAマイレージクラブカードのマイル・ポイント・還元率

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードの最大の魅力と言えるのがANAマイルと楽天ポイントの両方を貯めることができる「ANAマイルコース」があることです!

楽天ANAマイレージクラブカードには「ANAマイルコース」と「楽天ポイントコース」の2つのコースがあり、楽天カード会員Webサービス「楽天e-NAVI」で簡単にコースを変更することが可能です。

楽天ANAマイレージクラブカードを作ったときは旅行三昧だった方でも、仕事が忙しい、子ども産まれて今すぐ旅行に行けないなどライフスタイルの変化にも楽天ANAマイレージクラブカードであればコースを変更することでうまく活用することができます!

ANAマイルの有効期限は3年間となるため、旅行に行けない間にANAマイルを貯めたくても有効期限が気になるという方には「楽天ポイントコース」に変更して楽天ポイントをしっかり貯めることできます。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

ANAマイルコースは自動的にマイルが貯まる

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードの「ANAマイルコース」を選択すると、ポイント交換などの手間や上限など一切なく自動的にANAマイルが貯まるのが魅力的です。

楽天ANAマイレージクラブカードのクレジット払い200円につき1マイルとして、どんどん貯まっていきます!

ANAマイルコースを選択しても、同時に楽天ポイントを貯めていくことができます。

楽天市場で、楽天ANAマイレージクラブカード支払いするだけでポイントを3倍以上貯めることができますが、ポイント3倍のうちの「楽天市場利用1倍」、「楽天カード特典ポイント最大1倍」の合計ポイント最大2倍は楽天ポイントとして付与されます。

残りの「楽天カード利用通常ポイント1倍」はANAマイルとして200円につき1マイルが付与されます。さらに楽天市場アプリを使うと0.5倍の楽天ポイントが付与されます。

また、街中などで楽天ポイントカードを提示して貯まるポイントは楽天ポイントとして貯まっていきます。

ANAマイルコースを選択すると、クレジット払い分はANAマイル、他の楽天グループ利用分は楽天ポイントとして貯めていくことができるので、マイルもポイントを貯めたいよくばりさんも満足のいくコースとなっています!

楽天ポイントコースは楽天ポイントが貯まる!

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードの2つあるコースで「楽天ポイントコース」を選択すると、通常の楽天カードと同じように日頃の買い物などで100円につき1ポイントを貯めることができます。

楽天市場で楽天ANAマイレージクラブカードで支払いにするだけでポイントが3倍以上になり、さらに楽天市場アプリを使うと3.5倍以上になりますよ!

また、旅行の予約が超お得な楽天トラベルでもポイント2倍です。さらに街の楽天カード優待店でもポイント1.5倍となっています。

楽天市場で買い物をすると通常は、100円につき1ポイントが付与され、1ポイントは楽天市場で1ポイント=1円として利用することができます。

楽天ポイントコースは、通常の楽天カードと同じようにポイントを貯めていくことができます。

  • 楽天市場でポイント3倍以上
  • 楽天市場アプリを使うとポイント3.5倍
  • 楽天トラベルでポイント2倍以上
  • 街の優待店でポイント1.5倍以上

※進呈するポイント(期間限定ポイントを含む)には上限や条件があります。

街で使える、貯まる楽天ポイント
画像:楽天ポイントカード(https://pointcard.rakuten.co.jp/)

楽天ポイントは、楽天市場だけではなく街中にあるお店(楽天ポイント加盟店)でも1ポイント=1円として利用することができます。

マクドナルド・ファミリーマート・吉野家・ガスト・はま寿司など数え切れないたくさんのお店で利用できますよ!

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

SPU(スーパーポイントアッププログラム)

楽天市場でポイント最大15倍
引用:楽天市場SPU(https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/)

SPUとは楽天グループのサービスを使えば使うほど楽天市場での買い物のポイント倍率が上がるプログラムです。

なんと最大15倍のポイントを獲得することができます。

SPUは良いところは、エントリー不要で全ショップ対象で楽天市場で買い物をするときに自動的にポイントが上がるシステムになっています。

SPUの対象になるのは全部で16サービス
引用:楽天市場SPU(https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/about/)
※2 2021年11月1日時点
※3 一部、ポイント付与日が翌月15日頃とは異なるサービスがあります。

SPUの対象となるのは、全部で16サービスです。

対象サービスと達成条件、ポイント倍率を一覧表でまとめました。

SPU対象サービス一覧表(2022年2月調べ)
サービス倍率達成条件ポイントの種類
楽天カード
楽天ゴールドカード
+2楽天カード(種類問わず)を利用+1:通常ポイント
+1:期間限定ポイント
楽天プレミアムカード+2楽天プレミアムカードを利用+1:通常ポイント
+1:期間限定ポイント
楽天銀行+楽天カード+1楽天銀行の口座から楽天カードの引落とし期間限定ポイント
楽天の保険+楽天カード+1楽天の保険の保険料を楽天カード払い(2022年3月31日まで)
楽天モバイル+1対象サービスを契約
楽天モバイルキャリア決済+0.5月に2,000円以上の料金の支払い
楽天ひかり+1対象サービス契約
楽天トラベル+1楽天トラベルを月1回5,000円以上の予約し対象期間の利用
楽天証券+1月1回500円以上のポイント投資(投資信託)(2022年3月31日までの達成条件)
楽天ビューテイ+0.5月1回3,000円以上の利用
楽天ウォレット+0.5暗号資産現物取引で月に合計30,000円以上購入(ポイント交換含む)
楽天市場アプリ+0.5楽天市場アプリでの買い物
楽天ブックス+0.5月1回1注文1,000円以上
楽天Kobo+0.5電子書籍を月1回1注文1,000円以上
Rakuten Pasha+0.5トクダネ当月300ポイント以上獲得&レシート審査通過10枚以上達成
Rakuten Fashionアプリ+0.5月1回以上買い物

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

2022年4月1日以降はSPU条件の変更

2022年4月1日からSPU条件が変更されます。

  • 楽天の保険:2022年4月1日からはSPU対象外へ
  • 楽天証券:最大1倍
    +0.5倍:マネーブリッジを設定と当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式)
    +0.5倍:マネーブリッジを設定と当月合計30,000円以上のポイント投資(投資信託)

楽天ポイントの種類

画像:楽天ポイント(https://point.rakuten.co.jp/)

楽天ポイントは2種類のポイントがあります。

  • 通常ポイント(有効期限1年間 更新あり)
  • 期間限定ポイント(有効期限最短1ヶ月 更新無し)

通常ポイントと期間限定ポイントです。通常ポイントは有効期限が1年間で、新しく通常ポイントを獲得すると、そこからさらに1年間有効期限が伸びる仕組みになっています。

期間限定ポイントは特定のキャンペーンなどで進呈されます。

獲得した時に有効期限が設定され、短いものだと1ヶ月しか有効期限がありません。また新たに期間限定ポイントを獲得しても、最初の期間限定ポイントの有効期限は伸びませんので、早めに使ってしまわないと失効していまいます。

複数の期間限定ポイントを保有している場合は有効期限の近いものから順に消化されます。

なお、楽天ポイントからANAマイルに交換できるのも通常ポイントのみとなります。

期間限定ポイントの確認方法

期間限定ポイントの確認方法
画像:楽天ポイント(https://point.rakuten.co.jp/)
  1. 1:期限
    ポイントの有効期限が表示されます。
  2. 2:有効期限毎の期間限定ポイント数
    利用したポイントを差し引いた、利用可能なポイントの残高です。
    有効期限が同日の期間限定ポイントが複数件ある場合、合計値が表示されます。

楽天市場をよく利用している方であれば通常ポイントを失効することは、ほとんどありませんが期間限定ポイントの有効期限は注意する必要があります。

期間限定ポイントの有効期限はキャンペーンごとに有効期限が違う上に、延長されることもないのでキャンペーンなどで期間限定ポイントを獲得している方は毎月、有効期限をチェックすることをおすすめします。

※進呈するポイント(期間限定ポイントを含む)には上限や条件があります。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

ポイントをANAマイルに交換できる!

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/rakuten-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルコースと楽天ポイントコースがあり、ANAマイルコースは自動でANAマイルを貯めていくことができます。

楽天ポイントコースは、楽天ANAマイレージクラブカードを利用しても楽天ポイントしか貯まりませんが、楽天ポイントをANAマイルに交換することができます!

しかも、交換手数料なし追加でプログラムに加入する必要なく、楽天ポイントをANAマイルに交換することができます。

交換レートは2ポイント=1マイルで交換することができ、1回につき50ポイント以上、2ポイント単位で上限が1,000ポイントまでとなっています。

つまり、1回の交換で1,000ポイント=500マイルまで交換することができます。

1ヶ月につき20,000ポイントまで交換することができ、交換できる楽天ポイントは通常ポイントのみとなっています。

24時間につき1回の交換となるため、1ヶ月上限20,000ポイントを交換しようとすると少なくても20回は交換手続きを行う必要があります。

要チェック

一度にポイントからマイルへ交換できないのはデメリットではありますが、楽天ポイントは新しいポイントが付与されると今まで貯まっていたポイントの有効期限も延びるため、3年間で失効してしまうANAマイルより有効期限にはメリットがあります。

交換する手間やANAマイルを何に使うのか、有効期限などを考えて、どちらかのコースかを選ぶと効率的にANAマイルを貯めることができます。

ポイントを楽天ANAマイレージクラブカードの利用料金の支払いに使える!

ポイントで支払いサービス

楽天ANAマイレージクラブカードの「ポイントで支払いサービス」を利用すると、楽天ANAマイレージクラブカードの月々の支払いにポイントを利用することができます。

楽天ポイント(通常ポイント)を1ポイント=1円として、月々の支払い(ショッピング利用分)に充当することができます。

貯まったポイントの使い道がないときなどに利用できますよ!

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

ANAマイルコースと楽天ポイントコースの比較表

楽天ANAマイレージクラブカードの「ANAマイルコース」を選ぶとANAマイルと楽天ポイントの両方が貯まるため、「楽天ポイントコース」と混乱して分かりづらくなってきます。

比較してみてるとスッキリ分かりやすくなりますよ!

■1,000円の買い物をした場合のマイル・ポイント付与の比較

■ANAマイルコース・楽天ポイントコース比較(1,000円の買い物をした場合)
選択コースANAマイルコース楽天ポイントコース
ANAマイル楽天ポイント楽天ポイント
楽天市場(ポイント3倍の場合)52030
楽天市場アプリ(SPU最大15倍の場合)5140150
楽天市場アプリ(ポイント3倍の場合)52535
楽天トラベル51020
街中のクレジット決済5010
楽天カードポイントプラスのお店(1.5倍の場合)5515

ANAマイルは5,000マイルから特典航空券に交換できる!

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイルを自動的に貯めていくANAマイルコースがあり、200円につき1マイルを貯めることができます。

例えば、楽天ANAマイレージクラブカードの年間クレジットカード利用金額が100万円であれば約5,000マイルを貯めることができます。

ANAマイルは5,000マイルからANA国内線特典航空券(片道)に交換することができるので、日頃の買い物でマイルを貯めて旅行に行ける最高のひとときを得ることができますよ!

ANAマイルを使う

  • ANA国内線特典航券
  • ANA国際線特典航空券
  • 提携航空会社特典航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • スターアライアンスアップグレード特典
  • ANA SKYコイン
  • ピーチポイントに交換
  • ANA国際線超過手荷物料金お支払い
画像:ANAマイレージクラブ(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/promo/wa_t/)

ANAマイルを貯めると特典航空券に交換できるので目標を決めてマイルを貯めていくの楽しみの一つですが、少ないマイルで楽しみたい方であれば、「今週のトクたびマイル」というWEB限定サービスがあり片道3,000マイルと少ないマイルで旅に出ることができます。

他にもホテル、レンタカー、グルメ、オプショナルツアー、オンラインツアー、ANAショッピングA-style、ANAセレクションなどで貯まったANAマイルを利用することができます。

ANAマイルの有効期限は3年間となっているので、旅行に行けない間は、楽天ANAマイレージクラブカードのコースを楽天ポイントコースにするなど、うまくコースを切り替えることで効率的にマイルやポイントを貯めることができますよ。

楽天ANAマイレージクラブカードだけでANAマイルを貯めて海外にいくなんて、夢のまた夢と思ってしまいますが、日本-韓国であればローシーズンであれば往復12,000マイルで行くことができます。(2022年2月調べ)

楽天ポイントを24,000ポイント貯めることができれば、韓国までの特典航空券を手にすることができますよ!

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードの電子マネー・バーコード決済

画像:楽天カード(https://www.rakuten-card.co.jp/cashless/apple-pay/)

楽天ANAマイレージクラブカードは5つのキャッシュレス決済を利用することができます。

楽天ANAマイレージクラブカードのキャッシュレス決済

  • クレジットカード
  • 楽天Edy(電子マネー)
  • 楽天ペイ(QRコード決済)
  • Apple Pay
  • Google Pay
タッチ決済の利用方法

タッチ決済機能がついている楽天ANAマイレージクラブカード(Visa・Mastercard)の場合は、タッチ決済も利用することができます。

楽天Payはポイント2重どりで還元率1.5%

画像:楽天Pay(https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/pointprogram/)

楽天ペイは専用アプリをスマホに入れて、QRコードやバーコードを利用して決済する決済方法です。

楽天ANAマイレージクラブカードを登録するとチャージする手間なく楽天ペイを利用することができます。

お店側もクレジットカード決済よりスマホ決済の導入を先行したりしているため、クレジットカードは使えないけど、楽天ペイは利用できるというお店も多くあります。

楽天ペイで楽天ANAマイレージクラブカード支払い場合は100円につき1ポイントもしくは200円につき1マイルを受けることができます。

もっと効率よくポイントを貯めるためには、楽天ペイに楽天ANAマイレージクラブカードからチャージしてチャージ残高(楽天キャッシュ)で支払いをすると最大1.5%の還元を受けることができます。(楽天ポイントの2重どり)

楽天ペイに事前にチャージすることで、使いすぎる心配もなくなる上に、楽天ポイントも貯まりやすくなるので楽天ペイで支払えるお店であれば、楽天ペイのチャージ残高(楽天キャッシュ)で支払うとお得です。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ペイのSuica

楽天ペイのSuica
引用:楽天ペイのSuica(https://pay.rakuten.co.jp/topics/suica/)

交通系電子マネーSuicaと楽天ペイが連携しました。2022年1月時点では利用できるのは「おサイフケータイ®」機能が搭載されたAndroid™端末のみ対応となっています。

楽天ペイSuicaは楽天ペイのアプリ内で利用することができ、チャージや支払いをすることができます。

楽天ペイのアプリ上でSuicaの新規発行も可能なので、すぐにSuicaを利用できます。

楽天ANAマイレージクラブカードからチャージすると楽天ポイントが0.5%還元されるのでお得ですよ!

楽天Edy

楽天Edyは200円チャージごとに1ポイント
画像:楽天Edy(https://edy.rakuten.co.jp/recommend/rakutencard_charge/)

電子マネーの楽天Edyは、事前にチャージすることで利用することができます。

楽天Edyは楽天ANAマイレージクラブカードからもチャージすることができ、200円につき1ポイントの0.5%還元、楽天Edyを使用すると200円につき1ポイントの0.5%還元となるので、楽天ANAマイレージクラブカードでチャージしていれば還元率は楽天ANAマイレージクラブカード払いと変わらず1%となります。

楽天ANAマイレージクラブカードで決済すると金額によっては暗証番号やサインが必要となりますが、楽天Edyは、すぐさま決済されるため楽天ANAマイレージクラブカードより早く決済することができます。

電子マネーの場合は、事前にチャージされていることが前提となるため、残高不足を起こす場合もありますが、楽天ANAマイレージクラブカードからオートチャージ設定することもできます。

楽天ANAマイレージクラブカードに楽天Edy機能を付けることができるため、カードを複数持つ必要がないため、お財布をスリムにすることができますよ!

Apple Pay・Google Pay

ApplePay・GooglePayに対応
画像:楽天カード(https://www.rakuten-card.co.jp/cashless/)

楽天ANAマイレージクラブカードはApple Pay・Google Payの両方とも対応しているため、お財布から楽天カードを出さなくても、スマホをかざすだけで支払いが完了します。

Apple Pay・Google Pay経由での支払いの場合は、ポイント対象外などのクレジットカードもありますが、楽天ANAマイレージクラブカードは通常通り100円につき1ポイントもしくは200円につき1ANAマイルが付与されます。

利用しているスマートフォンがiPhoneであればApple Payで、iPhone以外のAndroidであればGoogle Payを利用することができます。

Apple Pay・Google Payが利用できるのはQUICPayマークがあるところで支払い時は、「クイックペイで」と伝え、リーダーにスマートフォンをかざすだけで決済が完了します。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

楽天ANAマイレージクラブカードのキャッシング

画像:楽天カード(https://www.rakuten-card.co.jp/adjustment/cashing/)

楽天ANAマイレージクラブカードのキャッシング枠を使って現金の借入れができる機能です。コンビニや銀行ATMからの現金の引き出しや、銀行口座への送金が可能になっています。また海外でも利用することができます。

楽天ANAマイレージクラブカードの申込み時や、発行後でもキャッシング枠の設定を申込むことができます。

キャッシングを利用した際には利息がかかります。

利息は借入れ日数と利用金額によって決まります。楽天カードでは返済シミュレーションを用意していて利息の確認を行うことができます。

楽天ANAマイレージクラブカードの解約

楽天ANAマイレージクラブカードの解約は、楽天カードコンタクトセンターへの電話することで手続きを行うことができます。

■楽天カードコンタクトセンター

  • 0570-66-6910(ナビダイヤル:有料)
  • 092-474-6287(ナビダイヤルがつながらない場合)

解約前にANAマイル口座の統合を忘れずに!

楽天ANAマイレージクラブカードは、ANAマイレージクラブ一体型となります。

楽天ANAマイレージクラブカードを解約すると同時に、ANAマイレージクラブお客様番号も自動的に無効になるため、紐づくマイルも無効となってしまいます。

そのため、楽天ANAマイレージクラブカードを解約手続きを行う前に、新たにANAマイレージクラブカードを発行し、マイル口座統合を行うようにしてください。

手続きを忘れて解約してしまうとせっかく貯まったマイルが向こうになってしまいます。

楽天ANAマイレージクラブカードのメリットまとめ

画像:楽天ANAマイレージクラブカード(https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-amc-card/)

楽天ANAマイレージクラブカードは初年度年会費無料で次年度以降の年会費550円(税込)ですが、年1回でも利用すると年会費無料なので、実質年会費無料のクレジットカードです。

楽天ANAマイレージクラブカード1枚に、ANAマイレージクラブ、楽天ポイントカード、電子マネーEdy、楽天カードの4役を集約した1枚ととなっています。

通常の楽天ポイントでもANAマイルに交換することも可能ですが、楽天ANAマイレージクラブカードの「ANAマイルコース」を選択することでマイル移行手続きをせずに自動的にマイルを貯めることができます!

しかも、通常であれば交換上限などがあるため制限がありますが、「ANAマイルコース」は上限がないため楽天ANAマイレージクラブカードを利用すればするほどマイルを貯めることができます。

楽天市場や街中で楽天ポイントカード提示で貯まるお店であれば、「ANAマイルコース」でも楽天ポイントもしっかり貯めることができます。

旅行に行かない・行けない時は、「楽天ポイントコース」に変更することでクレジット払い分もすべて楽天ポイントとして貯めることができます!

海外旅行傷害保険も最高2,000万円の補償もあるため、海外旅行に行くときのクレジットカードとしても魅力的な1枚となります。

\新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント/

楽天ANAマイレージクラブカード詳細(公式)

-クレジットカード